自由は気分を良くします!

自由は気分を良くします!

ビタミンを摂取するためのいくつかのヒント


中年と高齢者のために、食事の目的の制御は、あまりにも塩辛い、あまりにも油っこい、甘すぎる、鶏、鴨、魚や他の悪い食習慣保健食品を修正し、光の味の味を維持し、確かに慢性疾患の予防を助長されていますが、物事は完全にベジタリアン料理、調理操作プロセスにあまりにも多くの信頼を肉を食べていない場合、 "度 "に注意を払う必要があります、油、食事の量と小さい、時間の長さを置くためにあえてしない。 身体は間違いなく対応できないでしょう。

年齢の増加に伴い、高齢者の様々な身体註冊營養師機能が徐々に枯渇し、歯が抜け落ちたり、仕事を噛んで飲み込む能力が低下し、消化管の吸収と消化機能が低下するなどのすべての理由は、栄養の摂取を妨げるでしょう、加えて、アクティブ肝炎の危険性のいくつかは、非常に簡単に栄養不足を引き起こします。 そのような場合は、すぐに食事の摂取を促し、栄養補給を行うことが重要です。

栄養不足を6段階でスクリーニング

広東省武装警察総合病院栄養科の日本零食曽静科長は、世界共通の小栄養素測定表によると、栄養不足の基本的なスクリーニングは6段階で行うことができると詳しく説明した。

一つは、過去3ヶ月間に主観的でない有意な体重減少、つまり積極的な減量・痩身による体重減少があったかどうかです。 高齢者の方は、普段から血圧を測るように、できれば朝、空腹時に、できるだけ服のズボンをはかず、トイレに行った後に正確に測るなどして、体重の変化をすぐに観察することが望ましいと思われます。

2つ目はBMI(Body Mass Index)で、これは体重のキログラムを2乗した数値で、18.5を下回れば体重減少のサインとなる。

第三に、高齢者が過去3ヶ月以内に食欲不振、消化不良、咬合・嚥下障害があった場合、栄養不足のリスクを考慮することが重要である。

4つ目は、歩行速度の低下が著しいかどうかなど、テーマに沿った取り組みができるかどうかです。

5つ目は、過去3ヶ月以内にストレスや亜急性疾患を患っていること。

6つ目は、認知症やうつ病などの精神疾患の有無です。

食事で十分なタンパク質を摂取するために、善良な高齢者は次のようなことを心がけるとよいでしょう。

1.食事が足りていない

一般的に、高齢者のために1日あたりの体重1キロあたり1.2〜1.5グラムのタンパク質を補充するのが最善です、成分に実際には、一般的に肉食品の100グラム、牛乳のグラス、卵とその40グラムの水豆腐、大豆パドルや他の豆類から成る大豆を食べる日あたり。オリゴ筋炎に苦しんでいることが医師によって診断され75歳以上の高齢者は全体の栄養素ユニーク薬理食品部門、1日あたり1を取るために医師によって導かれることができます 体重1kgあたり1.8~2.5gのタンパク質を含みます。

2.併用して服用する。

肉、卵、牛乳の炭水化物組成は、体が必要とするあり方に近いため、それに含まれる動物性たんぱく質は、穀類や大豆食品の栄養成分よりやや多くなります。 動物性タンパク質と大豆タンパク質を一緒に摂取すると、タンパク質の補完効果により、食材に含まれるタンパク質の使用量を大幅に増やすことができます。 そのため、動物性タンパク質と大豆タンパク質を1日3食に分散して摂取するのがベストです。

3.食事の回数を減らし、食材を悪者にする。

歯が悪く、消化吸収の悪い高齢者は、1日4〜5回と食事の回数を減らし、筋繊維の短い魚やエビなど、できるだけ消化の良いものを選ぶとよいでしょう。 例えば、肉を食べるときは、筋繊維の短い魚やエビを選ぶとよいでしょう。

4.肉がやわらかくなるのを確認する。

また、焼く、煮る、炒める、蒸すなどの調理法は、肉のたんぱく質を柔らかくし、体に吸収されやすく、消化しやすくします。 それができない場合は、材料をつぶして濃厚なソースを作り、スープと一緒に食べます。

5.食事、運動、薬物療法の3本柱でアプローチする。

高血圧、糖尿病、高脂血症などの慢性疾患を抱える高齢者は、食事に適度な操作を加える必要があるが、何も喉に詰まらせる必要はないのである。 また、食事と薬に加えて、食事と薬のバランスをとることも重要です。 これに加えて、運動を続けることが必要です。

6.胃腸の働きをあきらめない。

末期認知障害の高齢者が著しい食事不足に陥った場合、愛する人は胃ろうや瘻を選択すべきであり、プロテインボンディングだけに頼って胃腸の機能を放棄してはならないのです。


関連記事:

端午の節句の後は、この5種類の「旬の野菜」を多く食べよう!美味しくて栄養価の高い食材

カルシウムを摂取するための大きなボーンブロス? お米のスープは宝物?

肥満は栄養不足を引き起こしやすい-その理由はこれだ

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top