自由は気分を良くします!

自由は気分を良くします!

この記事では、なぜ保険が必要なのかをお伝えします ブックマークしてください



保険は必要かどうか? あなたの友人の中で、病気のためにクラウドファンディングを必要としているように見える人がいるとき、この社会的な疑問について考えたことはありますか?

学生の家庭環境を圧迫するような病気になったとか、共働きの家庭で大黒柱が倒れて老若男女の面倒を見る人がいなくなったとか、そんな話を聞くと、「家居裝修保險に入っておかないといけない」と思ったことがあるかもしれません。

誰もが幸運に恵まれ、不運は起こらないと思っていますが、本当にそうでしょうか? 運が悪い人は、自分がどうなるかわかっているのか?

真実はすべて未知であり、誰も未来を見ることはできず、主張を持っている人は未来が不運になることを知ることができるのではないでしょうか? そうではなく、不確実な将来に備えて、経済的なリスクに備えるために保険に加入したのです。

消火栓、煙探知機、消火器など、それぞれの建物を建てるときに学生が設置したものがありますが、その建物は必ず火事になるということですか? いや、社会保険のようなもので、一種の予防策である。

社会保険であり、一種の予防策であり、これらのコストは決して安くはないが、なぜそれをするのか? なぜなら、いざリスクが発生したときに、災害による損失よりも、これらの商品を管理するためのコストの方がはるかに低いからです。だから、みんなが子供の車のために保険に加入することは意味がないのです。

運が悪ければ、その持ち物は自分のものではなくなってしまいます。 自分に適切な保険を配分することが、自分の持ち物を本当の意味で守る唯一の方法です。車であれ、家であれ、財産であれ、すべては自分の存在があってこそ、すべては自分のものなのです。

経済的な理由で何か悪いことが起こったときに、自分の命が失われないようにするためだけでなく、自分の持っている財産が失われないようにするためにも、保険が必要なのです。 ですから、これらの問題を感覚的に分析して、将来に備えた健康な状態にしておく必要があり、それが保険なのです。

注目の記事:



0 Comments >

1 Like

Scroll
to Top