全ての偽装は卵に通ずる!






バタバタしてました💦

車をぶつけたり、

手を切って縫ったり…

ちょっと大変な毎日でした💧


今回は私が読んだ河岸 宏和さんの著書

より、大切なお知らせをしたいと思います✨



「卵」の裏側。

全ての偽装は「卵」に通ずる!!


著書の河岸さんは、卵メーカーに勤めて10年の卵のプロと呼ばれている方です。


日本人は平均 1人 年300個以上の卵を食べます。

生卵でも食べる習慣があり、老若男女必ず買う食品の1つです。


スーパーでは卵の特売日があると、

朝から行列ができたりします。

卵が売れる割合を平日を10とすると、

週末は30、特売日は100も売れます。


しかし、ここで1つの疑問が生じます。

特売日の卵はどれも新しいのです。

おかしいとは思いませんか?

特売日に合わせて鶏がたくさん産むなんてありえません。


何故その日に合わせて、

たくさんの新しい卵を用意できるのでましょうか?


それは、卵の賞味期限は、《パックした日》で決まるからです。

産んでからではなく、パックした日。

つまり、同じ賞味期限の卵が産卵日が同じとは限らないってこと。

どんなに古い卵でも、パックしたら、今日から何日後賞味期限になる。


何故そのようなことが許されるのかというと、

日本の法律では「最終加工」が製造日とされるからです。


例えば、半年前に冷凍した魚を今日解答すればその日が製造日になります。

また、何日も前に作った弁当も、店でラベルを貼ればラベルを貼った日が製造日になります。


刺身の再パック、トンカツのリメイクのカツ丼も同様です。


つまり、特売日に合わせて卵を保管し、その日に合わせてパックをするというのが、特売日の仕組みです。


また、卵の生食にも気をつけなければいけません。

上記の鮮度の問題もありますが、「サルモネラ菌」の問題があります。

これは加熱すればほぼ死滅するので問題ないですが、生で食べる場合生まれてから10度以下で保管し、冷蔵配送、冷蔵販売していれざ大丈夫です。


しかし、スーパーでは、卵を常温販売しているところがよく見られます。

そのような卵は生食すると危険です。


*̣̣̥◌⑅⃝*॰♡॰* ⑅⃝◌*̣̣̥


参考になりましたか?◟(ˊ꒵ˋ∗)◜∗.♪

とくに主婦の人は家族の安全のために

気をつけましょー!





#世の真実 #裏側 #ママさん #卵

0 Comments >

4 Like

生体販売の実態(※画像注意)






前回の記事でrisaさんの認識が素晴らしいので
コメント取り上げちゃいます♡♡

*̣̣̥◌⑅⃝*॰♡॰* ⑅⃝◌*̣̣̥

risaさん素敵ですね✨
ペットショップの裏側の悲惨さを知らないと、反対派にならないと思います🌟
生体販売が世の中からなくなるとよいのですが、利益を優先の日本ではなくなる気配が一切ないですね…😢

> risaさん
> めちゃくちゃ可愛いです💕
> 色々知っているので
> 私もペットショップ反対派です💦
> 動物が好きならペットショップで
> 買わないであげてほしいなぁと
> 思っています😖😖 

*̣̣̥◌⑅⃝*॰♡॰* ⑅⃝◌*̣̣̥

実は、《ペットショップ》という生体販売。
海外では当たり前ではありません。

ドイツやスウェーデンには犬や猫の生体販売を行っているペットショップがほぼありません。

それは法律で禁止されているからというわけではなく、アニマル・ウェルフェアにのっとった設備や飼育体制を整えようとするとペットショップのようなビジネスが成り立たなくなるからです。

通常の会社で考えたらわかると思いますが、
利益を生むためにコストを下げます。

つまり、ブリーダー環境というのは、
かなり劣悪なのです。


この子は、2016年に保護された子の1匹です。

《流通》から外れた子は
劣悪環境で飼い殺されます。

ケージの外に出れるのは、
繁殖させられる時だけ…。
暴れるとそれはもう、酷い目に合います。

レスキューをした人はこう語ります。
「どれほどの時間をそこで耐え続けてきたのか。私たちが入ったとき、ほとんどの子は心が壊れてしまって、諦めきってる感じでした。いるかいないか分からないような。そういうふうに心を殺さないと、あんな環境です、耐えられないですよ」

およそ20畳ほどのその小屋は、地面に丸太を立て、屋根代わりに穴があいたトタン板を張っただけのもの。

いくつかの壁面には、壁板の代わりにサイズの合わない窓枠が大雑把にはめられて、建物は斜めに傾き、隙間からは雨風が吹き込む。そんな中に、痩せ、怯えた犬猫がそれぞれ入った小さなケージがいくつも積まれらそこら中にクモの巣がはっている。


ほとんどが栄養失調による貧血や低血糖、膿皮症という皮膚の病気を患っている。関節が変形していたり、心臓病にかかっている犬もいた。視力を失っていた子もいた。


メスのヨークシャテリア。痩せ、爪は伸び放題で右目の下に穴が空き、扁平上皮がんを患っている重体だった

この生体販売をしていた男性は告発されました。
しかし、センターは、刑事告発されてなお、未だに男性の取扱業資格を剥奪しておらず、「飼育」も認めているのです。


参考

ペットショップがあるということは、
命を強制的に大量生産してるということ。
利益にならない子は劣悪環境で過ごすか
殺されるか、殺処分。

この負のループを止めるためには、
ペットショップがなくならないといけない。

ペットショップをなくすためには、
買う人がいなくならないといけない。

そして、今回私が家族に迎えた
"このは"のように、
殺処分を待っている子達の 
里親になってほしいと思います😢

動物愛護センターで譲渡される子は
人に危害を加えない子であり、
そして、トイレもしつけてくれています。
本当に、いい子達ばかりなのです。

1匹でも多くの子の命が
助かりますように😢🙏❤️





#保護 #動物愛護 #猫 #犬 #動物 #反対 #ペットショップ #生体販売

0 Comments >

3 Like

新しい家族の紹介2




次の日《譲渡会》に参加しました。

譲渡会というのは、
里親希望の方が説明を受けたり
実際に譲渡されたりするイベントです。

そして無事に引き取りました❤️


めちゃ可愛いでしょ?
(親バカ)

この子が殺処分になってしまうなんて
考えられない。

里親なのでもちろんお金なんてかからない。

世の中からペットショップがなくなればいいのに…
ペットショップがあるから、
売れ残った子達が殺処分になるの。

そんな悲しいことないよね。
だから、みんな引き取ってあげてほしいって思う🙏✨

*̣̣̥◌⑅⃝*॰♡॰* ⑅⃝◌*̣̣̥

さて、この黒猫ちゃんの名前

実はまこがつけました✨
あまり、興味なさそうだったので
あいたむなりにいろんな名前考えてたんだけど
全部却下wwww

そうして付けた名前は
《このは》



生後二ヶ月の可愛い女の子です♡

よろしくね(✿´ ꒳ ` )








#このは #保護猫 #里親 #譲渡会 #殺処分 #豊田市鞍ケ池 #黒猫

2 Comments >

6 Like

新しい家族の紹介1




 
鞍ヶ池公園内にある豊田市動物愛護センター


見たことある人もいると思います。
場所は動物園の入り口の隣です。

認知はしていましたが、
私も入ったことはありませんでした。

昨年の10月に、ひなと始めてそこを訪れました。

中は殺風景な感じです。
一角に、"譲渡できる猫"と面会できる部屋がありました。
一応面会できる時間は午前と午後1時間だけで、
私が行ったのは11:30ごろなので、
午前中(11:00-12:00)までの間だったので
面会することができました✨🦋

そこに入って驚いたことは、
「黒猫ばかり……」

職員さんに話を聞くと、
黒猫は引き取られないそうです。

豊田市では、年間犬が50頭、猫が550匹保護されるそうです。
鞍ケ池の動物愛護センターができたのは約3年前。
それ以前は豊田市市役所の中にあったそうですが、
認知されず、9割が殺処分になっていました。
この施設ができてからは2割に減ったそうですが、
それでもまだ2割が殺処分になっているのが現状です。

その中で私の目に止まった子がいました。
「この子も引き取られなかったのですか?」
と聞いたら、

「この子はもともと4兄弟で、
1人残ってしまった。
理由は黒いから」

そんな…
悲しくなりました。

この子を引き取りたい…

でも、すでに家にはこはる(犬)がいるし、
旦那が猫はあまり好きじゃない…

色々考えました。
すると、頑なな旦那が
「明日引き取っておいで」
と首を縦に振ったのです!!
(嫌そうな顔はしてました笑)

旦那の気が変わらないうちに、
夜ドンキーホーテで必要最低限のものを買いました。









#黒猫 #殺処分 #譲渡会 #保護猫 #動物愛護センター #鞍ケ池 #豊田市

0 Comments >

4 Like

加熱式たばこ(電子たばこ)の真実






日本で主流になっている
"加熱式たばこ"
(電子タバコ)

今回はそれについて
大多数の人が知らない真実を
記載します( ̄・ω・ ̄)
私は喫煙者ではありませんが、
身の回りに喫煙者はいます。

現在では、
受動喫煙の防止や、分煙化の推進などで
"加熱式たばこ"
が主流となってきています。

その代表は、《iQOS》ですが、
米国では販売されていないことはご存知でしょうか?

販売しているフィリップモルス社は、
「通常のたばこより安全だ」
と主張していますが、

米国のFDA(食品医療局)は、
2018年1月25日に
「紙巻たばこより害が少ないというエビデンスは不十分。
紙巻たばこより害が少ないと宣伝することは禁止すべきだ」
と結論付け、
販売の許可はしなかった。

加熱式たばこから出る有害物質の確認では、
煙が出なくても受動喫煙と変わらない同様の物質が排出されていることが証明された。

ただ、それだけなら
《販売しても良いのでは?》
と思うのだが、

紙巻たばこにはない
別の有害物質が生まれていることが分かった。

それが人体に及ぼす危険性があるので、
FDAは販売を許可していない。

実際iQOS使用者の近くにいったことがありますか?
なんか、あれはあれで別の変なにおいしませんか?

それは、そういうことなんだと思います。

"周りが使っているから"
"芸能人が使っているから"
"周りに迷惑がかからないから"
"興味本位"

疑問に思わない国民性が
加熱式たばこの実験台にされているのです。

実際加熱式たばこの約9割は日本がシェアを誇っています。

また、一部の国では、
《持ち込み禁止》
です。
没収、罰金対処です。

タイ、シンガポール、台湾、中国 などです。
タイでは最大10年間の懲役刑ですからね。

それくらいのものってことです。

たばこ自体良くないと思いますが、
通常のたばこより電子たばこの方が悪いという認識は
身の回りの家族や友人のために
教えてあげてほしいと思います✨

因みに、ここでいう加熱式たばこ(電子タバコ)は
iQOSだけでなく、全てを指します✨






#mama #CS #iQOS #加熱式たばこ #電子たばこ #たばこ

0 Comments >

2 Like

Scroll
to Top