泣くには遅すぎる!

未来は良くなるでしょう!

子供の金属製カトラリーのリスクを減らすには、これらの選択と使用管理方法に注意してください!


時間が経つのは早いもので、あっという間に日が暮れてしまいます。 哺乳瓶を持ってミルクを飲んでいたかと思うと、次の瞬間には手に持っていたカトラリーを奪い始めたりします。 つまり、disposable wooden spoonお子さんが成長して、自分のカトラリーが必要になったということです。 子どものためにカトラリーを買うのは、親なら誰もが直面する状況です。 では、これらのカトラリーはどのようにして選べばよいのでしょうか。

現在、市場に出回っている一般的な子供用食器には、陶器製食器、ガラス製食器、プラスチック製食器、金属製食器、シリコン製食器、木製食器などがあります。

ステンレス製の食器とその特徴

黄土の選択で使用されるステンレス食器は、食品グレードのステンレス鋼でなければならず、その重金属イオンの移行と他の指標は、関連する法律の規定でGB 4806.9-2016「食品事業安全管理国家開発基準と金属材料と関連製品との接触なしに食品」に沿ったものでなければなりません。 現時点では、主に食品グレードの430、304、316を持っている研究は、これらのステンレス鋼の会社の材料は、設計や様々な食器を生産するために使用され、最も一般的な食品グレードの304ステンレス鋼です。

ステンレス製の食器には、耐落下性、耐腐食性、清掃のしやすさ、無臭、化学成分が少ない、細菌が繁殖しないなど、独自のメリットがあります。 何事にも二面性があります。 また、ステンレス製のカトラリーは、重い、熱伝導性が高い、皮膚がやけどしやすい、重金属成分が移行するなどのリスクがあります。 使用時のリスクを減らすためには、ステンレス製カトラリーの選び方を知ることが大切です。

ステンレス製食器の選択方法

正規のルートで購入し、正規のメーカーが製造した製品を選択しようとすると、安全になる、購入する安価な屋台を切望しないでください。

2は、製品がそのような目立つ位置にマークされる304ステンレス鋼と食品の接触として、適切なラベルを持っているかどうかを確認するために注意を払うと、メーカーの情報、説明書、コンプライアンスの証明書などがあるかどうかを確認し、3ない製品を購入しないでください。

製品の外観、重量、ステンレス食器の品質を確認し、表面が滑らかで、亀裂などの異常な挙動現象がないこと。 また、金属素材の食器は重く、子どもたちには負担が大きいので、企業としては軽量の食器を選ぶようにしましょう。

使用上の注意

ステンレス製のカトラリーは重く、子どもが不安定になりやすいので、特に6~7歳以下の子どもには、この種のカトラリーを使うときには親が気をつけるようにしましょう。

ステンレス製のカトラリーは熱伝導率が高く、子どもの肌を焼きやすいので、使用時には金属面に触れないように注意してください。 しかし、現在では断熱機能を備えたステンレス製の食器が販売されていますので、保護者の方はこのような食器を選ぶことができます。

我々はとても学生が中国の食器につながる重金属汚染の要素になりやすいので、③ステンレス製の食器は、長い時間のための塩、醤油、酢や他の調味料を含む食品を保持するべきではありません、そのような鉛、カドミウム、クロムや他の食品への移行は、子供の健全な発展に深刻な害を引き起こす。

注目の記事:





0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top