2015/1

夢は、おおきく☆



以前、盲学校ママtalkとして
書かせて頂いた記事がコチラ↓
なのですがそれに対して義理の母から
助言というか「遠慮する事じゃない」
というアドバイスを頂いたので載せます。


***


「週2受け入れなんて遠慮することじゃない。
健常児の幼稚園は週5が当たり前なんだから、
盲学校の幼稚部も週5を目標にして、
今後は話を進めていきなさい。
ハナっから目標下げてどうするの?
今まで以上に行政にナメられるよ?」


その義母の発言に対しての
盲学校ママさんからの意見がコチラ。


「確かに。現時点で
幼稚部があれば在籍したい方が二名。
週に何日か通園したい方が多くいれば、
やっぱり幼稚部が理想ですよね。」

「知らず知らず校長に洗脳されてました。」

「龍くんのおばあちゃん、
気付かせてくれてありがとう。」


また、在校生ママさんからはこんな意見も…


「週2は最低ラインの話では?
幼稚部作るのであれば、
週5受け入れ体制は整えて貰って、
そこに週2以上通えるのが入部の条件
になるのかなと思ってましたf(^_^;」

「未就学児ママさんだけでも意見は
上げて貰っていいと思います。

私としては、それに現実味を重ねる為にプラスして
幼稚部の時期を過ぎた経験者の意見を入れて、
まとめられたらなと思っています。
実は、幼稚部については学校を卒業した
ママさんからは、若干の反対というか、
心配する意見もあるんですよね。

『幼稚部が仮に出来たらそれを逃げ道に、
健常児の幼稚園が受け入れを
真剣に考えなくなる恐れもないですか?』

と。」

「また、そうなるとたんぽぽ教室も
なくなるかも知れないですしちょっと、
そういう擦り合わせの意見もいるのかなーとか。」


その意見も義理の母に伝えました。が、


「甘い、甘い。さっさと署名活動して
岡山県なら県庁か。そこに署名持って
ママさんみんなで行かないとダメじゃわ!!
直接、訴えかけないと行政は動きません!
会議中だなんだと、のらりくらり
かわされて相手にしてもらえないよ。」


仰る通りです、お義母さま( °_°;;; )
ですが最年少ママの私があまり
しゃしゃり出ない方がいい事もあります…


「最年少だの関係ありません!!
しゃしゃり出なきゃダメです!
人目を気にしていたら
出来ることも出来なくなるし
可能性を簡単に潰しちゃダメ!」

「盲学校に幼稚部が出来たとしても
それを行政側が逃げ道にして
健常児の幼稚園が受け入れを拒否する、
そんなことは絶対にあってはいけません。

そもそも目の不自由な子だけ、とかの話ではなく
他の障害児も対象にしてもらわないと意味がない!
そういう事も視野に入れて私も美作市に
訴え続けて来ています!なのに!
龍真だけ受け入れるとか何考えてるのか!!」

「なっちゃん1人だけでもいいから
動けるところから動きなさい。
行政が絡んできたら私が出るから。」


お義母さん…(∩´͈ ᐜ `͈∩)心強いです。

姑×嫁としては、、
ちょっと思うところがありますが
こういう時は強く出て頂けるので
世間体を気にする実母とは違う。


「なんで誰もしてないことを
私がしないといけないの?」

「別に私がしなくても
他に誰かしてくれる人は
いるでしょう。」


と実母みたいな事は絶対に言わない。


「私達がしないと誰が動くの?
身内に障害者がいる以上、
動くのは当たり前だし義務です。」


義理の母の
この言葉に勇気付けられて、
今の私がいます。

龍くんが産まれた時から
これは私に課せられた義務であって
代わりの人なんていないんです。

協力者はいますが
母親は私1人だけ。

龍くんや、その他
色々な病気や障害を抱えた子にとって
より住みやすい岡山県にすること。

それが今の私の第一目標です。
「夢は、おおきく☆」

もちろん私一人では
岡山県に太刀打ち出来ません。

今、ブログを読んでくださっている皆さまの
お力をお借りしなければいけない時が
この先出てくるかもしれません。

そのときは、どうか力を貸してください。
ほんの少しだけでも良いんです。

★また、岡山県以外(他県)の
盲学校幼稚部に通園されている方、
幼稚部関係者様がいらっしやいましたら
コメントかBBSにて様子を教えて頂けると
助かります。ご協力宜しくお願いします。


***


健常児、病児、障害児が
共に過ごし、共に支え合える環境が
1日でも早く整うことを願って……



end.

3 Comments >

15 Like

チラシの行方。


美作市が、
またやらかしたようです(((;°-°;))))

実は以前から義理の母と私の話の中で
「おかしいね」と薄々、感じていた事が
明るみに出たという事になります。

『がんばりっこ仲間』

の活動資金から作られている、
がんばりっこ仲間のチラシ350枚が
行政に手渡した1年前から行方不明です。

image1.JPG


がんばりっこ仲間のHPでは
チラシ配布・掲示場所一覧に
下記の画像のように紹介はされていますが
実際は350枚のチラシは行方知れずです。

image1.JPG


チラシを作る過程にもお金がかかっています。
それを全国に届ける為にも送料がかかります。

メール便1cm以内82円で発送可能ですが
10箇所に送付となると820円かかります。

『がんばりっこ仲間』代表の
林さんをはじめとした、サポートスタッフは
『がんばりっこ仲間』の収益から、
お給料や謝礼などは出ていません。

林さんが立ち上げた『nextA』という
ブランドの売り上げも全て活動資金に
充てられています。


***


今回の件が明るみになったことで
私の方から林さんにHPからの削除依頼を
お願いすると同時に謝罪しました。

ただ、林さんが心配されていらっしゃるのが

「その紛失したチラシを探している間に
必要としている方に届くはずの
チャンスがなくなる方が悲しいので、
見つかった分はその分で配布していただき、
見つかるまで、新たにお送りする分置かせて頂く。
というのもひとつの案ですよね。」

ということで、私4月から動きます!
口ばっかだけじゃなく、行動に移します!

といっても龍くんの通園やら何やらが
落ち着いてからになると思うので、
正確な時期は今はまだ何ともいえませんが
動かないと何も始まらないし変わらないので。

パートは時間的に厳しいし、
お金にはならないけれど
ボランティアも社会貢献ですよね☆

今年の目標୧( ⁼̴̀ᐜ⁼̴́)૭
『口先ばっかりではなく、行動に移す!』


***


担当保健師さんからは

「なっちゃん、無理はしないように。」

精神科の先生からは

「ボジティブシンキングを目標にしよう。」

ええ先生、私、頑張ってみます!
今自分に出来ることを見つけて
足引っ張らないようにやってみます!


***


盲学校幼稚部の話も
先輩ママさんを筆頭に徐々にですが
進んでいっています。

署名活動はまだ先だとは思いますが
その際は、ご協力頂ければと思います。


***



なぎチャイルドホームにて
『ほっこりほっとカフェ』を開催します。

詳細は下記のURLより↓↓

我が子の成長・発達に不安があったり、
障害児を抱えている、お父さんお母さん同士、
日頃の悩みや思いをお茶を飲みながら
気軽に話しています。

私も参加予定です(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ
ボランティアさんや保健師さんなど
大勢来てくださるそうです。

託児もあります。
この機会に是非ご参加ください♪

image3.JPG



iPhoneから送信

0 Comments >

4 Like

美作市の現状etc.



美作市の福祉課上層部では

「とにもかくにも、H保育園(地元の保育園)に
龍真くんの受け入れ態勢を強化&調整して、
何としてでも龍真くんを入れるように!」

との話が出ているようですが(情報元は秘密)、
龍くん1人受け入れたところで丸く収まるなんて
甘っちょろい考え方、どうにかして頂きたいです。

居合わせた保健師さん達や
一緒に活動して下さっている方々は、

「そういう意味で活動してるんじゃない!!
龍くん一人の為だけの話ではなく、
聴覚障害児や身体不自由な子の受け入れも
可能にしてもらわないと意味がない!」

と、一悶着あったらしいです…。

キッズみのりに行かれてるお子さんの内、
4名は美作市の方だとお聞きしました。

美作市内の幼稚園の受け入れ態勢が
整ってさえしていたら龍くんだけじゃなく、
キッズみのりに今現在通園している子達も
入れたのに…

なのに「龍真くんだけ受け入れ可能にする」って
言い方悪いけど、馬鹿じゃないですか??

そもそも、一番最初の時だって

「美作市内の保育園では前例がありませんし
何かあったとき、責任取れませんから…」

と言われ、キッズみのりに見学行った後日、

「なんで地元の保育園に行かせずに
津山市の施設に通園させるんですか?」

はぁー!?美作市が!園が!
最初にダメだって言ったじゃないですか!!

的な内容をオブラートに包んで、
担当保健師さんを通じて断って頂きました。

蓋を開けば
次から次へと問題が出てきます。

岡山市の支援課と岡山盲学校の校長は
「予算がですね〜…」の繰り返し。


***


義理の母のメールより抜粋。
美作市の現状の一部です↓


盲学校の中に幼稚園の部が必要なら、
県立だから県庁に言って行くのと、
普通の市立の幼稚園に受け入れがないなら、
市役所の福祉課や教育委員会に言っていくのを
同時進行すべきでは??

美作市が今していることといえば
美作市は全くと言っていいほど、
障害児に対して受け入れがないので、
当たり前の教育を受ける場が
与えられてないのはおかしい。

全部の幼稚園に、
障害児の受け入れは難しいだろうから、
『市ではこの幼稚園で、受け入れましょう』
という幼稚園を一ヶ所作ってほしい。
それには、専門知識の持った保育士をちゃんと
配置してもらい、岡山盲学校や専門施設等の連携を
とってほしい等、教育委員会、福祉課に
訴えて来ました。

市議会の議員にも話を訴えて賛同して頂きました。
議員さんも一緒に福祉課に行ったら、
対応が変わってきました。
その方は男性だったので、
母親の気持ちのわかる女性議員にも
訴えて賛同してもらい、
市議会にとりあげてもらうようにしました。

私は健常児と一緒に過ごし、
遊んだり勉強するのが一番だと思います。
自分の子供に対して、卑下する必要はないし
大人が健常児と同じように
生活できるよう周りが環境を作ったり、
機会を与えてあげる努力はしないとね。

今すぐは無理でも、これからの若い人達のために、
行政がきちんと向き合ってもらわないとね。
岡山市は規模が大きいから更に大変だろうけど、
やはり当事者の家族が動かないと、
上まで思いは伝わらないしね。


***


私は言語力に全く自信がありません。
頭の中では行政や自治体に伝えたい事が
山ほどありますが、それを言葉にして
伝えることが苦手です。

でも、それでも、
私の活動を見守ってくださり
応援して下さる方が
1人でもいるのであれば、
私は頑張ることができます。

「龍真くんに会いたい。」

ただそれだけの想いで
はるばる熊本県から岡山まで
会いに来てくれる方もいます。

感謝、感謝、ひたすら感謝です。
ありがとう。


***


前記事にも書かせて頂きましたが、

ほっこりほっとカフェ(2月3日)
なぎチャイルドホーム内にて開催します。

HPには美作市、勝英にお住いの方
と書かれていますが津山市、岡山市に
お住いの方も参加可能だそうなので、
この際に是非、ご参加ください♪

ほっこりほっとカフェは
毎月一度開催しております。

告知は毎月、
このブログでさせて頂きます。

当日、とびこみ参加もok☆
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

0 Comments >

9 Like

ほっこりほっとカフェ



2月3日(火)

10時〜12時 (9時半より受付開始。)

参加費/50円 (飲み物代)

場所/岡山県勝田郡奈義町豊沢430

http://www1.ocn.ne.jp/~nagi-toy/

なぎチャイルドホームにて今年度3回めの

『ほっこりほっとカフェ』を開催します。


我が子の成長、発達に不安があったり、

障害児をもつお父さん、お母さん同士、

日頃の悩みや思いをお茶を飲みながら

気軽に話しています。

興味、関心のある方どなたでもOK!

ご参加お待ちしています。


お問い合せは、どんぐりの会事務局

西『09068372639』までお願いします。

詳細は下記URLより↓↓

http://www.min-sho.com/?p=745


今回、こちらの西(にし)さんに

情報提供を依頼されて、

『ほっこりほっとカフェ』

の記事を書かせて頂きましたが

くれぐれも、悪戯電話や誹謗・中傷などは

ご遠慮下さいますよう宜しくお願い致します。


***



『みんなでしょうえい』とは??

市民活動団体の能力向上支援、
新団体設立支援を通じて、
地域の様々な諸課題を解決する
中間支援組織です。

(NPO法人認証申請中)

より抜粋させて頂きました。


***


『ほっこりほっとカフェ』には

託児がありますが、申し込みの際に

年齢と性別を教えてください。

飲み物などがありましたら、

ご持参ください。

締め切り/1月29日(木)


***


私のブログを見て下さっているママさん、
障害や病気を抱えた子で悩んでるママさんへーーー

以前は、龍くんを見た子達の反応が怖くて
私自身、外出できない時期がありました。

子供たちって純粋かつ、ストレートだから
見たままのことを言葉にしてしまうんですよね。

龍くんの場合だと、
「どうして、お目めが白いの?」
「お目め、青いね〜!」

私は何て説明したら良いか分からなくて
盲学校の先輩ママさん達に聞きました。

「こういう時って、
どう返したら良いんですかね?」

って。そしたら、

「『○○ちゃんは苦手なことある?』って聞き返すの。
それで例えば『走るのが苦手』って答えたとして
『そっかぁ。あのね、このお兄ちゃんはね
物を見ることが苦手なの。』って返したらよくない?」

なるほど〜納得。。

「私はそれで今まで乗り切ってきたからね〜!」

母は強し、女は強し。
母親の役目は子供たちが生きる手助けを
精一杯してあげることだと、ある書籍に
書かれていました。

そこで、私の好きな言葉を贈ります(⑉• •⑉)‥♡
辛くなったとき、私はこの言葉を思い出して
今のところ挫けずに頑張る事が出来ています。


***


たいへんなのは
みんなおんなじだよ

育児のことで悩んでいるママたちは
きっとたくさんいるんだろうな

でも、ひとりで頑張らなくていい
ひとりじゃないよ

時には弱音を吐いて
他人に助けを求めてもいい

病気だって
障害を持ってたって

同じ子供たちだから
同じ母親だから

どうか目をそらさないでほしい
自分には無関係だと思わないでほしい

ママたちのいちばんの味方は
同じ気持ちをわかりあえる
ママたちなのかもしれないね


上記の文面は、

〜初めてママになるあなたへ 9.2%からの出発〜

より抜粋させて頂きました(∩´͈ ᐜ `͈∩)


***


話が脱線してしまいましたが、
『ほっこりほっとカフェ』
気になる方は是非参加してみて下さい。

今のところ特に用事もないので
私も参加の予定です。
もし気付かれた方は声掛けて下さいね〜♪


0 Comments >

7 Like

OTへの不満。



前記事にも出てきた、
Kちゃんママさんと話したんだけど
OT始めてからもうすぐ1年経つのに、
全く変わり映えのない内容で
ずーっと同じことしています(´xωx`)


主治医の先生のお話では
トイトレや食事面のサポートなり
して頂けるお話だったはずなのに
それ、全くして頂いてないですから。


40分のリハビリに
片道2時間かけて行っているのだから
責任持ってしっかり指導して頂きたい。


正直、今やってるOTの内容なら
『家でも出来る』


食事面のことを相談した際も
「お菓子、一人で食べられるかなぁ?」


そう言って、お菓子をお皿に出して
龍くんが手で食べる様子を見て
「すごーいっ!できるじゃん!!」


褒めれば育つ、とかいうけど
褒めちぎればナンボという訳でもないし
お菓子ではなく食事面においての指導を、
とお願いしてるのに、一歩も進まない。


トイトレに関しては
「とりあえず1ヶ月間、
オムツを替えの記録をして下さい☆」


それ以降、トイトレに関してはノータッチ。
OT担当者からは何も言ってこないし、
1年以上経ったから記録もどっかに行きました。


OT担当者によって違うの??
旭川荘の作業療法士の方針??
そもそも旭川荘の方針??


なら歯科の先生に継続で
摂食してもらった方が良かったなぁ
とか思いつつl||li(っω`-。)il||l


モヤモヤするんよね。。

0 Comments >

6 Like

Scroll
to Top