ホメロスの

ルネッサンス

海と夕焼


フランスのセヴェンヌに生まれた羊飼いだった主人公アンリ(Henri)が
数奇な運命を辿り、日本の寺男・安里(あんり)になったストーリー。
三島自身が「愛着のある作品」と語った小説。

今日は、この小説を簡単に紹介したい。

「日本の寺男となった安里は、耳の聞こえない少年と日没前の勝上ヶ岳に登る。
そして、少年にフランス語で、背負った数奇な運命を語っていく。
少年は、目の奥から安里の言いたいことを聞こうとしていた。

この羊飼いの少年アンリは、
『エルサレムを奪い返すのはおまえだ、マルセイユに行け。
向かうその先では、地中海の水が二つに分かれ、おまえ達を導くだろう』
という言葉を、夢のお告げで何度も耳にする。
そして、仲間を集めて少年十字軍に加わる。
途中でペストのために多くの子供たちは命を落とすが、
アンリはひるむことなく、その奇跡が起こることを信じ懸命にエルサレムを目指すが、
少年十字軍として乗った船の行き先はエルサレムではなくアレキサンドリア。
少年たちは、そこで、ことごとく奴隷として売られてしまう。
アンリ自身もペルシャ人商人に売られインドへ。
そこで、禅師に出あい、そして日本に。そして鎌倉の建長寺で寺男となった。
夕暮れの勝上ヶ岳に登ることが彼の安らぎ。
『今もありありと思い出すのは、
いくら祈っても分かれなかった夕映えの海の不思議』と回想する。

安里が待ち望んだ海が二つに割れるという「奇跡」は、ついに起こらずに、
彼にとっては多くの仲間を失っただけ。」

今日、11月25日は、三島由紀夫の命日。自決という形で、生涯の幕を閉じた。
昭和45年の、あの日。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top