2014/12

it was only storeの秘密

こんにちは~。みさみさです。

みなさま、it was only magazine!発売中でございます。
ぜひぜひ書店、コンビニ、amazonでGETしてください。


大人気の着回しやシンプルでもおしゃれな着こなしのコツ!
AKIちゃんへファンの方からの100の質問などなど
盛りだくさんの本誌ですが
今回も中身が買えちゃいます!

雑誌に載ってるお洋服、バッグなどなど
(ほとんど)全部の商品が連動している
webサイト『it was only store』で
買えちゃうんです☆

しかも!雑誌では見ることのできない
後ろ側や素材感など詳しい写真もたーくさん!

雑誌の各企画の最初のページにいる
カメラマンJAMeenのQRコードをよみとると
その企画に載っている商品がチェックできます!


It was only storeの検索窓で
検索することもできちゃいます!


虫眼鏡マークをおすと検索窓がでてきます~

検索窓に雑誌のページ数、企画名、モデル名など
いろいろ検索してみてくださいね

一部の商品はモデルの私物やすでに完売していて
購入できません・・・ご了承くださいませ泣

it was only magazineと一緒に
it was only storeも楽しんでください!

0 Comments >

11 Like

「今日のAIR MAX 90」vol.16

こんにちは。
めちゃくちゃ寒いですが、
みなさん体調には気をつけて!
ってそんなこんなで、昨日発売しました。
寒いから本屋さん、行ってる場合じゃないって人も
多いと思いますが、そこをなんとか…。

という訳で、行って参りました、本屋さん。
そしたら、「it was only magazine」vol.2でも
登場してもらったモデルのakemiさんに偶然!
しかも立ち読み中!!!!
ホント、偶然。
モデルさんまでチェックしにきてくれるなんて、
感謝感激雨霰(かんしゃかんげきあめあられ)…。
←やらせなしです!



ちなみに、渋谷のTSUTAYAっす。

ここまで言っても寒くて外に出たくないって人。
そんな方はamazon

前号同様「人気」マーク、いただきました!



ぜひ、チェックしてくださいー!

というわけで、今日の足元を。



ではまた。

0 Comments >

2 Like

2月号の表紙ついに解禁!

こんにちは。

というわけで、お待たせしました。
発売まで1週間となりました
12月17日(水)発売の
「it was only magazine」vol.2。

表紙をこのブログをチェックしてくれている
みなさんに先行でお見せしちゃいます!

表紙は!



緑です!
今回も前回同様、迷いに迷いましたが
AKIさんの「緑がいい!」の一言で
見事に決定しました。

緑でもいろいろな緑があるので、
デザイナーさんと相談して、
印刷所の担当さんとも
相談して、やっとのことで、この色に。

本屋さんで見つけたら
チラ見してみてください。

面白いですよ。

今回は本屋さんで見つけてびっくりの
仕掛け(と言ったら大げさ!?)も
ありますので、お楽しみに!
手に取ったら、裏返してみてくださいね!

今回はDecologで募集したAKIさんへの
100の質問やポートランドの旅日記など、
(お土産プレゼントもあります!!!)
前号からのかなりのスケールアップをして
お届けしています。

2号目にして、もうやることがなくなった!?
という感じの前のめり具合です!!!

ちなみにamazonでは
発売前に予約できるみたいですので、
(前号は一時売り切れになったりもしました!
ありがとうございました!)
ぜひ、ご利用ください。

amazon

というわけで、今日の足元を。



ではまた。

0 Comments >

8 Like

「今日のAIR MAX 90」vol.15


こんにちは。
it was only magazine vol.2、
撮影も無事終わり…。
(まったく更新せずすいません…)
(と、ちょっと謝ってみたりする…)
←この感じ、なんだかブログっぽい。

で、絶賛校了中でございますが、
この時期は待ち時間という
やつもある訳で、
(この時期は、デザイン待ったり、
原稿待ったり、やる気を待ったり、
するんです)

ぼーっとしてるときに、ふと、
考えることがありまして…。

自分が時代遅れなんじゃないかって
思うことないですか?
まあ、もちろん、最先端行ってるとは
思わないけど。

と、今回は少しセンチメンタルな話。

ちょっと話題が古いけど
docomoがひとり負け、とか
マクドナルド業績不振、とか
見てると、ふとそう思ったのです。

自分が好きなものが、
自分が長年愛用しているものが、
世の中の人たちにとって
そうじゃないってことを
決定的に見せつけられるというか…。

例えば、好きなアーティストの
好きなアルバムが実は売れなかった、とか、
(そういうアルバムは
「玄人受けするアルバム」なんて言われて、
現実を見ようとしない状態として、
生き抜くことになったりします…)

例えば、宮﨑駿アニメは
「天空の城ラピュタ」が一番で、
それ以降は下り坂だと
思っていることなんかも、
そういうことを
ふと思い知らされることのきっかけに
なってみたり…。
(売り上げでいったら、それ以降の方が
断然すごいですもんね…)
ちなみに、ジブリ映画で「ラピュタ」は
興行成績、最下位。

あとは、
ファミレスのいつも食べてたメニューが
いつの間にか、なくなっていたりすると
かなりのマイノリティ感ですよね…。
(デニーズの「ビーフシチューオムライス」が
なくなったときは、本気で落ち込んだ…)

そんなことをぼーっと考えながら製作中の
it was only magazine。
前号を気に入ってくれた方々には、さらに
パワーアップした内容に
なっていると思っております。

そして、初めましての方にも
おもしろがっていただけるものに
なっているとスタッフ一同、
根拠のない自信を持っております。

ま、堂々巡りで、
この“根拠のない自信”ってやつが、
時代遅れだったら
どうしようって思う
ってまあ、そういうセンチメンタルな話
なわけです。

それを写真で表現すると以下の感じ。


開いて


閉じて


開いて


閉じて…。
この連続…。
今月号もAKIさんとJAMeenさんは
大車輪の大活躍でした。
ちなみに、
カメラマンのJAMeenさんは
とあるこの雑誌の撮影で
足を痛めたとか。
どんな撮影してるんだって話ですが、
それシーンを探すのも面白いかも。
もっとちなみに、その情報、
痛めてから3週間くらい経ってから、
AKIさん伝いで聞きました。
(申し訳ない…)
でも、AKIさんもそのちょっと前に
告白されたらしいです。
「実はあんとき、
足やっちゃってたんよー」って(笑)。
ナイスなコンビです。
というわけで、今日の足元を。



次回の更新で12月17日(水)発売の
「it was only magazine」vol.2の
表紙、お見せできると思いますー。
お楽しみに。

ではまた。


0 Comments >

6 Like

Scroll
to Top