it was only magazine vol.5、9月17日(木)発売!


突然ですが、試行錯誤するという事は
とってもいい事だと思うのです。

あーでもない、こーでもない…。

でも、それにはやっぱりある程度の
「理想のカタチ」というのが必要です。

ただ闇雲にやっていてもしょうがない。

it was only magazine vol.5、
9月17日(木)発売になります。

今回の表紙、かなり試行錯誤しました。
ちょっとだけ順を追って
解説していこうと思います。
試行錯誤の仕方ってやつです。

1、「写真の中に写真」という企画をやろう!
という話になります。
(JAMeenさんとAKIさんより)
2、どんなところでどんな風に撮るかロケハンに行きます。
(JAMeenさんとAKIさん)
→そのロケハン時の写真がコレ!

3、しかし、これで本来伝えたかった面白さが伝わるのかと試行錯誤…。
4、考えに考えた結果、JAMeenさんとAKIさんが考え出したのが
iPhoneで撮った写真をもう一回撮るという方法。
編集部ブログ
→これ、簡単に見えて実は結構難しい! みなさんもぜひやってみて!
5、この写真を見て、「コレ面白い!」と思って、まず表紙に
してみたいなと思ったので、手作りのラフを作ってみる。
編集部ブログ
→これが思いのほか、いい感じで、デザイナー始め、評判がよく、
軽く調子に乗る。
6、そもそも表紙用の企画ではないので、ひとまず中面の撮影に行く。
編集部ブログ
→本誌P78からの「take,took,taken by yourself」をチェック!
7、この場所で後日表紙の
写真を撮影しようと決意するも、
人物がもう少し大きく映らないか、
ここで再度試行錯誤します。
ここでJAMeenさんとAKIさんによって
編み出されたのが、iPhoneで撮ったものを
一眼レフのカメラで再度撮るという
中面で試みた方法ではなく、
一眼レフで撮影した写真を
iPhoneに転送して、画面に表示させて
それを再度一眼レフのカメラで
撮影するというもの。

パッと見ではあまり
差はないように見えますが、
これが大きな違いで、人物の写真が
少しではありますが、大きくなりました。
これが、表紙にとってはかなり重要でした。少しでもインパクトのある
ものにしたかったから…。
8、というわけで、いろいろ整ったところで
再度撮影に向かいました。
編集部ブログ
→表紙は縦長ですが、
横で撮影しているのにも訳があります…。
9、デザイナーに写真を渡す。
編集部ブログ
→もちろん、この段階でもいくつかの
デザインの候補がありました。
試行錯誤はここにもありましたが、
今回はここまで…。

簡単に書いちゃいましたが、
結構日数的にもこの1枚の写真を
撮るのにはかなり時間がかかっております。
ホントはこういう試行錯誤は
ほかの人たちには知らせない方が
かっこいいんだけど、今回は特別にお知らせしてみました。

そして、出来上がった表紙がこちら!
編集部ブログ

試行錯誤の結果をぜひ、
お近くの書店でチェックよろしくお願いします!


0 Comments >

3 Like

Scroll
to Top