プラセンタ4

献血や輸血


人の胎盤から抽出したプラセンタの注射を受けた人に対して、献血の制限があるのを知っていますか。

これは、クロイツフェルトヤコブ病の発症のリスクを回避するためです。

ヤコブ病発症リスクの高い、イギリスの滞在者の胎盤から抽出されたプラセンタである可能性が否定できないために、
このような措置をとる決断をしたわけです。

献血に対して制限を設けているのは、プラセンタ治療を受けた人全員ではありません。

プラセンタ注射を受けた人に限られていますので、ドリンク剤やサプリメント、カプセルや化粧品の利用者に関しては、
何の制限もありません。

このような厚生労働省の取り決めについて知ってしまうと、
プラセンタ治療に対して不安を感じてしまう人がいるかもしれません。

しかし実際のところ、日本に入ってきて40年になるプラセンタ治療に際し、
ヤコブ病の発症事例はありませんので、念のための措置と考えられます。

日本の薬事法によってプラセンタ注射剤として認められているのは、
更年期障害の治療に用いられる「メルスモン」と、慢性肝疾患の治療に使われる「ラエンネック」の2つです。

これらの薬は、美容形成の分野で、美肌効果を得るために使われていることもあります。

プラセンタ注射の経験者は、献血をする際に問診を受けることになります

0 Comments >

2 Like

プラセンタ3

スキンケア

プラセンタは直接肌につけることも出来ます。

プラセンタの効果を最大限に引き出す方法は、サプリメントやドリンクの場合と同じように考えます。

プラセンタを使ってスキンケアをする場合、まず初めに、
なるべく高濃度のプラセンタが含まれているパックなどで集中的にケアをします。

例えば、スタートから1週間毎日高濃度プラセンタのパックをすると言った具合です。

初めに、集中ケアをすることによって、肌の状態が変わってくるのです。

プラセンタの性質上、過剰摂取の心配はありませんので、気にすることなくスキンケアに励んでください。

これは、プラセンタ限定の方法です。

プラセンタ以外のものでこの方法をしてしまうと、バランスが悪くなって逆に肌トラブルを
起こしてしまうかもしれませんので、気をつけましょう。

万能効果のあるプラセンタだから、この方法が出来るのです。

集中ケアが終わって、肌が元気を取り戻したら、通常ケアに切り替えて、スキンケアを続けましょう。

長期にわたって続けることによって、肌サイクルの違いに気がつくかもしれません。

集中ケアには、信用の出来る製造元のプラセンタを選ぶことが大切です。

プラセンタの人気に火がついたことによって、信用できないプラセンタも出回っているのです。

0 Comments >

0 Like

プラセンタ2

免疫

プラセンタにある
「免疫賦活作用」って、
どんな作用のことか分かりますか。

免疫賦活とは、自分の体内に入ると病気になってしまうウイルスや細菌を、体内から追い出したり死滅させる機能を
活性化する作用のことです。

言いかえれば、免疫力をアップさせる作用、つまり「病気に対抗する力をアップさせる」と言うことになります。

プラセンタの免疫賦活作用は、そのほかにもとても優れた効果を引き寄せます。

アレルギーの原因物質とたたかう力である「抗アレルギー効果」や、がん細胞が増えるのを防ぐ「抗腫瘍効果」、
ウイルスの侵入に際し浸食されるのを抑える効果「抗ウイルス効果」です。

抗アレルギー効果では、アレルギー性の鼻炎や結膜炎や、花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状を抑え、抗腫瘍効果では、
細胞の突然変異などでがん化することを防ぎ、抗ウイルス効果では、インフルエンザやヘルペスウイルスなどの
ウイルス感染を防ぐ働きをします。

つまり、プラセンタの免疫賦活効果で、強い身体を手に入れられると言うことになります。

ウイルス攻撃を撃破する力がつき、アレルギー反応も抑えられ、がんを予防する力もつくと言うことですから。

プラセンタには、これだけに効くという特効薬ではなく、身体が全体的に健康になると言う効果が得られると考えた方が良いでしょう!!!

0 Comments >

0 Like

プラセンタ1

多くの方々にプラセンタの
魅力を知って頂きたく
プラセンタの記事を
いろいろ更新します☆

世界三大美女にも
愛されたと言う
プラセンタ



プラセンタの登場は、
紀元前に遡ります。

そんな昔から受け継がれてきたのは、プラセンタの効果が確かなものだったという証拠です。

クレオパトラ、楊貴妃、マリー・アントワネットから愛されたプラセンタの効能は、もちろん、美容効果と若返り効果です。

プラセンタがこの世に生まれ出てから、若返りや不老長寿の薬として世界で利用されてきました。

プラセンタは名前を変えて、世界中に存在していました。

中国では「紫河車」として存在し、体力回復や不老長寿効果が記録されていますし、
現在のロシアがソ連だった時代には、
戦争で負傷した兵士の治療としてプラセンタの細胞活性能力が利用されていました。

日本でも同じで、加賀の三大秘薬の一つがプラセンタで、「混元丹」という名前で
不老長寿の薬として存在してきました。

時代とともにプラセンタに関する研究が進み、たくさんの有効成分が確認され、
その有効成分によってもたらされる効果が、すばらしいことが証明されてきました。

現在では、医療現場にもプラセンタは登場していますし、健康食品や化粧品や
美容関連の商品にもプラセンタが使われるようになりました。

古代の発見は、偉大だったということです。

0 Comments >

1 Like

お知らせ☆

先日看板をつけた記念で
より多くのお客様に
ご利用頂けるように
お値段を変更させて頂きました!
今までのメニューより
千円~2千円お安くなりました


料金
フェイシャル2500円~
ボディー3000円~
ヘアセット1500円~
メイク2000円
耳つぼ1000円~
初めさせて頂きます!
ご予約お待ちしてます
今後とも、よろしくお願いします

0 Comments >

1 Like

Scroll
to Top