私が高校の時に出会った同級生の話99





誰かを救おうなんて、そんな大それたことは言えないし


 


 




誰かを変えてやろうとかも、全然思ってないけど

 

 

 





でもこうやって縁が不思議とつながっていって、少しでも、ほんのちょっとでも誰かの心が軽くなるなら。








それは素敵なことじゃないかな。

 


 

 




私が曲をかくことで、私が歌を歌うことで、少しでも誰かの人生に触れることができるのなら。









それは本当に素敵で愛しくて、涙が出る。

 

 

 






かつて私がアイツの生き方に憧れたように、私の生き方が少しでも誰かの希望になるなら。




 



 

なんだかこんな私でも生きていける気がする。


 




 

うん。

 

 






こうやってきっと私はずっとずっと、「蓮」と







 

ううん、「未央」と一緒に歌を歌っていくんだろう。

 






未央と一緒に生きていくんだ。

 

 

 


 


未央。

 

 




 

未央に、私がステージで歌ってるところを見せることは出来なかったけど

 

 






未央に、デビューしたこととか、私のCDとか、music video とかも見せられなかったけど

 

 





 

未央の結婚式でブーケを私がキャッチするなんてことももう、どうやったって叶わないし

 

 


 

 


またシホと三人で集まって悪ふざけしたり、エリカとサチコと仲原と五人でカラオケもいけない。

 

 

 




なんってたってきっとこれから待ってるもっともっと大きな舞台を未央に見せることはできないけれど

 

 


 


でもそのかわりに。

 

 


 


未央がつなげてくれた、今いる大好きなみーんなと、

 

 


 


まだ知らない、大きな世界を見ることができるんだよね。






未央が見れなかった今を、みーんなが見てくれている。





それにきっと未央もどこかで見てくれている。






未央が教えてくれた、絶大な宝物だ。







0 Comments >

12 Like

Scroll
to Top