出産ストーリー (1)


妊娠6ヶ月ぐらいからお腹も頻繁に張りはじめて
9月後半ゆかりのある数字が多すぎて
絶対に9月生まれだと確信。
みんなからも9月生まれだと言われ続け、
紛らわしい前駆陣痛もずっと続き、しんどいのと闘い続け
いつの間にか9月終わってた。  あれ?
10月もどんどん日が過ぎてゆく〜😒 あれれ?
こんなハズじゃなかったのに!

第六感だって5回以上働いたけど当てにならんくて
もう自分の第六感信じるのやめた😒
その末やっと予定日当日におしるしとそれらしきものが!!


朝から痛くて痛くて、夕方になったら6分間隔に
なっとったんだけど痛みが変わらず😂
でももう夜中か明け方には産まれるかなと確信。←

いつものように汐里と子どもたちとみんなで
お風呂入り、ご飯もみんなで食べて、寝かしつけ!

そしたらさ〜、まさかのさ〜、
な、なんと!  間隔が遠ざかる〜😂😂😂
さらにさらに!不定期になる〜
うそだろーーー!!😭

でもな、痛みは増してきとんねん。
え、なんでや、どうゆうことや?笑

とりあえず夜中いつでも病院行けるように
子どもたちはお兄ちゃんと寝かせたので
汐里はわたしの部屋でご就寝。

んなら、まさかの2人とも寝れず😅
いや、わたしは痛みがあるけぇ寝れんのは分かる。
汐里まで寝れんってどうゆうこと?笑

既にケータイつつくのしんどいレベルだったけ汐里に
(張り)くるくるくる〜、きた〜(陣痛アプリスタート)
はい、OK〜(陣痛アプリ ストップ)
って任せる始末、そして付き合ってくれる奴。笑

夜中ずっと不定期で病院に連絡するべきか分からず💦
湊都ん時みたいに何回も帰されるの嫌だったしで
確信もってからじゃないと嫌だった(笑)
ただ既にこの時点で張りの痛さよりお尻から
出る感覚のが勝ってたし陣痛確実。笑

んで、とうとう明け方6時前!
両親が起きとったけぇうめきながら相談!
6時頃やっと産婦人科に連絡。
ある程度昨日からの症状を説明してから
「あ、それと既にもうお尻の方に違和感が、、」
「えっ?そりゃ大変。急いで来てください」

急いで来てとは言われたけど、
ちゃっかり朝ごはん食べて湊都のお出かけ準備して
1時間半後の7時半頃やっと産婦人科到着(´^∀^`)


0 Comments >

6 Like

Scroll
to Top