私が高校の時に出会った同級生の話96




アイツのママにも、ちゃんと確認をとった。





 
 
そしたらママはすっごく喜んでくれた。







えとーさんが歌ってくれるなんて、あの子は喜ぶよって。






 
 
そしてそれから、私なりにこの歌をリリースすることの意味、そしてプロデューサーとLowくんともいろいろ話して







そしてある時「この音楽が証になる」ということに気付いた。
 


 





「この歌そのものが生きていた証、愛し愛された証。この歌を聴いてくれた人が全員、その証明になる」
 







そして「100年の恋...付き合ってた証 ft Mr.Low-D」を書き上げた。









このとき、本当の本当にリアルなことをぶつけたときに、自分の中で音楽に対する何かが変わった気がする。

 







0 Comments >

11 Like

Scroll
to Top