豊胸手術を受けるとなぜバストは硬くなるのか?

豊胸手術を受けますと、バストが硬くなってしまう傾向がございます。

バストケアを行っても、硬くなってしまう事はよくあることです。原因としてあげられるのは、マッサージに問題があります。

術後にマッサージを行うのは痛みが伴います。痛みがあるのに手加減をしてしまう事も、原因になってしまう事があげられます。バストはもともとデリケートな部分です。

プロテーゼなどを用いて行った豊胸術は強い痛みが残ってしまいます。術後の経過には個人差が出るものですので、マッサージを怠ってしまう方もいるでしょう。

また、痛みが強くてマッサージをする事が出来ないという方もいらっしゃいます。

痛みを我慢してマッサージを行っても、効果を感じる方は少ないかもしれません。皮膜の状態を肉眼では見られない為に、破られたかどうかも確認することが出来ません。

マッサージを続けたからと言って完全に皮膜拘縮を予防できるという事はありません。

カプセル拘縮が起きにくいとされるプロテーゼもございます。ですが、完全に防げるという事は言えません。

体質によっては炎症などが起きてしまい、リスクが高まってしまう事がございます。
自然な状態にするには、術後のケアがとても重要になるという事です。

0 Comments >

3 Like

シリコンバッグとヒアルロン酸を比較

豊胸手術には、いろいろな種類がございます。シリコンバッグ挿入の豊胸手術と、ヒアルロン酸注入の豊胸手術を比較して見ましょう。


シリコンバッグの場合には、施術時間が1時間前後になります。それに対し、ヒアルロン酸注入は30分程度の時間で終わります。

しかし、医師によって施術時間は変わってきます。丁寧に行う医師はもう少し時間がかかるでしょう。

持続期間ですが、シリコンバッグは10年前後。ヒアルロン酸注入の場合には、2年前後の持続になります。

シリコンバッグの場合には、半永久と思っている方が多いです。シリコンは半永久的な持続はしません。


しっかりと知識をつけてから行ってください。医師によってカウンセリング内容が変わってきます。

0 Comments >

0 Like

豊胸バッグはどのくらいの大きさでバストアップが可能?

豊胸バッグで行うバストアップ術は、どのくらいの大きさでどの程度効果があるのでしょうか?


クリニックによって変わってきますが、豊胸バッグは、25ccきざみでご用意があるようです。

ですので、多少のバストアップをしたいのであれば、豊胸バッグでも行えるということになります。

しかし、どのクリニックでもだいたい100ccっ前後からの施術になります。そこからの25ccきざみと思ってください。

だいたいですが、1カップ75cc前後でバストアップします。下着を着用した際は、150cc前後でCカップ前後の効果があるでしょう。


しかし、絶対的なことはいえませんので、目安としてお考えください。


また、これは、豊胸バッグの目安です。豊胸バッグでも種類はたくさんございます。

その素材や形によっても見え方や状態は大きく変わってきます。自然に見えるものであれば、同じ量を入れても見え方は変わってきます。


いきなりバストアップしてしまいますと皮膚への負担も大きくなります。また、肩こりを起こしたり日常生活にも支障をきたします。

0 Comments >

0 Like

豊胸バッグは少しの差で大きく術後が変わってくる

豊胸バッグについてご説明いたします。


アナトミカルタイプは、形が紡錘型の豊胸バッグです。形が上下とも決まっています。

バッグが挿入後に動かないように、テクスチャードタイプの加工がしてあります。


また、立ったときに合わせたバストの形になるように、少しの動きにも対応してある豊胸バッグになっています。しかし、横担ってしまいますと、形が変わります。

バッグが上下対応のために、左右対応になされていません。そのために、横になったときにはバッグが動きません。結果、不自然に見られてしまうことが考えられます。

生理食塩水の豊胸バッグをご説明いたします。豊胸バッグの中身が生理食塩水になっています。

現在使用しているものは、ソフトコヒーシリコンが多いです。ですので、現在では生理食塩水はあまり使用されていません。


生理食塩水をもれにくくするために、材質が硬くなっています。結果、触った感じも硬く、柔らかなバストにはなりません。また、破損しやすいといわれています。

デメリットが多いために、行わなくなったクリニックがほとんどです。

バストや体質によって術式が変わってくるとは思います。しかし、リスクが高くトラブルの起きやすい手術を進めて来る医師もいます。

0 Comments >

0 Like

シリコンバッグでのリスク

豊胸手術でのリスクをご紹介します。

テレビ出演されているヴァニラさんのように、バストを大きくしたいとお悩みの方は多いでしょう。


確かに女性であれば、それなりの大きさは欲しいですよね。豊胸バッグはただバストを大きくするわけではありません。

それなりにリスクがつき物になってくるのです。シリコンバッグでの豊胸手術は行う方が多いです。

しかしとてもリスクが高く術後にトラブルが起きやすいです。豊胸バッグのリスクをご紹介したいと思います。


シリコンバッグで気をつけなければいけないことがあります。それは、半永久的だと思ってはいけないことです。
半永久的に維持できると思いがちですが、シリコンバッグは人工物のため体内では異物認識されます。そのため、拒否反応や異物から守ろうという反応が起きます。


ですので、拘縮が起きたりしこりが出来る場合もあります。また、術後の痛みがひどい方が多いです。痛みに弱い方は、ダウンタイムがとてもつらいものになってくるでしょう。

体質や医師の技術次第で変わってきます。名医をご選択になさって、少しでもリスクを回避してください。

0 Comments >

0 Like

ダブルトリートメント豊胸とは?

ダブルトリートメント豊胸術とはどのような術式なのでしょうか?


名前の通り、ダブル=2回手術を行います。

ですので、切開する箇所も1箇所を2回切開を行います。1回目の手術で、生理食塩水のテクスチャードタイプを挿入します。

2回目の手術の豊胸バッグよりも、大きめのサイズになっています。組織を広げるために行います。
3ヶ月前後しますと被膜拘縮が起こり始めてきます。

被膜拘縮が起きることで、バッグを除去しても被膜は残せます。その被膜拘縮が起きている空洞の部分に2回目の挿入を行います。


2回目の豊胸バッグは1度目よりも小さめのものです。
種類は、コヒーシブシリコンバッグです。大き目の空洞に挿入することで、自由自在な自然な動きや揺れが起きるようになります。

だいたい通院は1年前後は定期健診でかかります。しっかりとアフターケアもしてくれますので、安心して行えます。

場合によってはバストの状態と術式が合わないこともございます。
無理矢理行ってしまいますと、綺麗なバストにならなくなってしまいます。

女性にとってバストはとても大切であり重要です。リスクも含めた上で施術をご検討なされるようにしてください。

0 Comments >

0 Like

豊胸バッグは半永久的ではない?

シリコンバッグが破裂してしまい、パニックになってしまった国がございます。


それほど、体内で異物が破損してしまうということはリスクなのです。


バッグを挿入する際には、皮膚を一部切開を行います。切開を行うために、傷跡が残ってしまいます。

バッグを挿入する際には、傷跡はどうしても残ってしまうということです。


しかし、目立たずに最小限に抑えることは可能です。縫合技術のある医師を選ぶことがとても大切になります。

バストに埋め込む豊胸バッグの種類はいくつかございます。半永久的に保つという医師もいます。


しかしそのようなことは絶対にございません。やはり、人工物ということもあり、時間がたって劣化します。

劣化してきますと、メンテナンスが必要になります。再度、手術を行わなくてはいけないということです。

また、破裂してしまったり合併症のリスクもございます。

リスクがないように書いてあるHPもありますが、それは信じてはいけません。

リスクも承知した上で術式をご選択なさってください。

0 Comments >

0 Like

豊胸手術の際に切開する部位は?

豊胸手術の豊胸バッグ挿入時に、どの部分を切開して挿入するなど術式によって変わってきます。


豊胸バッグの傷跡についてご説明いたします。豊胸手術を行う際に、皮膚を切開します。

だいたい切開範囲としては3cm前後になります。豊胸バッグが挿入できる程度の切開ということです。

切開する部分はいくつかございます。

脇のシワに沿って切開を行い挿入する”腋窩切開”
乳輪の下縁部分を切開して挿入する”乳輪切開”
アンダーバスト部分を切開して挿入する”乳房下切開”

だいたいの切開は傷跡が目立たない部分を切開します。


傷跡はわかりにくいですが、ケロイドになってしまいますと大変です。

例としては、豊胸バッグを何度も入れ替えしていて、切開する箇所が同じだったために、ケロイドになってしまいました。ケロイドが硬くなってしまい腕が上がりにくくなってしまった。などといったトラブルもございますので、何度も行うことは危険です。

大胸筋下法供述の場合には、脇の切開乳腺下豊胸術の場合には沸き切開や乳房下切開を行います。
切開法は目立たないから大丈夫。という医師もいます。

しかしそれが症例数が少なく、形成外科認定医でもない学会研究もしていない意思が言っていたらどうでしょう。説得力がないといえます。

0 Comments >

0 Like

日本人のバストにあったマシュマロ豊胸バッグ

マシュマロバッグは、とてもやわらかいのが特徴です。豊胸手術をする際に、問題点として挙げられるのが、皮下脂肪です。


日本人は、皮下脂肪が薄いと言われています。皮下脂肪が薄いと、豊胸バッグの形が浮き出てきてしまうことがございます。

また、感触が硬く不自然に成ってしまうことがございました。

原因は、日本人向けにデザインされた豊胸バッグでないためです。
西洋人とバストの形状が違うために、ことのような問題点が出てきます。

アメリカの場合には、ある程度の大きさのバストを、もう少し大きくしようというために行う方が多いとされています。

ですので、それなりの構造の豊胸バッグになっています。
アメリカの手術では、形を維持するために、硬めの豊胸バッグが使用されています。

また、その状態を維持するためにもしっかりしたものになっています。ですので、日本人には適応しない方が多かったと言えます。

マシュマロバッグは、フランスのメーカーが製作しています。
柔らかさを追及した豊胸バッグになっています。

ですので、皮下脂肪の薄い日本人のバストにも適しています。フランスは痩せ型の方が多いために、日本人と似ている部分がございます。そのために、日本人でも同じような効果を感じることが出来ます。

0 Comments >

0 Like

次世代豊胸って何?

”次世代豊胸をご存知でしょうか?


”豊胸バッグの手術を考えている方に対して、是非お薦めしたい治療です。

従来の豊胸バッグとは乳腺下法、筋膜下法、大胸筋筋膜下法などが選択されてきましたが、一長一短ありました筋膜下法のデメリットは出血、ダウンタイムが長い事、筋膜の欠損、触感が硬くなるなどがあります。

そのため、こういったデメリットを改善するための術式が次世代豊胸と言われる豊胸バッグの挿入方法なのです。

バストの立ち上がりがなだらかになりますので、リップリングも回避することが出来るようになります。感触が良いのも特徴的です。

豊胸バッグの整形では、豊胸バッグ、脂肪注入に関わらず、安い病院で失敗してしまう方がたくさんいらっしゃいます。

なので広告に釣られず是非、良い病院、クリニックを選択してください。


0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top