私 が 母 を 許 せ る ま で (1)





私が母を許せるまで。

こんなの書いても誰得なんだけど
良かったら見てみてください。
再婚をした人で、子供のこと自分のこと
悩んでることもあると思うので
少しでも何か参考になれば🧸(ならないか…)
こんな家もあるんだな!と見て貰えたら嬉しいです!
今は母とは良好な関係です!



私にとって母という人は

私を不幸にした人。
私の意見は全部否定。
私には無関心で子供嫌い。
自分が良ければそれでいいと思ってる。

こんなイメージだった。


母が21歳の時、私を産んで
それから1年半後、弟を出産。

ただ働かない父だったため
金銭的にとても苦しかったみたい。
母の実家(祖母の家)が近くにあったんだけど
小銭を探しに行くほど困ってたって後々聞いた。

弟を出産後、少しして離婚したんだけど
私は父のことは記憶に全くないんだよね。

母はスナックのママをしていたから
夜は祖母の家に泊まって
次の日母が迎えに来てくれるという生活?だったと思う。

祖母はその頃、病院の厨房で働いていたから
早朝から出勤なんてこともしばしば!
母は酔っ払ったまま帰宅して
私たちを迎えに来てくれないこともあって
弟の手を引き、自分の家まで歩いて帰ったこともあった。
今でも覚えてるのは
マンションのエレベーターに乗ったんだけど
ボタンに手が届かず、どうしよう、、って困ったこと。
エレベーターが閉まって、、
だけど開くボタンにも手が届かないから
閉じ込められた状態で、、
少ししておばさんが乗ってきてくれ
助かった…
それがずっとずっと記憶に残ってて
怖かったんだろうなと…

他にも家の近くに保育園があるんだけど
母が起きてくれなかったから
私1人で身支度をして保育園に行こうとして
母にすごく怒られた記憶がある🧟‍♀️笑
保育園に行かないとダメだよ!1人で行けるよ!
と母に言ったら
1人で行ったらダメだから!今日はお休みするよ!
って言われた。その後は母爆睡してた。
あんなに保育園近いんだから
私1人で行けるのにどうしてダメなんだろう?って
真剣に思ってたわ🤣
私しっかりしてたんだな!笑
そして子供ってやっぱり、ちゃんと自分の考えを持ってる。

私が5歳頃かな?
祖母、母、私、弟4人で暮らすことに。
一戸建ての借家に引越し

毎晩酔っ払って帰ってくる母のことが
嫌で嫌でたまらなかった。
お酒臭くて、目が死んでて、うっとうしかった。
だけど、機嫌を損ねるとめんどくさくなるから顔色を伺ってた。
たまに機嫌の良い日は
私たちが喜ぶおもちゃを買って帰ってきてくれたり
それがすごく嬉しかったの覚えてる。
母がスナックのママをやってる時は
景気も良かったみたいで
外食にもよく連れてってくれた。
休日になると近くのレンタルショップで
いつもビデオを借りてくれた。
私がディズニーを好きになったのは、これが大きい。

この頃くらいに、 なんでパパがいないの~?
って聞いたような記憶があるんだけど
はっきり覚えてない(´-`).。oO


私が小学生になった頃
母がスナックを辞めて、保険屋さんで働くことになった。
今思えば母なりに一応いろいろ考えてくれていたんだなと思う。

2年くらい経ったころ、会社で大変だったんだろう
鬱っぽくなっていく母。
(当時は鬱を知らないから
会社で虐められてるのかな。可哀想。って思ってた。)
泣いてる母も何度か見た。
子供って本当に純粋に母親が大好きなんだよね。

母も祖母がいたとは言え、2人の子供を育てていくということは
本当に大変だったと思う。
心の余裕なんてなくなるよね。今ならわかってあげられるのにね。
それでも母とは今でも考え方の違いは大きいけど!笑

そして私が3年生の頃だったかな?
母は仕事を辞めて
次の仕事が見つかるまでの間
またスナックで働くことになったのね。

そこで最低最悪な私の大嫌いな男と母は出会う。

私の幼少期時代
当時は自分がすごい家庭環境にいるんだなんて分からなかった
みんなの家庭もこんな感じだと思ってたけど
大きくなるにつれて
自分の家庭環境はみんなと違うって気付いてく🤣

あの時の自分は可哀想な人間なんだって思えてくる感じよね…。
今思い返すからわかることだけど。
完全に悲劇のヒロインの出来上がり。
そして母と義理の父を恨みまくる。

もう本当に私にとって最低最悪な再婚相手だったから
またゆっくり次の記事で書く🤢
なんだったら、
この時までは、こんな家庭環境でも幸せだったよね。


5 Comments >

8 Like

Scroll
to Top