美しいだろうと思

美しいだろうと

2016/1

使命

私がまだほんの子供だった頃。
クリスマスの朝、目覚めると枕もとには大きな靴下が片方だけ置いてあった。
毛糸で編んだ帽子にでもできそうな嬰兒濕疹大きな大きな靴下だった。
その意味も解らず、かと言って捨てるわけにもいかず、なんとなく枕元の壁に掛けておいた。

その靴下はいつもそこにあった。
何度か家族は引っ越しをしたけれど、新しい家の私の部屋のベッドの枕元にはその靴下がずっと掛かっていた。
父を亡くし、母を見送り、子供たちはそれぞれ新しい家庭を作った。

ある日の鏡の中には白いひげを蓄えた私の雀巢奶粉姿があった。
ずいぶん年老いておかしいほどしわだらけだった。
自分でも驚くほど生気のない目をしていた。
その時、窓の外から鈴の音が聞こえて来たのだ。
今日はクリスマスイブだったのを思い出した。
枕元の大きな靴下がなぜか気になった。
孫が忘れて行った車のおもちゃを無意識のうちにその靴下の中に入れると、靴下は待ちかねたように消えた。

その時私は悟ったのだ。
これまでの人生が終わり、人のために尽くす新しい使命が始まるのだと。
ふわりと赤い防寒着がベッドの嬰兒敏感上に現れた。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top