2017/1

マリーアントワネット展



全部面白かった〜!写真撮れるスペースあるのも嬉しい。
フランス革命の知識って97%くらいベルばらなんだけど、首飾り事件のコーナーとかもあったので満足です。ドレスはあんまりなかったけど、織物とかタペストリーみたいなのがすごく見応えがあってテンション上がった。

0 Comments >

1 Like

トンダカラ

自由席なのに遅く行ったのでまた1番後ろの席。それでもかつてない近さで、近視と乱視で生活にめっっっちゃ支障をきたしている私でも役者さんの顔がめっちゃよく見えた。わーこれは嬉しい!ペダステだったらこの距離9800円だからな!!!!!

表情が見えると顔の演技もよく見えるよ〜…今まで(やっべぇ近いな〜〜!!!って思った赫い月でさえ)かなり想像で観てたからほんとに嬉しい。
後からじわじわ楽しむ仕掛けの多い演出も好きだけど、二人劇もシンプルでわかりやすいし、好きな役者さんだと特に、じっくり演技に浸れて気持ちいいな。帰ってからもずっと余韻を楽しむってよりは、結構さっぱりと観れる作品だった気がする。

っていうか泣くやつだと思ってなくて、なんか勝手に笑かすやつだと思っていて、ストーリーよりどっちかっていうと役者さんたちの優しい雰囲気にやられて最後滝のように泣いたんだけど、もう頭痛てぇの…鼻水もとまんねぇの…。

鯨さんのお芝居を観たくて行ったのでね、次回もありますようにってお賽銭の意味をこめて物販行ったんだけど、せっかく手渡してもらったのになんかあんまり顔覚えてないしどっちかっつーとがっつり目が合ったなって感じがしたのは原田さんだったよ。お疲れ様でした的な気の利いた一言も思い浮かばなくてとりあえず接客スマイルしておいたけど、身体は泣き疲れてフラフラだったからやり直したいよ。

小劇場慣れしてないんだけど、前座も主演の2人だったのね。つーか前座もあったのね。あーもうちょっと早く行けばよかった。いらっしゃいませって出迎えられて、わーって思ったのになぜか謎の見栄を張りたくなって、そこも接客スマイルでスルーしてしまった。自分の高校の文化祭かよ。

0 Comments >

0 Like

赫い月

ひたすらご飯を食べに行ってときどき舞台を観るバカンスが始まりました。

赫い月、ストーリー解説も曖昧だし観た人の感想もないし、秋元くんが主演てこと以外まったく未知のまっさらな状態で観たけど、余韻が残る良い舞台だった。記憶の曖昧さとか妄想とかが入り混じった夢のような世界がすごく好み…っていうとネタバレになるけど。でもどこまでほんとだったのかと思うとなんかちょっと怖かったな。主人公が白髪なのもね。それもいいんだけど。

ただ全員軍服で前髪上げてたアンド目が悪いもので、誰が誰だかいまいちよくわからない感じでふわふわ観てしまった…山本ゆ〜へ〜くんがちょっと偉いのだというのだけはわかったぞ。

座高円寺、思ってたより立派な劇場でびっくりした。お尻痛くなったけど、後ろの端っこからでもステージに近くて観やすいから、こんどもしまたここで観る機会があったらラッキーって感じだ。

0 Comments >

1 Like

今年もちゃんと初詣


昼寝から起きたらポケごがしたくなって、5時くらいにひとりで大崎八幡神社に行った。(往復で8キロくらいだった)
夕方だしもしかしてもうおみくじとか引けない感じかと思ってたら全然売店も屋台もやってるし人多いし車も入りきれてなかったしお祭りだった。おみくじ大吉だったのではしゃいで帰ってきたんだけど、なんかこう、運試しみたいなのでこんなに嬉しかったの久しぶりどころか初めてかもしれない。卑屈気味だった感性がちょっとは素直になってきててよかった。

あと2倍速だけど久しぶりにLOTRを観た。内容が面白いのはもちろんずっと知ってることだけど、未だに映像とかクリーチャーが美しくて技術力にびっくりする。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top