ひとりごと②

*



嫌なこと消したい記憶、
封じたつもりで何重にも何重にも
自分の内側に壁をつくって
記憶を抹消または奥深くにしまいこんでしまうけど
どの壁もどこかにひびが入っていて
簡単に記憶を言葉をビジョンを
思い出させてしまう

それは誰かの言葉であったり
何かの文字であったり
何かの景色、似たような経験、
曖昧な何かでひびは大きくなり、
過去の記憶を引き摺り出してしまう

封じ込めたはずの記憶が甦るのは
あっという間で鮮やかで
真っ赤なナイフで再度内側を切りつけられる
その傷は深く痛くて
悲鳴さえも出なくて誰にも気付いてはもらえない
いつの間にか傷は枷となり
自分を縛って閉じ込めてしまう
そこは深くて冷たい鉄格子の中。

0 Comments >

0 Like

暦ちゃんのコラボについて





今コラボについていくつかパターンを考えてて

1、のんちゃんのオリジナル本の各話の設定に続く形でその後を妄想してかく
(面白味に欠けちゃうかもしれないけど、キャラをできるだけ殺さずに間違わずにかくにはかなりこれが一番書きやすい)

2、暦ちゃんのキャラのままで完全なオリジナルをつくる
(しかし、学校の設定やら家やらその他含めたコマかな設定まで想像するための情報が必要だからのんちゃん家遠いし打ち合わせなんかもできないから、なかなかリスク高め。キャラ崩壊リスクも高め)

3、キャラをコラボする
(多少の無理はききそう。キャラ崩壊の多少の無理はやはりききそう)

個人的には2、をやるつもりでいたけど勝手な設定作って原キャラの設定をできる限り殺したくないので1、にするかなぁ。
あまりうまくいかなかったら最終的に3、でのんちゃんキャラに無理させちゃうかもしれないけど…そこはごめんなさい。

んー、どんなのにしようかなぁ。
誰を出そうかなぁー

わくわくしながら設定きめるの久しぶりで楽しみ~もう少し一人一人のイメージつくってこよう~(^q^)

0 Comments >

0 Like

ひとりごと①

*



信頼はいくら構築していっても、
一つの裏切りや小さな嘘の積み重ねで
一瞬で人の心を歪ませてしまう。
何度その後補強しようにも
土台が一度崩れたら積み重ねたって
なかなか構築はされないもので、
そうやってストレスと歪みを繰り返して
人は変わってしまうのだろう

0 Comments >

0 Like

イラスト

こんにちは!
まうすです。
 
社会人になったらイラストとかも
なかなか暇もなかったりして、
書けないのでは?と思い、
 
一発落書きをして色を塗るという
シンプルなやり方で昨日から二枚
かきました。
 
ちょっぴりいつもとお肌の、塗りかたを変えつつドレスやコーディネートは既に提案されたものを着せて、完成。
 
小さい女の子を描くつもりがデフォルメ少女になりました。
こういうドレスって細くて体系に自信ないと着づらいドレスですよね、かわいいけど。
 
そして次が昔赤ペンで一発書きしてかいたものに色を塗りました。
今はこの真っ白な背景をどうするか悩み中です。うーむ。
 
あ、最近ミシャグロスをあるイベントのために注文しまして期間内に早く届かないかなとあわあわしております。
毎日会社ってきっと大変だと思うけど精一杯頑張って努力をおしまない人間になりたい。
 
なによりも、この右目、早くなおらないかな…涙
 

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top