コンビニお得情報

お得情報‼️昨日からファミリーマート🏪で税込700円以上
購入ごとに1回くじが引けるスピードくじ始まってる!
その場で当たりがわかるから、その場で商品に引き換えOK🙆‍♀️
ハズレの場合は応募券になってるから、集めて応募!
こーゆうくじって結構当たりやすいイメージだからコンビニ🏪
行くなら今回はファミリーマート🏪だね٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃

ファミペイアプリで1日1回抽選出来るんだけど、無料券か
割引券のどちらかを選んでゲームに参加出来るよ↓


あわせて25万人に当たるから毎日挑戦してみて❤️






娘が寝てるので久々生い立ちの続きです!
生い立ち48💓前回の記事はこちら↓
長くなるので興味の無い方はリターンで!
暇潰しにでも読んでくれたら嬉しいです!
過去の記事は生い立ちでタグ付けてるので
そこから読めます👀



ほんまに旦那の会社はヤバいって思ったのと
このままじゃあまたズルズル辞められずに
おるかもしれんと思った私は旦那のママと
相談して弁護士に相談することに!
計画が崩れたらあかんから旦那には
会社に行ったら家に帰ってないって言うて!
嫁とは連絡取ってないし電話も出てくれない
から離婚になると思います的な感じで
言うといてって伝えた(旦那は家に帰って来てたけど
嫁と仲直りしたと思われたら、また私がいるうちに
何か言うてこられても面倒だから仲悪いふりしてる
方が都合が良かったから、車で寝泊まりしてる
ことにしてもらってたw)それから弁護士さんに
今までの経緯と事情を全て話し、計画を進める準備
をした!計画実行まで旦那には普通に職場に
通ってもらった。そして計画実行日までに、大きな
荷物とかを怪しまれない程度に持って帰って
計画実行日前日には全て自分のものは持って
帰り、会社から借りたものはちゃんと会社に返し
自分のデータとかも出来れば消せるところは消して
怪しまれないように決行日を待てと伝えた。

♻️後で話がここに戻りますが下記を先に読んでね。

ここで並行してあった出来事についても書いていくけど
おばあちゃんはと言うと、呼吸が止まりICUに入って
気管挿管してから何とか一命を取り留め、その後の
リハビリや先生、看護師さん達のおかげで何とかICU
から出ることは出来てた。だけどやっぱり気管挿管してるのを
外すとまた呼吸がしにくくなって、嚥下障害もあるから
もう喉を閉じるのは難しいねってなって、ごはんも
口から食べれないから、最初は鼻から栄養入れてたのね。
先生から、きっと辛いから、胃ろうの手術を考えている
と言われて、私もそれを了承した。だけどおばあちゃんは
ほんまに食べることが大好きで、おやつもめっちゃ食べる人で
お喋りも大好きだった。そんな人が思うように喋れず
人にも全然言葉が通じなくなったのに、その上食の楽しみまで
奪われるのは、相当辛かったと思う。だからおばあちゃんは
ごはんが口から食べられないなら、死んだ方がマシ。
何で胃ろうなんてしたん?そのまま死なせてよ。って殴り書きで
手紙を書いていた。震える手で時間をかけて書いたから
めっちゃ字がふにゃふにゃだったけど、一応読み取れて
それを読んだ時はほんまに辛かった。その頃に看護師さんに
言われてたことがまたいつ急にこーゆうことが起こるか
わからないからもしもの時、延命治療をするかどうか
決めてくださいとのこと。病院に行く度に聞かれてて
悩んで悩んで決められなくて、私は少しでも長く生きて
欲しいし、たった1人の育ててくれたおばあちゃん。
おばあちゃんがいなくなったら、ほんまに私は心の拠り所
が無くなる。絶対死んで欲しくないし、どんな治療でも
やって欲しい。その反面、おばあちゃんの痛がる姿や
辛い姿、苦しい姿を何年も介護をしながら見てきた。私の
長男出産後とかは、私自身も余裕が無くて、おばあちゃん
にキツく発言しちゃうこともあったぐらい、しんどい時期もあった。
おばあちゃん自身、ずっともう生きていたくない。とか
死にたいとか、ずっと言うてた。だから自分で管を外したり
してたこともあって、命に関わるし、とても危険だから
手足をベッドに固定されてた時期もあった程、、、
きっと、辛いのはわかっても、本人じゃなきゃ苦しみは
絶対理解出来ない。だからこそ、こんなに頑張って治療したし
もう楽にしてあげたいって思う気持ちもあった。生きて欲しい
のは私のエゴだとも思ったし、、、ただ、延命措置
を取らないと言うことは、単純に言えばおばあちゃんを殺す
ことになる。先生からも延命措置はオススメしないし、僕は
自分の両親がそーなった時、延命措置はしませんでしたって
のも言われた。延命措置をしてしまうと、もう外せないし
それを外す行為は罪になる。だから、もうほぼ目を覚ます
ことは無いのに、延命措置をつけたことでずっと介護が続くのは
みんな辛いし大変とのこと。それでも私はまだ決めきれません。
って何度か伝えたら、看護師さんにこないだICUに入った時も
その日まで元気だったのに急に起こったんだから、今後もまた
いつどうなるかわからんのに、悠長に考えてる暇無いよって
叱られて、看護師さんって冷たいんですね!そりゃあ人が毎日
何人も死んで、それ見ても泣いたりもしないんだから
結構ドライだし、これが仕事ですもんね。って泣いて
その場から逃げたこともあった。看護師さんも緊急の時に
どう対応するか決まってなかったら困るから言ったんやと思うし
きっと、看護師さんだって思い入れのある患者さんもいると思うし
人が亡くなったら泣きたいこともある。それでも患者さんの為に
落ち込んだりしてる暇は無いから、時を重ねて強くなって
次の命の為に働いてくれてるんだってわかるし、ひどいこと
言ってしまったなって後からめっちゃ反省したんだけど、
あの時の私は色々ありすぎて、もういっぱいいっぱい
だった。だけど、旦那にも相談したけど、旦那は延命措置
した方が良い。俺も生きて欲しいし、ゆんちゃんはきっと
自分の手で命を経ってしまったって後悔すると思うって言った。
私も我が子に置き換えて考えた時、おばあちゃんだから
辛さを考えたけど、我が子なら何が何でも
生かすって思うと思う。おばあちゃんは認知とかは無く
脳はしっかりしてたから、あいうえお表を指差して会話してたん
だけど、その時に本人に延命措置の話をした。私は生きて欲しい
けど、おばあちゃんの辛さもわかる。気管切開と胃ろうを
つけた時、おばあちゃんは何でこんなんつけたん?って怒った
やろ?だから、おばあちゃんの人生やからおばあちゃんが決めて。
って言うた。そしたらおばあちゃんはニッコリ笑って
潔く逝くって指差した。その瞬間、私もみんなもおばあちゃんも
病室で大号泣( ;  ; )辛かったけど、おばあちゃんが決めたこと
やから、出来るだけ長くいれるようにおばあちゃんとの
残りの時間を過ごそうって思った。昔元気だった頃は
人のおばあちゃんより若かったし、おばあちゃんが死ぬことなんて
想像出来なかったけど、その頃はもう、いつどうなっても
おかしくないから、ほんまに毎日不安やった。おばあちゃん自身も
おばあちゃんはもう長く無い。って言ってた。人間って不思議で
自分がもう長く無いのわかるんかな?とりあえず急かされてた
から、主治医に延命措置の件を伝えに行った。
先生はその決断が正しいと、私個人的には思います。
生きてるから気管切開したことや、胃ろうの手術をしたことも
正解やと思います。私の親もそこまではやりましたから。って
言ってくれた。おばあちゃんは先生にもいつも
孫に迷惑これ以上かけたくないって言ってたらしい。
それからおばあちゃんはリハビリをして、ごはんは食べれない
けど味だけでもと思い、リステリンとかを綿に染み込ませて
口の中爽やかにしてあげたりとか、スピーチカニューレで
震わせて声を出してお話しする練習とかもした!またほぼ
聞き取られへんねんけど、家族やからか私にはまあまあ
通じてたし、あいうえお表も手が震えて何て言いたいか
わからん感じやけど、私とか担当の看護師さんとかには
ちゃんと伝わってた。

その時におばあちゃんから、相続の話があった。
相続と言うてもその頃の家系は私と旦那がやっていってたから
おばあちゃんの遺産は家しか無い。おばあちゃんは最初
私と旦那に任せるから家をやっていってほしいって言うてた。
私的には家なんていらんし、そもそも大嫌いな
付き合いもないひぃおばあちゃん家族が斜め前に住んでるとか
嫌だったし、あんな田舎、おばあちゃんがいなくなったら
住みたくないって思ってたけど、おばあちゃんの意向なら
とも考えてはいた。だってあの家、私が夜職掛け持ちして
残りのローン1千万ぐらいを一気に返しておばあちゃんと
2人で建てたようなもんだから!そこまで頑張ったからこそ
守りたいって気持ちはあった。だけど病気が進行して行くに
連れ、おばあちゃんの性格はどんどん変化して行き、気持ちの
浮き沈みも激しくなり、何故か旦那にこの家を乗っ取ろうと
してるんやろ!家を奪う気か!早く死んで欲しいんやろとか
言うたりする日もあったり、、、いやいや、この家のお金
やってくれてるの旦那やし、遺産とか、家しか無いのに
遺産目当てな訳も無く、何ならおばあちゃんのオムツ変えたり
介護まで手伝ってくれて、入院前は毎回一緒におばあちゃん
の検診まで付き合って、我が親でも無いのにめっちゃ
やってくれてた旦那なのに、旦那が少し可哀想だったなぁ〜
病気だから仕方ないけど、私やったらこんなにしたのに
そんな風に思われて言われたら、いくら病気でも嫌になるし
旦那はほんまにその点、優しかったなと思う。
そうかと思えばやっぱりあんたらが頼りやって言う日も
あったり、ほんまに躁鬱病のような感じだった。結果的に
おばあちゃんは私の弟(戸籍上はいとこ)にやっぱり家を
残したい。って言った。別に私も家が欲しい訳じゃないし
そもそもマンション借りてるのにおばあちゃんの介護がある
から実家にいただけで、旦那は長男だし男がいないから
旦那の家族も大阪に戻って欲しいってずっと言ってた。それを
私がおばあちゃんの介護で岡山を離れられないからって
理由があるから許してくれてたし、我慢してくれてたのね。
ほんまなら孫にも頻繁に会いたいはずなのに、、、だから
おばあちゃんがいなくなったこの家と、岡山には別におる理由
無いしってのはずっと話してて、大阪に戻る話もずっと
してはいたのね!それに、色々あったけど、一応
おばあちゃんと弟(いとこ)と私の3人で辛い日々を乗り越えた
から、ムカつくところだらけやし、介護もろくにしない
お金も入れない弟(いとこ)やったけど、他の人に取られる
ぐらいなら、弟(いとこ)はポンコツやし、家だけでも
残してあげられたら家賃もいらんでええかなと思った!
私が頑張って返したローンやし、貧乏時代めっちゃ節約して
1つの部屋で固まって寝たり、おばあちゃんのパート先の惣菜
食べたり、そんな思い出も詰まってるから、誰かが住んで
くれてて、たまに帰れる場所になればそれで良いかなって思ったし。
そんで、おばあちゃんが遺言書を書きたいらしく、おばあちゃんの
息子と娘とかには一切取られたく無いから、遺言書の手続きを
してと頼まれ、弁護士さんやプランナーさんに相談した。
そしたら、おばあちゃんは喋れないから、あいうえお表
で会話するなら、公証人に公正証書を作成してもらうように
言われて、その人に頼んだ。だけど当日、遺言書が作成出来ない
ことになった。家族や看護師さんに伝わっても、公証人に
理解出来なかったら遺言書は作成出来ない。こちらがこうですか?
と聞いて頷くとか、そーゆう曖昧なのはダメらしい。
おばあちゃんは手が震えてしっかりと意思を伝えるのが
難しいから、その状態では厳しいとのこと。だからほんま
遺言書書きたい人はちゃんと、元気なうちに進めてる方が良い
と思う!おばあちゃんには残念だったけど、遺言書は書けない
から、おばあちゃんが亡くなった後誰も家を奪いに来ない
ことを願うのみだった。だけどそんな時、一本の電話が、、、
知らない番号だったけれど出てみたら、私の実の父親だった。
ひぃおばあちゃんとは全く付き合いしてないけど、斜め前に
住んでるからこっちの動向とかを探ってるのか、何なのかは
わからないけど、父親は昔ひぃおばあちゃんに面倒見てもらってた
ことがあったから、ひぃおばあちゃんと父親は仲良くしてた。
だから多分ひぃおばあちゃんに聞いたんだと思うけど
父親が、そろそろお袋はもう長く無いんやろ?家のことやけど
俺と姉ちゃんが貰う権利があるんやから、売って分けるから!
遺言書とか、そーゆうのしたり、生前贈与とかしても
後から遺留分を請求するから意味ないぞ!変なことはすなよ
って言われた!だから私がずっと家のローン返して
おばあちゃんの介護もしたのに、もう関わるなとか言うて
何年も連絡よこさず着拒して、おばあちゃんの面倒も
見ぃひんかったのに、そんなんは貰うねんな!嫌いな人からの
ものなんて私ならタダでもいらんわって思うけどほんま
クソな人間やなって言うたら、お前が好きで介護しとんやろ!
不満が出るなら面倒見んかったらええんや!って言うて切られた。
言いたいことだけ言って切りやがったと思い、ムカついて
かけ直すと、もう繋がらない。ほんまに最低な奴よな?
自分の実の娘なのに、面倒も見ず養育費も払わず、挙句
おばあちゃんの介護も私任せにして連絡もずっと音信不通
やったのに、おばあちゃんの死期が迫ると連絡して来て
取れるものは貰うとか、ほんま人間じゃないよな!
まず、好きで介護してるとか、おばあちゃんやし育ててもらった
からしてたし、大好きだったから後悔は無いよ!
だけどもしも介護したくなかったとして、目の前に
育てくれた大切な人がそんな状態でおるのを、見捨てる事出来る?
病気になってから、おばあちゃんは性格が別人になったし
弟(いとこ)ばっかり味方したり、私に辛く当たったり
そんな事があって、もうだったら弟(いとこ)に見てもらえば
って思ったこともあったけど、弟(いとこ)じゃまともに
介護も出来ないし、自分が眠い時はおばあちゃん放置に
したりするから心配だし、だから私がやらなきゃってなったんやん!
そりゃあたまには愚痴も出るよ!私は不満があったり
介護してやったんやから!とかそーゆうので言うてるんや
無いのに何でそれが通じひんのやろって悔しかった。
だって、私は結婚してるから何とかなったけど、もしまだ
結婚してなかったらどう?自分の娘が家無くなるねんで?
そんなんも考えへんってことやろ?もうヤバい人間よな、、、

※ちなみに遺留分ってのは、血の繋がった実の娘や息子などに
与えられた権利で、親が遺言書で財産は〇〇1人に全てあげる!
他の者には一切渡さない。と記したとしても、そんなことは
法律上出来ないらしく、あげたく無くても実の娘や息子には
金額は通常より減るけど何分の1かは与えなくてはいけないの。
だから、もし財産が家しか無くて、家をAさんに与えるって
なった場合、家の価値をお金に換算していくらかずつを
Aさんが他の遺留分の権利がある人に渡すことになるらしい。
うまく説明出来ないけど、簡単に言うとこんな感じ。
だから、遺言書って何の意味があるん?ってその時めっちゃ思った。
遺留分を請求されたら弟(いとこ)はお金も無いし
結局家を売ってお金を作ることになるから、結局意味無いよな!
だから公正証書も何万もかかるから、逆に作成せんで
良かったんかもなって感じ!お金払うの私らやしwww

その事をおばあちゃんに話すと、親子の縁を切って欲しい。
そしたら家をやらんでええやろ?って言われたから
またその事を弁護士さんに相談した。そしたらそれは出来ない
と言われた。やっぱり血は汚くて、実の娘や息子は
ほんまに強くて、ただ介護をしなかったからとか、音信不通
とか精神的苦痛を与えて来たとか、そんな理由だけじゃ
簡単に縁を切ることは出来ないらしい。犯罪犯しました
とか、そーゆう理由ならまた変わってくるけど、ただ薄情な
だけじゃおばあちゃんの意向だけでそんなことは不可能らしい。
躁鬱気味ではあったけど、その話を聞いたおばあちゃんは
ごめんな、ゆんちゃん。あんただけは腐れ縁なんか
ずっと幼い頃からおばあちゃんと一緒で、お金も助けて
くれて介護してくれたのに、何も残してあげられない。
ってあいうえお表で伝えてくれた。もう文章長すぎて何時間
滞在したからわからんほどやけど、その頃は息子のごはん
持参で病院に1日中おったからな!私とかは時間はかなり
かかるけど、こーやっておばあちゃんからの意思が伝わる
のに、他の人に伝わらないから、ほんまにおばあちゃん
辛かったやろなって思うよ。私は全然理解出来るのに
このレベルでも公正証書って作成出来ないって、厳しいよな。

まあでも、遺言書書けなかったし、書いたとしても遺留分
は取られるけど、全部をおばあちゃんの娘と息子(私の父親)
に持って行かれることは無いのね。最初から読んでくれてる人は
わかると思うけど、おばあちゃんには子供が3人いて
長女、長男(私の父親)、次男(弟(いとこ)の父親)なんやけど
次男(弟(いとこ)の父親)は何年か前に若くで亡くなってるのね。
更に弟(いとこ)は戸籍上おばあちゃんの養子になってるから
孫だけど息子なの!だから、もしおばあちゃんが亡くなって
家が売られたとしても、そのお金はうちの弟(いとこ)は
貰える権利があるの!だからその点はおばあちゃんは安心してた
んやけど、私はただの孫で、養子縁組もしてないから、全く
遺産相続の権利が無いのね!私が貰うにはおばあちゃんが
遺言書を残すしか無いけど、それが出来ないからもう貰うことは
出来ないの!私が介護をしてたとか、家のローンを払ったから
って主張は、全く意味が無くて、それを主張するなら
全ての証拠を残さないといけないから、毎回の病院の領収書
や、私の名前で私が払ったって証拠とかが全て必要とか
言うてた。そんなんあるわけないやん?wwwまあでも、私は
おばあちゃんの遺産に頼ろうなんて思ってないし、弟(いとこ)
に相続権があればまあええわって思ってたから、全然家なんて
いらんけど、自分が払った家なのに、何もしなかった奴らに
取られるのだけはほんまに悔しいって思ってた。
おじいちゃん(おばあちゃんの別れた旦那)とはたまに連絡
取ってて、おじいちゃんも離婚はしたけどおばあちゃんのことは
心配だったから、よく電話くれてたのね!だから
おばあちゃんが生きてる間、長女と長男に家を売らんといて
って言うて欲しいってのを、散々おばあちゃんから言ってた。
おじいちゃんは、わかった、俺からも言うてみるって言うてくれた。
まあ私はそんなんしても無駄やと思うけどな!そんなんで
聞いてくれる優しい心を持ってたら、まずおばあちゃんを
見捨てないし、遺産のこと言うて来たりせんやろって感じな!
おじいちゃんはおばあちゃんの2人目の結婚相手だから、私とは
血が繋がって無いのね。私の父親と父親の姉はおばあちゃんの
1人目の旦那さんの子供だから。おばあちゃんの次男は
亡くなってるから、おじいちゃんの孫は弟(いとこ)と
弟(いとこ)の腹違いの妹2人と弟1人の合計4人。それでも
おじいちゃんは昔からずっと可愛いがってくれたし、分け隔て無いし
差別せずに怒る時は怒ってくれて、ずっと優しかった。
私が家庭の事実を知った時も、お前はほんまの孫や!って
血の繋がりがなんや!って怒ってたぐらいの人だからね、、
だからその時も何かあったらおじいちゃんに連絡して来いよ!
離婚してもお前はおじいちゃんの孫に変わり無いんやし、
おばあちゃんも別れてもやっぱり何十年も一緒におったんやから
心配やしってずっと言ってくれてた。

それからは父親(私の実の父親)からの連絡は無く
おばあちゃんが死んだら言うてくるんやろなって思いつつ
日々を過ごして行った。

おばあちゃんの病院は急性期病院だから、長くは入院
出来なくて、容態が安定して来たら退院しなくちゃいけない。
でも、おばあちゃんは気管切開と胃ろうがあるから
タンも取ってあげたりもしなきゃだし、ごはんは全部
胃ろうからの栄養だから、家での介護はもう無理。
施設も、気管切開と胃ろうがあると、なかなか入るのが
難しくて受け入れ先の空きが無い。だから、別の長く
入院出来る病院に転院になった。そこの主治医の先生が
多分もう長くは無いし、きっとこの状態だと施設も
受け入れ先が見つからなさそうだから、最期の時まで
うちの病院で面倒見ますって言うてくれた。
そこの病院はほんまに人手が足りてなくて、おばあちゃんの
病棟はおばあちゃんみたいな患者さんも多かったり
するから、ナースコール押しても全然来てくれないみたいなの。
おばあちゃんはリハビリを続けててスピーチカニューレ
だと、調子が良い日は長く話せて、少しは聞き取りやすくも
なってたのね!いつもお見舞いに行くと、おばあちゃんが
泣きながら訴えてたんだけどある時は、
今日はスピーチカニューレの練習してたけど、
苦しくなったからカニューレ外して元に戻して欲しいのに、
看護師さん途中でいなくなって、多分カニューレつけてるの
忘れてる。今日に限らずいつもナースコールしても
来てくれないし、言葉も伝わらないから辛いしキツく
言われるって訴えて来る。おばあちゃんは病気で性格も
変わったからきっと少し大袈裟に盛ってるところもある
かもだけど、以前ショートステイで泊まってた施設で
介護士の人がお年寄りつねったり蹴ったりしてて、おばあちゃん
は暴力は無かったけど、ずっと外から鍵を閉められてた
らしいのね。それで、他のショートステイに変えたんだけど
実際そーゆうことがあったから、多少大袈裟かもだけど
おばあちゃんが嘘をつくとは思えないし、私がお見舞いに
行ってる時も私が呼んでも待てど暮らせど来ないから、ほんま
緊急の時間に合うんかな?ってめっちゃ心配だった。
この時の不安を昔のブログに書いたら、現役看護師の方から
そんなん言うてたらあなたのおばあ様の受け入れ先は
どこも無いですけど、看護師のことが不満とか言うてたら
入る病院が無くて困るのはあなたですけどね(笑)
みたいなコメントが来たwwwいやいや、めっちゃ精神的に
辛くて、ただ思いを綴って、看護師さんが大変なのも
わかるけど、あまりにも対応が不安で、他の病院の時は
看護師さんほんまにすごく良くしてくれたし呼んだらすぐ
来るし、呼ばなくても来てくれてほんまにホスピタリティー
に満ちてたからこそ、余計感じたし、自分がおばあちゃんの
立場になったら、苦しい時に全然来てくれないとか
辛いなって思ったことを書いたのに、何か自分に重ねたんか
知らんけどコメントでキレて来て、ほんま引いたwww
別に全員を否定して無いし、病院名も書いてないし
看護師さん名指しでも無いし良い看護師さんもおるって
いつも綴ってはいたし、感謝も書いたりもしてたし
ただ、その病院のその科の看護師さんに不信感だっただけなの。
しかもわざわざ友達申請のところからwww嫌なコメント
あるし、コメント欄も閉じてたけどわざわざそこから
コメントしたいほどムカついたんかよって話なwww
しかもその人のブログ見たら子供おるらしいw介護で悩んでる
人に対して寄り添う気持ちも無く、心で思うのは自由
やけど、わざわざコメントまでして、そんなんが親とか
そんなんが看護師とか、ほんま世の中終わってるわって思った。
話は逸れたけどそんな病院ではあったけど、主治医の先生は
良い人だし、他の科の看護師長さんが親友のママだったのも
あって、相談も出来たし、そこでお任せすることにした。

旦那の家族はと言うと、介護が理由で岡山にいるんやから
介護が必要無くなったなら大阪戻って来て。出来るだけ早く
来て欲しい。って言われた。先は長くなさそうだから
一緒にいたかったけど、もしかしたらこのまま10年ぐらい
生きるかもしれん。先生も長くは無いかもしれんけど
ICUから復活したのもあるし、寿命と共に進行って感じだから
もしかすると長く生きるかもだし、今日急変することだって
あり得るしわからんとは言うてた。今までは入院しても
自宅に戻って来てたから介護が必要だったけど、今後はもう
それが無くなる。だったらもう大阪来てくれないかな?
とのことだった。確かに病気もせず元気ではあるけど
旦那のママ方のおじいちゃんおばあちゃんも70歳超えてるし
旦那のパパ方のおじいちゃんおばあちゃんも80歳超えてた。
そりゃあそっちの家族だってどうなるかはわからんのに
私ばっかり優先させられない。私のおばあちゃんは寝たきり
入院だけど、旦那の方は元気で、孫の顔も見たいし
孫とお出掛けとか遊んだりもしたいみたい。そう考えた時
家族で話し合った結果、おばあちゃんはもう退院出来ない
から大阪に引っ越そうってことになった。我が子の為にも
旦那のおじいちゃんおばあちゃんとの時間や思い出も
大切にしてあげたかったし、どうせ私は
仕事をしてたから専業主婦の時みたいに毎日行けるわけでは
無かったし、頻度は減るかもやけど、岡山と大阪なら
新幹線🚄で1時間もかからんから、おばあちゃんの病院は
2週間に1回とか長くても月に1回とか行くことにして
大阪に引っ越すことになった。その時にはまだ決定しただけで
何も進めて無かったんだけど、一応私の会社にも引っ越す
って話は上司にしてた。そんな話の流れや出来事があった後の
旦那の会社の事件とかだったのね!

この続きから、この文章の♻️の位置に戻ります!


長くなったので続きは次にします!長々と
最後まで読んでくれた方はありがとうでした❤️👋

#生い立ち #パーキンソン病 #躁鬱病 #大衆演劇 #介護 #自営業 #過去 #おうち時間 #遺留分 #相続 #遺産相続 #公正証書 #弁護士 #遺言書 #遺産 #相続問題 #トラウマ #ママ #主婦 #育児 #子育て #懸賞生活 #懸賞 #節約 #抽選 #くじ #お得情報 #ファミリーマート #ファミマ
Scroll
to Top