2014/2

私が高校の時に出会った同級生の話62





卒業の日ももう近いっていうのに、




相変わらずうちらは遅刻しそうになるギリギリのタイミングで登校してた 





 「やばい!!あと1分!!えとーさん急いで!!ダッシュダッシュ!!あっちからはいろ!!」  





こういう日はクソ真面目に正門からつっこむと





正門に毎日たっている先生に風紀チェックで捕まっちゃって




怒られてる間に遅刻決定になるから





  うちらは正門にいかず、ぐるんと校庭までまわって、




道路沿いの塀をよじ登って学校の中にはいってた。 




 三年生の知恵である。





 「はい、かばん、投げるよ!」

 「うん!かもーーーん!!」 





私が先に塀を乗り越えて、蓮が投げたかばんをキャッチ



その後蓮が塀をよじのぼる。   




いえーい!楽勝~とかいいながら二人で爆笑してた。  





すっごく楽しくって、それと同時にもうすぐ離れ離れになってしまうことが頭の片隅にずっとあって、




寂しかった。 




きっと蓮も同じ気持ちだったと思う



口には出さなかったけど。




0 Comments >

10 Like

私が高校の時に出会った同級生の話61

 



想い出の羅列。  





  あとはほとんど放課後にカラオケ、たまに授業さぼってカラオケ、家抜け出してカラオケ。。笑 





 まあもう、本当に、とにかく精一杯に楽しんでた、うちら。 


でも蓮がいたから、本当に刺激的で楽しい高校生活だった。


 きっと蓮がいなかったら、今の私はいなかったと思う。


  そして、受験が終わり、私は東京の大学へ。





蓮とシホは地元の大学へ進学することになった。  




 もう高校生活も、あとわずか。 

 

0 Comments >

9 Like

私が高校の時に出会った同級生の話60




そしてついに受験が近づいてきた冬の夜




これはシホの話。



 

シホが一人で部屋で試験勉強してた時





よっしゃ!朝までがんばるぞ!のつもりだったけど




何かとすぐ眠たくなっちゃうシホちゃんは


 


睡魔に負けてそのままうとうとしてしまったらしく

 



もう寝落ちする寸前、、、  と、そのとき!笑




突然部屋の窓がガラっと開いて





!!パーーーーーン!!





「いえーーーーーい!!シホーー!がんばってるかーー!」






なんと窓から蓮がクラッカー鳴らしながら飛び込んできたらしい笑





 

「多分そん時さー、勉強がんばろうってことで寝ないようにお互いでメールしあってたんだけど



 

私のメールが途切れて私が寝たのがわかったから起こしにきたんだと思う 




あいつまじふざけてるよ笑」




 

 

とシホが苦笑いしながら教えてくれた。




蓮はたまにトリッキーだったけど、



みんなを笑顔にしてくれた


 



0 Comments >

13 Like

私が高校の時に出会った同級生の話59




秋になるとうちの地元は台風のシーズンだった。




めちゃくちゃ大型の台風がきたことがあって、学校が休校になった日があった。

 



 

「よお~しそんな時こそ家で受験勉強だ!!あと歌も沢山歌うぞ!!!」って気合いれてたのに 

 



携帯が鳴った



蓮だ





「おーーーい!えとーさん!台風だよ!!しかも大型!あーーーそぼ!!」

 

 



はあ??




なにこいつ笑



好きだ。笑






もう爆笑しながら台風の日に二人で外に飛び出したこともあった

 

 


当たり前だけどすっごく風強くて二人で大はしゃぎ

 


うちの庭の倒れた木とかを見て、大騒ぎ。




傘なんてすぐぶっこわれるから、いらない



服だってびしょぬれになっても死ぬわけじゃない!

 


とにかく、風の強さに二人で感動したし笑った。



こわいもんなし!!


 

まあ体力つきて30分くらいですぐ退散したけど笑



今思えば危ないことしてたな




 よいこのみんなは真似したらいけません笑



うちらは悪い子だったなあ






つづく


0 Comments >

8 Like

私が高校の時に出会った同級生の話58


その部屋は「秘密基地」って言う名前をつけた

 




小学生の男の子じゃあるまいし。笑


 


 

そんな秘密基地に



ある日こっそり蓮が吉野先輩と私の彼氏をサプライズで連れてきたことがあった。

 

 

 

相変わらず彼氏は大学とバイトが忙しくてなかなか会えなくて寂しくしてた時だったから

 

 

びっくりして嬉しくてすっごく喜んだんだ。

 

 

 

反面、親に見つかるんじゃないかマジでハラハラしてたけど。笑

 

 

 

その時はちょうど私と蓮の誕生日で

 

 

 

彼氏がサプライズで、じゃーん、といってシャネルの香水をプレゼントしてくれた

 


 

シャネルとか大人っぽすぎで絶対縁ないとか思ってたから本当に嬉しかった。



 

蓮も吉野先輩もうれしそうに小さく拍手してくれた。

 


 

その後四人で小さな誕生日会をした。

 



そんでもって親にばれる前にそそくさと帰っていただいた。笑

 



ここからはちょっと想い出が多くなる。 



途切れ途切れだ。



記憶ってどうしてこんなに、もろいんだろう。





つづく


 

 

0 Comments >

6 Like

Scroll
to Top