静かに行く時間

ときに再会

洋式は我慢できない

 その公共の建物は古くてトイレも和式がほとんであり、各階ともに、並んだ個室の一番手前だけが洋式だった。
 先日、そのトイレを借りようと廊下を歩いていると、途中の部屋から出てきた老婦人が、わたしの前を歩いてやはりトイレに向かった實德環球
 
 列のできるほど混んだトイレに並んでいると、自分の番になったおばあさんが「わたしは洋式がいいので(洋式が空くまで待つので)、もし和式でよろしかったらお先にどうぞ」と順番を譲る場面に出会うことがある。お年寄りにはやはり洋式の方が楽なのだろう。
 
 そういう認識があったので、きっとこのおばあさんも一番手前の洋式を使うだろう。まあ、べつにそれならわたしは和式でも……と思いながらトイレに着くと、入り口に「一番奥も洋式になりましたのでどうぞお使い下さい」という貼り紙を見つけた。こうして少しずつ洋式に替えていくのだろう實德
 
 けれどもおばあさんは、一番手前の洋式トイレをちらっと覗くと、そのまま次に行った。おや? 一番奥の洋式まで行くつもりなのかしらと思ったら次の扉を覗いて、「ふう、和式があってよかったわあ」とおっしゃる。あら、そうなんだと思っていると続けて、「洋式なんかとてもじゃないけど我慢できないわ、気持ち悪くって!」といかにも嫌そうに言い捨ててから個室に消えた。ふむ、そんなこと言われたらこちらは洋式に入りにくいじゃないの?(入るけど)
 
 和式と洋式、どちらがより不潔じゃない使い方ができるかという話は置いておくとして、なぜそこで、黙って和式を使うことができないのだろうなあ。洋式の方が増えてきた昨今、あちこちで随分と我慢のできない思いをさせられているということなのかしら實德環球

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top