私が高校の時に出会った同級生の話91








 そして気づけばデビューの話がきていた。

       







デビューの話が来ていた時、名前をどうするかって話になって

 









  私は最初いまいち思いつかなくて、変な名前ばっかり思いついていた

  










 センスないなーなんか自分で無理やりどうこう決めるより、自然の流れにまかせてみようって思った。

  









 そしたらプロデューサー側で「butterfly」はどうだろうっていう提案がきた。

  








 私はなんとなく「いいじゃん」って感じでピンときたのを覚えてる。

 








  蝶々は小さなころから大好きだし、私の愛の象徴だった。

  








だからこの名前がきたときすごくうれしかった。










  そしてただふつうの「butterfly」だとなんだかつまらないから

  







  頭の文字のBを 8 にしよう!という提案も別のプロデューサーからきた

  








それも私はとてもいいと思った。








  
それも、理由もなくピンときた。

 







 でも私はいつもこの直感を超超超大事にしてる。 

0 Comments >

11 Like

Scroll
to Top