オールドスークからゴールドスークへ〜ドバイ・モルディブ新婚旅行記17〜


バスタキヤ地区から少し歩くと、オールドスークが出てきます。スークとは市場のことで、ここはテキスタイルスークとも呼ばれ、布製品の市場。といっても本当にここで現地の人お買い物するの?と思うほど客引きの嵐。アジア系に対して客引きが多いのかもしれないけど。
2軒に1軒は声かけてくるくらいだからアーケードを抜けるだけで疲れる笑
「パシュミナー、カワイイ」
「チャイニーズ?ジャパニーズ?」
「コンニチハ!カワイイね!ナンデヤネン」
「100ディルハム、カワイイ、クツ!」
などなど、ずーっと喋りかけられるし無理やりパシュミナは巻かれるし、それを「No!No!」と言いながらくぐり抜ける。
こんなカラフルで可愛い靴もあったけど、もう足を留めたら最後…と思ってさらっと眺めてすり抜ける。
ランプも可愛いけど、並んでるから可愛いのであって1つ買って帰ってもインテリアと絶対合わないんだよね。なのでこちらも眺めるだけ。

頑張ってオールドスークを抜けると、川の対岸にあるゴールドスーク、スパイススークへの渡し舟アブラに乗ることが出来ます。
ツアーバスがついた直後だったみたいで大行列!だったけど、船はたくさん出ているのでそんなに待たずに乗れました。
チケット買うようなボックスがあるけど、この渡し舟アブラは乗ってから払うスタイルです。
1ディルハムか2ディルハムかくらい。1ディルハム30円だからめちゃくちゃ安い!
舟に乗らないとすごく遠回りして橋を渡らないといけないから、ローカルの人も使う舟なんだとか!
「沈みそうな舟に乗ったらスークに行けるよ」と友達から教えてもらってたからどんだけ怖いやつ!?と思ってたけど、割としっかりしてた笑
舟に乗ってお金渡すシステムといえど、渡しどころがわからなくて行きも帰りも「マネーマネー!」って船頭さんに叫ばれちゃった。
こっちは乗る前から小銭握りしめて準備してたっていうのに!
対岸までなのでほんの数分。
降りるとすぐにスパイススークがあり、奥にゴールドスークが続きます。
スパイススークは混沌としていてスルーしちゃったのでゴールドスークから。
とりあえず、金!金!金!
旦那さんがお誕生日記念の指輪をプレゼントしてくれるって言っていて、「ゴールドスークで買う〜!?」なんて言っていたのだけれど…なんていうのかな、もうちょっと風情あるスークだったらなーという感じ。

アラビック文字で自分のイニシャルをネックレスやリングにできるお店もあるらしくて、それでもいいかな〜?と思ってたんだけどなんせ「Yu」なんもんでさ…「يو 」短か!笑
ゴールドスークの客引きはちょっと変わって
「チョトマテチョトマテオニイサーン!」と日本では遅れすぎな一発ギャグ?を挟んできたり
「名前イレル、△□×?」とオプションをていあんしてきたりする笑
けどとにかくしつこいから疲れます笑

ここで可愛いbagを見つけたんだけど、客引きがあまりにすごいから諦めて「ほかの場所にもあるっしょー!」っていっていたらなかったの!
なので、お気に入りを見つけたら買うべきです!
ってどんなbagかって話なんだけど、本当に幻かのようにインターネットに出てこない!インスタにも出てこないの!
丸くてコロンとしたパーティーバッグに良さそうなサイズで、全面にビーズ?びじゅー?的な飾りがついてるんですー!現地で見た人にはわかる笑

帰りも対岸までアブラに乗って、Uber呼んで一旦帰airbnb🏠


#アブラ #ゴールドスーク #オーフドスーク #モルディブ #ドバイ #ブログ #旅行 #旅行記 #誕生日旅行 #新婚旅行

0 Comments >

2 Like

Scroll
to Top