柔軟剤は廃止した方がいいですよ。






【柔軟剤の不使用の推進】

そもそも、
柔軟剤でタオル等柔らかくなることはない。
これは、有名タオルメーカーも言ってきますが、
そもそも、タオルがゴワゴワになってしまうのは、
"洗剤"の方に問題があります。

洗剤に使われている界面活性剤が問題なのです。

つまり、ふわふわになるという意味での使用は
意味がないということです。

しかし、問題はそれではないのです…。

問題は、"香り"です。

「柔軟剤の匂いの持続性」を高めるために、徐放剤として、柔軟剤の香料成分を「イソシアネート」原料のマイクロカプセル(ポリウレタンカプセル)に包摂しています。


そのイソシアネートには「発ガン性」があるのです。

(その他の症状には、胃もたれ、吐き気、嘔吐、頭痛やめまい、肩こりや筋肉痛、目・皮膚の不調や炎症、アトピー、アレルギー、動悸、息切れ、息苦しさ、呼吸器系の疾患、血液や心臓機能の異常、思考力の低下、記憶力の低下、倦怠感、イライラ、精神不安定、免疫力の低下にともなう様々な疾患があります)


つまり、柔軟剤を使っている人は「香りで自分らしさを主張♪」をすることで、同時に、まったく関係のない赤の他人の身体に「ガン発生」という重大なリスクを負わせているということです。


実際に、人が放つに香りがに不快になったことはありませんか?

柔軟剤はその香りの成分自体が発ガン性物質なので、

例え自分の好きな香りだとしても、ただの毒物です。

子どもが着る服に柔軟剤使う人は頭おかしいです。

子ども癌にしたいんだな。って思います。



また、2018年3月8日の朝日新聞の記事では、

https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13392161.html?iref=line



柔軟剤から放散されるイソシアネート等の有害化学物質は、自動車等から出る排出ガスよりもはるかに長時間空気中に残存することが実験で確認されています。


排ガス規制以上に強い規制が必要なのです。


https://gamp.ameblo.jp/raghuvira-suyi/entry-12379747448.html?__twitter_impression=true

こちらにも記載していますが、


基準値を超える排ガスや、工業系企業よりも家の中の方が汚染されていることが証明されています。


今や家の中は空気が汚染されているのです。


まあ、そんなものが

"当たり前"に、"安く"、芸能人が"良いもののように宣伝"

しているので、疑問に思う人は少ないですが、

だからこそ、危険です。


これだけ、情報が溢れている情報社会なのに、

「自分が使用しているものに関して調べようとしない」

この現状は非常に危険です。


ちなみに、【ベビー用】だから、大丈夫と思っている人がいます。


無添加と書かれているベビー用のものも、

本当にそうか、調べてみれば分かります。

https://ameblo.jp/rik01194/entry-12428441846.html


《さらさ》などですね。


実際に「無添加」なのは漂白剤・着色剤・蛍光剤の3つだけで、実は結構色々入っています。

中には普通の洗濯洗剤と大差無いものもあります。


無添加さらさは、添加さらさということです。


企業は大手になればなるほど、

"利益"を重視し環境や健康を度外視します。


さらに、そんな無添加のベビー用でも

上記に記載したような"香料"が使用しているので、

赤ちゃんには不向きです。









#自然派 #オーガニック #柔軟剤 #香害 #化学物質過敏症 #CS

4 Comments >

3 Like

Scroll
to Top