2016/10

幸せは誰の家の家を叩くの?

幸せといえば、誰が羨ましくない憧れない、誰、誰にせられない。国や民族にとって、幸せとは、国強民富繁栄、調和、団結の希望美白療程、家族にとって、ほしいのは子供が幸せな子供時代、幸せな少年、幸せな未来の希望は結婚の靑年の男女を持って、幸せな愛情で、完璧な家庭です;各業種、各種の働く人々は、誰を渇望しない自分の勤務先や部門、雰囲気のような太陽の光が輝いて、これからと、自分の気持ちがよく、仕事の顺調。人生が「夕陽無限に無限」段階の老年友達、自分の健康、家族のむつまじくを希望する。どうやら、幸せと人生、親密度が非同。
でも、価値観がある人は、「幸せ」という言葉の理解と態度が落とし穴に入ります。
中にはゲーム物欲が強くて、人と富を生命を買って、高級車、住む別荘、表示、富貴は人生最大の幸福をひけらかす。その中のいくつか人はどんな歌も撮影の絵、オフィスや、開の講座作場報告、全て金作チップ限り、低価格を開いて、お金を少なくなった、すみません、「バイバイ。ある人はなぜこのように、彼らの顔は赤くない、心は「直言相グロスター」:「自分の生活のためにもっと幸せに生活している。」また、イメージキャラクターとしても、自分の製品は本当理大騰訊にうそは、優は劣り、毒毒がない限り、ばっさりの出演料を入れる袋、力をふりしぼって、喃喃こもっ「持つべきもの」、「信頼できる」。そのようなので、言うまでもなく、いわゆる「個人の幸福を追求するため」、また食べた偽Yなら死人で、悪質化粧品が変形、食用したスーダンH、トリポリQアンモニア、赤身J会病原、危害民衆からは子孫の体の健康、は全然いない。そしてさらに、一部の役職者、清廉潔白はず、愛民を民、庶民の寒さと暖かさを念頭に置いているが、彼らの表面舌を振る話し、大特講し人民の公僕頭を下げる甘を孺子牛、裏では手に握る権力を利用して、知恵を絞ってに捞钱、これで不義の金を飼う恋人、購入別荘豪車、宝石ダイヤモンドを子女海海外留学、針で掘って鍬で埋める。この人、いろんなお金を手に送って、いつもますます多くのお金をあげて、いつも多くの人が来て、来て、いつもと喜びます。」
実際、1人の本当の幸福、個人的に属陳柏楠するだけではなくて、個人的に。マルクスは、「歴史はそれを共同の目標として、自分が高尚な人称を最も偉大な人物になって、経験が多くの人に幸せをもたらす人は最も幸福な人だと言われている」と語った。」唐代の詩人杜甫は雲があります:「不安が広い建物千万の間、大避天下貧乏紳士倶に笑顔が映った。」事実がそう、戦争当時、無数の人は自分の靑春と生命を救う負け碁の打ちよさ、国家と民族の滅亡に瀕する。建設プロセスにおいて、研究者は科学技術の難関を突破するため、正確なデータを求めて、忘れることがなく、頭の中で髪が白髪になって、まだ恨みはあります。農業の専門家は食糧の増産の豊作になるため、深く圃場の地頭、ぼる、科学の実験、名利にこだわらない、講。先生、畢生の先生、畢生の精力を講壇に捧げます。
幸せを鳴らす家は誰?幸せを鳴らす離れ民宿のドア。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top