イタリア旅行記 機内編

メインは機内で観た映画たちについて。
機内食についても載せたかったのですが、写真を撮り忘れたために断念。
総じて甘いものや炭水化物がかなり多かった、ということは記憶しています。
温かい紅茶やコーヒーは面倒らしく、若干嫌な顔をされる。パイナップルジュースやらアップルジュースやらを飲んでいるのが無難と思われました。トマトジュースはめちゃくちゃしょっぱかったのでもうたくさんと思った。
成田ドーハ間は、小腹が空いたときに、申し出ればサンドイッチやらフィナンシェやらパウンドケーキやらカップ麺やらをくれる。結構よかった。

食事が一番よかったのは帰りのローマ、ドーハ間。カプレーゼでチーズ欲も満たされ、甘味にはドイツのおみやげである一粒1ユーロのチョコレートもついていた。やはりおいしい。

では、映画です。
まず観ている途中で眠すぎて断念したものとしては、ウェストサイド物語があります。字幕なしで、時折音声が日本語でなくなったりしたという様々な要因もあり、観てて疲れてしまい、寝た。ラストシーンだけはばっちり見てしまったため、もう一度観なおそうという気にもなれなかった。
Beijing Love Storyはほぼ全部観たと思う。最後の最後に寝た。中国語音声に、中国語字幕と英語字幕の二本立て。これだけ字幕に支えられれば、さすがにわかる。

しっかり観たものとしては
小さいおうち

黒木華はあまり好みの顔ではなかったが、とにかく演技がうまかった。こないだ何かの賞もとっていたし。話の面白さより、各人の演技のうまさに見入ってしまった。吉岡さんにしても、松たか子にしても。妻夫木くんはやはり何をしても良い。先日観た『渇き』の役だけは、少し見ていて耐えられないところはあったかも。
慕っている人の恋路の邪魔をしてしまったことを、老いてからも気にし続け、泣いてしまうような健気さを私は持ち合わせていないなあと思った。
優しい人は優しいなりに大変だ。

ニシノユキヒコの恋と冒険

私はこの作品の主人公ほどモテたことは人生において一度もないけれど、恋を同時進行にしたり、気に入ってる相手でありさえすれば誰に誘われても断れなかったり、その一方で誰といても満たされなかったり、というのは心底共感できた。誰といても寂しい。
ニシノユキヒコはみんなから恋されて、自然とその欲求に応えてしまうのだけれど、ついぞ真実の愛を見つけることはできなかった。温度の低い恋愛映画で、観ていて疲れない。誰とでも恋できるのに、完璧なまでに応えてしまうから、いずれは必要でなくなってしまう。誰も愛さないし愛されない。残酷な話だった。
女同士がぶつかり合うシーンの本田翼ちゃんが最高だった。成海璃子と木村文乃のレズカップルというのも、なかなかの豪華っぷり。中村ゆりかさんが美しかった。


ティファニーで朝食を

言わずと知れた名作ですが、観るのは初めてだった。オードリー・ヘプバーンがとにかく美しかった。玉の輿を狙ってた主人公が、本当に大切な人は誰かを理解するまでの成長物語。
大切な人を亡くして荒れ狂うオードリーの演技がよかった。部屋のものとか投げて壊してしまうところ。
挿入歌であるムーンリバーがめちゃくちゃよかったです。歌詞は、いろいろな訳し方ができそうだったので、深読みしないことにしておく。
英語音声に字幕なしだったので、少し疲れた。



ノッティングヒルの恋人

観てみたいなあと長年思ってはいたけれど、まさかこのような形で観るとは思わなかった。これも英語音声に字幕なしで観た。
ヒュー・グラントがめちゃくちゃよくて、優柔不断だけど正直でいいやつなかんじ、彼にしかできない役だぞこれはと私は思ってなかなか興奮していたのだけれど、同行の者にそれを伝えたところ彼女はヒュー・グラントを知らないらしかった。

最後にみんなで車でぶっ飛ばすシーンが最高に楽しかった。スキャンダルをリークしちゃったり、引っ掻き回す役だった同居人が、最後の最後にいい役だったのがとても良かった。プロポーズシーンも観客の期待に応える感じで、まさにハッピーエンドといったような。
古本屋の店主って憧れるなあ。しかも旅行の本なの。囲まれてるだけでとても幸せそう、、

今回ちゃんと観たのはこの4本でした。
では。

20140913

0 Comments >

Scroll
to Top