2016/12

街と趣味

久しぶりに会った友人とご飯を食べながら話をしたんだけど「仙台って実家があるから帰ってくるけど、文化的な魅力がなさすぎてもう住めない。おばあちゃんち(青森)のほうがまだ愛着ある」って言ってて、あー私と同じだなと思いながら聞いてたんだけど、ふと「仙台って世界堂あるの?」って聞かれて、ないよ、仙台駅近くにちょっと大きめの画材屋さん一軒あるけど、もっと本格的なとことなると遠いんだよ、って答えたら「私たちがもっと若かった時って映画館すらなかったよね」って話になって、彼女は「仙台で働くことになっても、休みの日にあれしようこれしようって思わなくなるだろうな」と言った。
美術館が少ないとか演劇やコンサートが開かれないとか、文化的な魅力がないのは前から気づいてたけど、今日はなんで私の友達に「仙台が好き、住みたい」って言う子がいないのかよくわかった。
私の友達は趣味に生きてる子が多い。みんな楽しいことや知らないことが好き。お芝居を見たりギャラリーに行ったり、世界堂に行ったり工作の道具を買いに行ったりするのが好き。だから一度東京に行くと帰ってこなくなる。

趣味が多いと仙台にいるのがしんどい。仙台が住みやすいって言う人は、なんでしんどくないんだろうって長らく不思議だったんだけど、温泉旅行とか、ドライブとか、DVD鑑賞とか、買い物するのが趣味、って言い切れるならそりゃ住みやすいだろうな。休みの日にやりたいことがやれるもの。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top