歯列矯正👄Before After


約5年前にした歯列矯正のBefore After、
写真をパソコンに移す前にブログにUP👄
お見苦しくすみませんですが🙇‍♀️
矯正治療の質問をよくいただくので
誰かの参考になれば🙇‍♀️


私は歯科衛生士として矯正治療に一番興味があったので、矯正専門の歯科医院に勤めて、働きながら治療してもらってました。



これは矯正前と矯正後の正面顔写真!
古い写真なので画質悪いし、
カメラの色味が違ったり諸々気になるけど。
(Afterの鎖骨前の糸くず何!笑)

Beforeの時は噛み合わせが良くなくて、
噛み方の癖で特に左頬の筋肉の方が発達してたけど、矯正したら頰の張りが減って少し小顔になったよ!

矯正すると噛み合わせが変わったり
治療の為に抜歯をしたりするので、
個人差があるけど小顔になるのは本当!
治療すると笑顔の写真も、
歯がビシッと並んでるから綺麗に見える★



こちらは口腔内の写真。
私は元々下顎の方が大きくて噛み合わせると
上下間に隙間がたくさんありました!

でも約2年治療してきちんと並べてもらって
バチっと噛めるようになったよ♪

ただ私の場合は生まれつき下の前歯が一本なく、(大人になるまで気づかなかったけど。笑)
数が合わないので上下の真ん中が合ってないです。
なので矯正後もサイドに多少の隙間がありますが、普通の人はバチっとファスナーのように綺麗に噛むよ♪




横顔の写真を見ると下唇が少し下がって
綺麗な横顔になった^ ^
左のほうが若いのに筋肉のつき方で、頰が盛り上がって老けて見えるよね🙄


矯正治療自体は治療期間が長かったり、
痛みがあることもあったり、
大変だったこともたくさんあったけど
こうやって写真を並べて見ると格段に良くなってるから、治療して本当によかったなーって思う😊




2 Comments >

16 Like

矯正歯科🏥医院の選び方

矯正治療についてblogに書いて欲しいという
コメントやDMをいただいたので

矯正歯科専門の病院に
勤めていた歯科衛生士として
また実際に治療を受けた患者として
何回かに分けて矯正治療について
お伝えしたいと思います😊


今回は質問いただいた
病院の選び方、矯正治療に必要な抜歯について🌟


長いので興味がある人だけ読んでください😅




①矯正治療をする病院の選び方

私は今まで2件の矯正専門の歯科医院に勤め、
また大学病院の矯正科でも実習して
様々な治療現場を見てきました。

矯正治療は子供から始めると高校生くらいまで、
大人から始めても数年通うことになります。

途中でやーめた!と簡単に止めることが出来ないので、
必ず月1で通える場所、
先生(以下Dr.)との相性が良く治療が納得できる病院を
見つけていただくことがベストです!


まず、矯正治療はDr.の考え方によって治療が全く違います!色んなDr.にお会いしましたが、本当に違いすぎてびっくりします🙄!

もちろん歯並びをよくするというゴールは一緒ですが、そこにたどり着くまでの過程(使う装置や動かし方などの治療方法)がDr.によって違います。

なので病院を選ぶときはいくつかの病院を回ってみて
それぞれのDr.の考え方を聞いて、自分が納得できる治療をしてくれるDr.を見つけるのがオススメです。

相談は無料〜数千円の病院が多いので、相談のみで行ってみるといいです😊


また、よく一般の歯科医院でも矯正診療をやってますが
あまりオススメしません💦

矯正専門ではない一般歯科の先生が曖昧な知識で治療していたり、矯正専門の先生でも月一の出張診療のみで日程合わせるのが大変だったり、装置が外れたり緊急な処置に対応してくれなかったりします。

可能な限り矯正のみ専門の歯科医院に通うのがオススメです😉


ちなみに矯正歯科のDr.には『専門医』や『指導医』という資格があり、この資格はある程度経験を積んで、厳しい試験をクリアしたDr.しか持つことができません。この資格を持っているDr.は技術を認められているDr.です。
持っているDr.は必ずホームページや病院パンフレットななどに記載してあるのでチェックしてみてください😊


あとは大学病院ですが、私は正直個人的に大学病院での治療はオススメしません😅
(手術を伴った矯正治療や難しい症例は大学病院でしか治療できないこともありますが💦)

私は大学病院で実習するまで大学病院はプロフェッショナルの集団!というイメージがあったのですが、
実際は大学病院には学生、研修医〜プロフェッショナルまで様々な立場の人がいます。(当たり前ですが😅)

場合によってはまだ治療に慣れていない、研修医のDr.が自分の担当Dr.になってしまうことがあります💦

そうすると研修医Dr.もまだ慣れていないので、治療がスムーズに進まなかったり、勉強に協力してくださいということで、周りをたくさんの人に囲まれて見られながら治療をされたり…😱

もちろんどのDr.もそういった場を経験して技術を磨くので、そういった場が必要なのはわかりますが😅

自分が患者さんの立場ならやはり最初から信頼できる上手なDr.にお任せしたいので、
可能であればどんなDr.が治療してくれるかがわかる専門の矯正医院がベストだと思います。


また矯正治療は自費診療なので病院により料金が全く異なります。装置の種類などにもよりますが、料金も病院選びの大切な要素なので、他医院とよく比べてみてください。



②矯正治療に必要な抜歯について

矯正治療は抜歯を伴う治療をする方がほとんどです!

現代人は昔より硬いものを噛まなくなって、顎がどんどん小さくなっています。
にも関わらず、歯の大きさは昔から変わらないので、顎の大きさに対して歯が大きすぎて顎に歯が並びきらず、ガタガタになる方が多いです。

そんなガタガタの歯並びを抜歯をしないで無理やり小さい顎に並べようとすると、歯列の半円が大きくなり歯全体が前に飛び出て馬みたいに口全体が飛び出た口元になることが多いです!😱

これほんとに横顔が崩れて馬みたいになります🙄🐴

よく抜歯が必要な患者さんなのに『抜歯は絶対したくないのでとりあえず並べるだけでお願いします!』と言う人がいます。

渋々、Dr.も患者さんの要望で並べますが、結局出っ張った口元になった自分の顔を患者さんが見て、後からやっぱり抜歯して治療してくださいって方が多いです。

そうするとまたそこから治療をやり直すので治療時間がかなりかかってしまいます💦もったいないです😱

もちろん抜かないで治る人もいますが、
抜歯が必要と診断された人はちゃんと理由があって抜歯を勧めています。
抜いても、矯正治療前よりよく噛めるように並びますし、抜いた隙間もきちんと埋まります。

Dr,もできるだけ抜かないで出来る治療を考えているので、それでも抜歯が必要なと言われた方は、抜歯をしてでも治療をしたいのか、よく考えて納得して治療を受けた方がいいかもしれません🌟

歯を抜かない矯正治療という広告もよく見ますが、リスクがあったり、治療がものすごく長期だったりすることがあります。ガタガタがなくても出っ歯さんや受け口の人も抜かないと治らない場合が多いです。
納得いくまでDr.の治療方針を聞いてみてください😊




以上が矯正治療の病院の選び方、抜歯についてです😊
長くなってすみません💦






0 Comments >

5 Like

Scroll
to Top