下半身太りについて

上半身は細いのに、なぜか下半身が太いと悩んでいる人も少なくありません。


今回はそんな下半身太りを検証してみたいと思います。


そもそも、下半身が太ってしまう原因とは何でしょう?


主な原因は

■むくみ

■O脚

■冷え

などです。


とくに女性は冷えにより水分代謝が悪い場合が多く、静脈やリンパの流れが悪くなって水分が下へ溜まってしまうんですね。


そのせいで老廃物が排出されにくくなり、余分な水分によってさらに組織が冷え、脂肪が固まってセルライトになるわけです。


これを防ぐには下半身の筋肉を強化する必要があります。


特にふくらはぎの筋肉は静脈やリンパ液を心臓に押し戻すポンプの役割を果たしていますから、衰えると むくみはひどくなる一方。


ふくらはぎを鍛えるエクササイズとしては、脚を伸ばして座り 足首を曲げ伸ばしするなどのストレッチやスクワットが有効です。


また、かかとをつけずに爪先で階段を上がるとか、姿勢を正して一本の線の上を踏むような感じで かかとから着地するような歩き方もマル。


入浴では湯船に浸かるのと、冷水のシャワーを浴びるのを交互に数回繰り返すと筋肉や血管が収縮して血液やリンパの流れがよくなるので、引き締めが期待できます☆


また、O脚の人の場合、骨が曲がってしまっているため、一部の血管や組織が骨により圧迫されて血液や体液の流れが悪くなっています。


加えて骨盤が開いていたり歪んでいる場合が多く、バランスをとるために腰回りや太ももの外側に脂肪がつきやすいのです。


O脚の人は血流が悪く、日頃から筋肉にも無理をさせてしまっているので、改善するには十分なマッサージが有効です。


特に膝の後ろ側の筋肉が固くなりやすいので、あまり力を入れずにもみほぐしてやると効果的。


膝の後ろ側が終わったら、膝頭の周りも親指を使って指圧してみて☆


もちろんO脚改善のためのストレッチやエクササイズなどを行うと尚いいでしょう。


日頃から脚を組んだり、正座をくずしたぺたんこ座りをしたり、片足だけに体重をかけるような立ち方など、歪みにつながるような姿勢をしないよう気をつけることも大切です。


下半身太りで悩んでる方は 参考にしてみて下さいね(^_^)

1 Like

Scroll
to Top