チョコで『ヤセ脳』を作る

『寂しい女はチョコを欲しがる』と言ったらあなたは信じますか?


実はチョコレートの中には愛情に満たされた時に分泌される“脳内ホルモン”と似た成分が含まれているのです。


さらにチョコレートには習慣性があり、愛情不足の人はそれを埋めるために無意識にチョコを食べる傾向があるんですって。


ストレスに晒されると脳はそれに対抗しようとして様々なホルモンを分泌します。


このホルモンが代謝を下げたり、脂肪を蓄える、食欲を増進させるなどの原因となって太りやすくなってしまうのです。


ストレスはダイエットの大敵(>_<)


でも、簡単に環境を変えたり、人間関係を変えたりするわけにはいかないので、せめて食べる事でストレスをためないように心がけたいですね(^-^)


そこでチョコレート。


『太りやすくなりがちな脳を癒す』という意味では効果があります。


ストレスが多くて 食べる事にベクトルが向いてしまう。


あるいは甘いものに依存してしまって痩せられないなどの人にはぴったり☆(チョコにはストレスからくる過食やイライラを鎮めてくれる効果があるため)


ただし、チョコの選び方には気を付けましょう。


市販されている普通の板チョコや生チョコには『植物油脂』という良くない油や砂糖がたっぷり。


こういったものはダイエットに向かないばかりか、お肌にもよくありません。


効果のあるチョコとは、カカオが70%以上のピュアなもの。


チョコレートが大好きでダイエットがしたい人はぜひチャレンジしてみて下さい(^-^)

2 Like

Scroll
to Top