ガープとドラゴンに血縁関係はない!?



11巻で、ルフィに初めて懸賞金がかけられたとき、
村長さんとマキノさんのやり取り。

「海賊は海賊じゃ!!」

「でもあの子の夢だもの…心配?」

「…夢か 運命か…」

フーシャ村はお祭り騒ぎでしたが、村長さんだけは不機嫌で怒っていました。
マキノさんが海賊はルフィの「夢」と村長を鎮めると、村長は「…夢か」と神妙な面持ち。

ここが最大の謎です。

海賊になるのが「運命」とはどう言うことなのでしょう?
後に村長は、
「親子三代どうかしとるわい…」
と言ってましたので、ルフィの家系は知っている。

ルフィの祖父ガープに怒って言い放った台詞なわけですが。
ルフィの祖父はガープです。
そして父親は

ドラゴン。

確かに親子三代どうかしてますが、
「海賊になるのが運命か」
などとつぶやいてる村長もどうかしています。
なぜ海賊になることがルフィの運命なのか?
そもそも、村長は過去に父親のドラゴンについては何も触れた事がありません。しかし、ドラゴンは60巻で、ルフィの故郷フーシャ村のゴア王国出身である事は明言しています。

サボ「おれは貴族に生まれて恥ずかしい」

ドラゴン「わかるとも、おれもこの国に生まれた」

このやり取りだと、まるでドラゴンもゴア王国の貴族だったかのような感じがしませんか?
さらにルフィが「エニエス・ロビー」を落としたときの村長の台詞は

「全世界を敵に回す様な凶悪犯が村から出たんじゃぞ」
とフーシャ村の恥だとぶち切れでした。

全世界を敵に回す様な凶悪犯が村から出た?? 

では、ルフィよりも前に、全世界を相手にクーデター起こして、何国も落している世界最悪の犯罪者ドラゴンの存在はどうなるのでしょうか?

ここは重要かもしれません。
フーシャ村の村長の発言は、どう考えてもドラゴンの存在を無視してます。
どう見てもドラゴンのほうが凶悪犯です。
つまり、ドラゴンはフーシャ村出身ではない。
そうなると、ガープの子供とは、「娘」
つまり「ルフィの母親」ではないかという考察結果になってしまうのです。
大食らいで鼻くそをほじり、どこでも寝てしまうガープとルフィは本当にソックリですが、ドラゴンは鼻くそどころか、むしろ血のかよわない「冷徹で堅実な人物」という印象です。
さらに村長の「運命か」
という発言からルフィの母親は海賊なのかもしれません。母親は物語で全く語られていませんが、どんな人物だったのか気になって仕方ないですね。
ただ、この考察が正しいとするならば、
ドラゴンは「モンキー一家」に婿養子として入ったということになりますが…。


真相は??










友達申請&更新通知
ありがとうございます

Yondaなかなか返しに行けなくてすみません




なかなか為になったぞ!という場合には
  
『ポチっと』ブログの応援をいただけると嬉しいです(笑)

8 Comments >

Scroll
to Top