加熱式たばこ(電子たばこ)の真実






日本で主流になっている
"加熱式たばこ"
(電子タバコ)

今回はそれについて
大多数の人が知らない真実を
記載します( ̄・ω・ ̄)
私は喫煙者ではありませんが、
身の回りに喫煙者はいます。

現在では、
受動喫煙の防止や、分煙化の推進などで
"加熱式たばこ"
が主流となってきています。

その代表は、《iQOS》ですが、
米国では販売されていないことはご存知でしょうか?

販売しているフィリップモルス社は、
「通常のたばこより安全だ」
と主張していますが、

米国のFDA(食品医療局)は、
2018年1月25日に
「紙巻たばこより害が少ないというエビデンスは不十分。
紙巻たばこより害が少ないと宣伝することは禁止すべきだ」
と結論付け、
販売の許可はしなかった。

加熱式たばこから出る有害物質の確認では、
煙が出なくても受動喫煙と変わらない同様の物質が排出されていることが証明された。

ただ、それだけなら
《販売しても良いのでは?》
と思うのだが、

紙巻たばこにはない
別の有害物質が生まれていることが分かった。

それが人体に及ぼす危険性があるので、
FDAは販売を許可していない。

実際iQOS使用者の近くにいったことがありますか?
なんか、あれはあれで別の変なにおいしませんか?

それは、そういうことなんだと思います。

"周りが使っているから"
"芸能人が使っているから"
"周りに迷惑がかからないから"
"興味本位"

疑問に思わない国民性が
加熱式たばこの実験台にされているのです。

実際加熱式たばこの約9割は日本がシェアを誇っています。

また、一部の国では、
《持ち込み禁止》
です。
没収、罰金対処です。

タイ、シンガポール、台湾、中国 などです。
タイでは最大10年間の懲役刑ですからね。

それくらいのものってことです。

たばこ自体良くないと思いますが、
通常のたばこより電子たばこの方が悪いという認識は
身の回りの家族や友人のために
教えてあげてほしいと思います✨

因みに、ここでいう加熱式たばこ(電子タバコ)は
iQOSだけでなく、全てを指します✨






#mama #CS #iQOS #加熱式たばこ #電子たばこ #たばこ

0 Comments >

2 Like

Scroll
to Top