自由は気分を良くします!

自由は気分を良くします!

子宮腫瘍以外に、超音波アブレーションで治療できる疾患はありますか...


超音波アブレーションとは、放射性物質を含む超音波を体内に浸透させて病気の部位に到達させ、高い熱電効果を起こして切除し、治療するものです。

超音波アブレーションは、子宮腫瘍の治療において、腫瘍を小さくして症状を改善するために用いられることが多い。 子宮腫瘍などの悪性腫瘍以外にも、超音波焼灼術で治療することができますが、重要な要素は何ですか? 超音波焼灼療法は固形がん以外の疾患にも適用できますか?

子宮腫瘍の他に、超音波アブレーションで治療できる疾患はありますか?

超音波アブレーションとは、人間の細胞に合わせた高粘度の集束超音波を用いて、特別な標的部位に焦点を当て、運動エネルギーの集中効果によって焦点部位を一瞬で高温にし、病理組織が凝固壊死を起こすようにして、アブレーションの目的を達成するものである。

超音波アブレーションは、子宮腺筋腫、子宮腫瘍、肝癌、肝転移、乳房線維癌、乳癌、骨腫瘍、膵臓腫瘍、腎臓腫瘍、悪性軟部組織腫瘍など、様々な固形ラインの良好な腫瘍を治療することができます。 応用分野は比較的広いです。 しかし、超音波アブレーションには、コントロールできないほどの高血圧、頭蓋脳損傷事故の既往、心筋梗塞の既往、膠原病結節の既往、下腹部の放射線治療の既往など、禁忌事項があります。

超音波アブレーションの治療効果はどのようなものですか?

超音波アブレーションの重要な治療特性には、画像監視、精密さ、フィットネスのランダムな動き、制御可能な治療、完全な治療という5つの大きな要素があります。

Color Doppler Ultrasound System

画像監視とは、治療の全過程を超音波監視装置でリアルタイムに監視することで、実際の治療結果をタイムリーにフィードバックすることができます。 精度は、治療中のリアルタイムモニタリングシステムにも反映されており、ターゲットエリアに集められた熱は正確に病体を破壊することができる一方で、横断された体やターゲット県の外側にあるすべての正常な構造物は簡単には損傷しません。

超音波アブレーションのランダムな動きは、室内空間におけるフォーカルポイントとそのカメラモニタリングのランダムな動きに反映されます。 制御された治療は、画像からの即時のフィードバックに反映され、医師は治療計画プロトコルに即時に調整を加えることができます。 完全な治療を行うためには、体積の小さい悪性腫瘍体に対して完全なアブレーションを行うことができるかどうかが鍵となります。

超音波アブレーションは広い範囲をカバーしており、特に悪性腫瘍の治療に効果があります。 この治療法は、ダメージが少ない、副作用が少ない、費用対効果が高い、リアルタイムのモニタリングシステムがある、全身に均一な量を使用できるなどの利点があり、一定の治療的利用価値があり、患者は自分の病状に応じて選択を行うことができる。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top