パリ旅行の終わり


私のベルサイユ宮殿のツアーは終わりました。その後にツアーで知り合った素敵なお姉様とマリオットホテルの中庭カフェでお茶を頂きました。このお姉様の今回のパリ旅行のお目当てはファッションガラだそうです。このマリオットホテルにもモデルらしき女性が炭酸水を飲んでいます。カッコイイ😍
私が泊まっているホテルとは全然違うわね。彼はホテルにもこだわりがあるけど私は温かいシャワーとベッドさえあれば十分なんです。お姉様はこのホテルに部屋を押さえたまま、明日は田舎の方の古城ホテルに行くんですって。色々な過ごし方があるわねぇ。
私のパリ旅行記も終わりです。女1人でパリ旅行も楽しかったです。このまま、彼が住むイスタンブール に寄って帰ります。外国に来て、隣に彼がいないのはやはり寂しい。でも私は彼に合わせたりせずに、自分の行きたい所へ、自分が好きな時に出かける。彼は私がそうすることを望んでるし。お互いに大人なんだから、お互いを尊重しましょう。するとね、会えない時間があったから、彼にもっと優しくなれる。

1人旅は寂しくない?と思う人も多いでしょう。でも、世界って1人でいる人の方が話しかけやすいとか、出会いがある。危険な事もあるのでそれは慎重さが必要だけど。いい人もたくさんいる。たくさんの人と出会う事で自分の世界が広がるし、成長も出来ると信じてる。彼と行く旅も大好きだけど、1人で行く旅も大好き❤
フランスは美しい国で大好きな国の1つ。どちらかと言うとアルザスの田舎方面の方が好きだけど、パリも素敵な思い出をくれました。やっぱり、ルーブル美術館はぜひもう一度訪れたい!おみやげ持って彼のもとへと向かいます。
読んでくれてありがとうございました。

次はどこへ行こうか??



#総評 #休暇 #ヨーロッパ #お気に入りの場所 #彼のもとへ行こう #絶対また来る #慎重に #楽しかった #世界遺産 #終わり #海外旅行 #1人旅 #フランス #パリ

0 Comments >

0 Like

パリのマルシェ  ガレット美味しい😊

ベルサイユ宮殿のツアーはわずかな時間で終わりです。ツアーは行くのは楽なんですが自分のペースという点では残念なところ。
その後は、パリのマルシェ散策というもう1つの観光をしに行きます。パリの外れにある、本当に市民の方達が買い物をするマルシェでした。これは何なの?というような野菜やハーブ。
おみやげかな?
チョコレートショップなどもあり、試食させてもらいました。この時でお昼くらいだったかな。
アクセサリーだと思うんだけど、この辺は興味無くてスルー。チーズやバターなど、洋服なんかも売ってるんです。市内にはギャラリー ラファイエットを始め、デパートなんかもあるけど外食費の高いパリは自宅で料理するのかな。新鮮な食材が手に入るということでマルシェも人気なんです。
この可愛らしい卵はクレープ屋さん。私はガレットを注文しました。なんか、パリではガレットを頼まなくちゃ!と思った😊蕎麦粉のガレットはクレープよりパリパリしているような気がしたわ。頼んだのはマロンクリーム😃パリの人達はマロン好きみたいで、この季節の1番人気だと言ってました。日本の旅行会社のツアーが来るので、日本語のメニューがあるんだけどクレープ屋のおばちゃん、日本語が読めない。結局は口で注文になります。
ね、日本と比べると包み方も雑よね。なんか、外国で買った感が出ているでしょ?ガレット生地にはあまり味がないのかな。マロンクリームの甘さが広がって、またこのマロンクリームが美味しかった!今日のお昼ご飯はこれで満足しました。
この日はシェフになるための専門学校生が試食を配っていました。キュウリのスープ、美味しかったわ。君達の将来が楽しみです。もちろん無料で配布です。ちゃんとコックさんの帽子をかぶっているところが可愛いわ👨‍🍳
まぁ、野菜や果物を買っても持ち帰れないし、チーズやバターは要冷蔵なので、特に買い物はしていないけど、ここは見れて良かったです。1人じゃマルシェには来なかったでしょうから。
この後、私達のツアーはオペラ座付近で解散となりました。希望する人は香水博物館に行くことも出来るみたいでしたが私はもう疲れてしまったので、香水博物館はパスです。







#バター買って帰りたい #散策 #女子旅 #1人旅 #海外旅行 #地元の人の生活 #美味しい #マロンクリーム #ガレット #ツアー #観光 #マルシェ #フランス #パリ

0 Comments >

0 Like

ベルサイユ宮殿④ 内部見学だけでヘトヘトだ😅

ついに来たわよ。鏡の間です。
ベルサイユ最大の見どころとあって人が多い。ここは鏡の間って言うけど回廊なのよね。王の部屋と王妃の部屋を結ぶための回廊ですって。ここを通る王様を見ようと人が集まって来ていた場所です。
幅10m  長さ75m  高さ12m。なんか75mも歩いて奥さんの部屋に行くのも面倒だよね。
窓と鏡でもっと広く見える。人も多く見える😨
天井画はルブランですね。鏡の数は578枚‼️
ここをマリーアントワネットの仮装して歩きたかったなぁ。「ごきげんよう」とか言ってさ。このシャンデリアもすごいでしょ?少し前に逃亡犯になったゴーンがパーティやってた。個人的に借りる事が出来るんだね。ま、ヴェルサイユ条約の調印でもここが使われていたから、何かと歴史深い場所ですね。
天井画はルイ14世の様々な功績を描いた物です。描くのも大変だったと思う。
王の寝室です。私が訪れた時は修繕が行われていたので王妃の寝室は見学できませんでした。何から何まで人に見られて生活していた王様。私だったら気が狂うかも。
ここは鏡の間のちょうど裏側なんです。ルイ14世はこの部屋で亡くなりました。朝起きると大臣達がズラズラっといるなんてゾッとしちゃう。
階段もうっとりする美しさでした。駆け下りるのではなく1段ずつ優雅に進みたくなります。ベルサイユにはたくさんの部屋があって、ものすごく歩いて見ているけどツアー参加は時間に限りがあり、全部をゆっくり見られないし、今回は庭園の見学も出来ていません。こりゃ、絶対にリベンジする必要があるわね。
そんなに有名な人ではないけど、ルイ14世の娘だとか孫娘なんて、誰とでも結婚出来る訳ではなくて、外国の王家にも人数に限りがあって、可哀想なお姫様達もいたみたいなの。ルイ14世はプレイボーイだったから、庶子なんてたくさんいたのよね。
内部を見て回るだけで結構疲れた。連日の観光疲れでヘトヘト。

彼が私と観光に行くのを嫌がるのは、がむしゃらにあちこち行こうとするからなんだな。せっかくの休暇に疲れてはダメだよね。って言ってる。ゆっくりお茶を飲む時間もとって、1日1箇所くらいのペースでゆっくり、時間をかけて。
彼は次は日本の温泉に行きたいって言ってます。













#シャトー #パレス #1人だって平気だもん #女子旅 #1人旅 #海外旅行 #ツアー #観光 #王の寝室 #ヘトヘト #世界遺産 #豪華絢爛 #鏡の間 #ルイ14世 #マリーアントワネット #ベルサイユ宮殿 #パリ #フランス

0 Comments >

1 Like

ベルいい宮殿③ これじゃガイドブックじゃないか!

私の彼は観光するタイプの旅行は好きではありません。旅行の時は動き回るのではなく、身体をゆっくり休ませたい。なので大抵はビーチリゾートになっちゃうんです。カジノとかは行くんだけど。美術館に行きたい、と言うと「いってらっしゃい」って。うーん🧐私は一緒にもっと色々行きたいのに。
マリー•アントワネット。この絵画は有名ですね。本物はここ、ベルサイユ宮殿にあるんですね。
ルイ16世のお妃としてオーストリアからお嫁に来ました。ベルサイユの王家の生活は眠っている時も食事の時も着替えまで他人に見られる文化がありました。最悪😓そんな時代、パリ市民の中で王制廃止を唱える人が、我々が苦しい生活を送るのは王妃の贅沢が原因だと言い出したのです。それが、フランス革命に発展するのです。
さぁ、ベルサイユ宮殿の続きです。この天井画はマルスの間の物です。マルスと言ったら「軍神」ここは、衛兵達の控えの間として使用されたそうです。
この部屋、絵画だらけだったのよね。1枚1枚見ていたらここに宿泊することになりそうだったのでやめます。

続いては「メリクリウスの間」ここもつまりは、、すごく豪華な部屋でした。盛儀用の寝室です。ルイ14世が死んだ時に遺体を安置していた場所だそうです。

「2羽のニワトリに引かれる戦車に乗ったメリクリウス」

この部屋にはカラクリ時計が置かれていました。アントワーヌ•モランがルイ14世に贈った物だそうです。ルイ14世の像と女神が時間になると降りてきます。

こちらはカラクリ時計の隣に飾られていたルイ15世の肖像画です。彼は5歳で国王になったのよ。

次は「戦争の間」です。オランダ戦争でのルイ14世の勝利、そして「ナイメーヘン和約」"テーマにしているんだって。なんのこっちゃ??大きなメダイヨンなんですよ。コレ!ローマ皇帝の扮したルイ14世ですね。この人、大きく見えるけど本当は160cmあるか、ないかの小柄な人でした。


窓からちょっと庭が見えました。誰もいませんねぇ。有名な庭園ではないのかな?

なんか、細かくて、長くて私なら絶対読まない記事になってしまった。ガイドブック見れば済むもんね。私は自分が感じた事を書くようにします。
海よりも深く反省😳
ベルサイユ宮殿と言ったら私のイメージではマリー・アントワネットだった。でも来てみるとそこら中が太陽王、ルイ14世なのよね。日本とフランスでは違うのかな。次回は鏡の間に行きます。

#豪華絢爛 #彼氏興味なし #反省 #女子旅 #1人旅 #海外旅行 #世界遺産 #ツアー #観光 #超混雑 #改装中 #悲劇 #カラクリ時計 #ガイドブック #ヨーロッパ #パリ #ルイ14世 #マリーアントワネット #ベルサイユ宮殿 #フランス

0 Comments >

0 Like

ヴェルサイユ宮殿② フランスの絶対王制をなめるなよ!

ベルサイユ宮殿、日本ではベルサイユの薔薇を思い出す人が多いでしょう。「オスカル❗️」「アンドレ❗️」ってやつ。見たことないけど。
1682年にルイ14世が建てたお城、palace もしくは、chateau どっちが正解なのか知らないけど、年間に世界中から600万人が訪れるので、シーズンオフなんてないそうです。いつ行っても混んでるとの事です。室内装飾はル•ブラン、庭園はル•ノートルが設計しました。建物は忘れました。ここはね、王様とその臣下が一緒に住んでいたのよ。彼らは生活の全てが絶対王制で、そのせいで様々なエチケットだとかマナーが生まれたの。
まずは入り口でオーディオガイドを受け取ります。ちゃんと日本語ですよ。チケット代に含まれていますので利用しましょ。まずは王室礼拝堂です。
ルイ16畝とマリー•アントワネットの結婚式もここで行われました。当時は毎朝10時にミサが行われたそうです。1階は臣下達、2階部分もあってそっちは王様とその家族専用。
こちらが2階部分。初めは1階部分の見学、コースに沿って進むと2階も見れますが入る事はできません。天井画は三位一体をテーマにした物です。「父(神)と子(イエス)と精霊のみ名によって」ってやつです。神は唯一でありながら、3っつのペルソナを持つ。それをどう絵画で表現しているのか、よく分かりません。なんせ、王室礼拝堂の外側が修理中なので暗かった。残念😅
ここはヘラクレスの間です。先程の礼拝堂が出来る前はここに王室礼拝堂がありました。完成後は国王の居間になったんです。目立つのはなんと言っても天井画ですね。フランソワ・ルモワンヌの「ヘラクレスの栄光」です。ここがヘラクレスの間と呼ばれているのは、この天井画があるからなんです。
なるべく人を写さないようにすると、どうしても上の方の写真になっちゃう。 
壁にあるのは「シモンズ家の宴」ヴェネチアのセルヴィテス修道院にあった物でトルコ支援を要請するためにルイ14世に贈ったそうです。
暖炉もすごいでしょ。フランスの冬は寒いから。
外観より、中の装飾がすごい。やっぱり絶対王制のフランス🇫🇷をなめちゃいけない。

そして、どこにでも団体で押しかける大国の方々。うるさいよ!オーディオガイドが聞こえないくらいの大声で叫ぶな!雰囲気が台無し。












#世界遺産 #ベルサイユ宮殿 #パリ #フランス

#豪華 #1人だって平気だもん #ツアー #観光 #1人旅 #ヨーロッパ #海外旅行 #ヘラクレスの間 #王の礼拝堂

0 Comments >

0 Like

ベルサイユ宮殿 今日の気分はマリーアントワネット

朝早い時間にスマホの目覚ましで起きて、まだ暗いパリの街に出ます。
もうすぐ夜明け。時間にして6時半くらいです。この時間パリの街は作業員が道路清掃をしていて、雨が降ったのかと勘違いしてしまう。毎朝、清掃しているのかな?観光都市は大変だ。
街角のブラッスリーで軽めの朝食。この時間のパリはすでに寒くて、コートにマフラー姿のパリ市民を見かける。昼間は半袖姿のヨーロピアンもいるけど。私がこんなに早起きした理由は、今日はベルサイユ宮殿に行くのです!混雑してると聞いたのでツアーで参加します。実はツアーは苦手。自分のペースでゆっくり見たいし、土産物屋に連れて行かれるのも億劫なので。
まだお店もガラガラだよ。ベルサイユ宮殿は市内から少し離れているんだよね。私はemi travelさんのツアーに参加予定。集合場所の事務所までは徒歩で行ける範囲なので行ってきます!
受付して、トイレ済ませておけと言われたので、その後は時間まで待ちです。今日の参加者は全部で17〜8人です。おばちゃんのガイドさんが一緒です。1人旅の人も多くてそのうち私を入れて4人が1人参加でした。こちらは1人参加でも追加料金はないので参加しやすかった。
バスの中で配られたパンフレット。この時ベルサイユ宮殿は改装中らしく見学出来ない場所や、ルートが変更になっている所があるみたい。宮殿までは30〜40分かかった。今日は思いっきりマリーアントワネットの気分に浸るつもり👑
バスを降りたら入場待ちの列に並びます。チケットを持っていない人はチケット売り場の列にまず並びます。ガイドさんがここで横入りしてくる奴いるから気をつけて。中国人の場合、1人横入りしたらそいつらの仲間が40人くらい付いてくるからって。一応、セキュリティがいて並べ!って注意してる。チケット買ったらそのまま入れると勘違いする奴もいる。もしかしたらわざとかも。とにかく列に並ぼうとしない奴が多い。確かに気付いたらだいぶ先まで列が出来てるんだけどね。
門とか金ピカ😳
なんか意外に地味だわね。ドイツで白亜のお城とか見たからそう見えるのかな?迎賓館だってこんな物よね?中が豪華なのかもしれないけど。いわゆるバロック建築よね。1番最初の写真の左側に突き出ている建物は大臣庁舎。門の上は王家の紋章かな?この門の前で写真撮る人多い。私達はたまたま並んでいる場所がこの前でたっぷり堪能しました。

王の礼拝堂の外観が改装中みたい。時間丁度にオープンしました。さて、中に入るとしましょう。
ちなみにガイドさんは中に入りません。ここに連れてきてくれるだけ。中は自由見学ですって。その割に高い参加費ですわね。









#青空 #1人だって平気だもん #女子旅 #海外旅行 #エミトラベル #1人旅 #パレス #ヨーロッパ #マリーアントワネット #早朝 #行列 #世界遺産 #観光 #ツアー #ベルサイユ宮殿 #フランス #パリ

0 Comments >

0 Like

こんな日本食は認めません❗️in Paris

シャンゼリゼ通りで体力を使い果たしたので、バスで戻ります。途中、ギャラリー•ラファイエットでお土産を購入しようと思い寄りました。まぁ、一応あるのよ、デパ地下みたいに簡単に食事を提供しているお店が。そこにお寿司だとか、うどんだとか日本食の店があったので入ってみました。
海外でお寿司を食べる気にはなりません。今では本当にお寿司ってどこの国に行ってもあります。サンドイッチと並んでスーパーマーケットで普通に売ってるけど、食べたことはありません。そのお店のメニューで見かけたYAKITORI。焼き鳥があるんだ!with rice って書いてあって、それが気に入らなかったけどオーダーしてみました。
焼き鳥と揚げ春巻き、私はこれにカクテルを頼んだ間抜けです。焼き鳥にwith riceの時に気付くべきだった。これは中華料理ですけど?!何が日本食よ!お茶がサービスだけど、これはつまみじゃない!よーく聞いてると、奥のシェフが話しているのはどう聞いても韓国語。パリの人達!これは日本食ではありません。と書いておきたい😱確かに鶏肉が焼いてあるけど日本の焼き鳥は違うから!
まぁ、春巻きは美味しかったけど。これにラーメンでも出せばいいのに。隣にフランス人のboyがお寿司を頼んで、一生懸命箸を使って食べてた。そんなに下手くそなら手で食べちゃえばいいのに。外食がめちゃ高いパリで非常に残念でした😵やはり海外で日本食を食べようなんて思っちゃいけないのかな??
帰りがけに見つけたパリのパッサージュです。ブリュッセルのパッサージュと比べたら暗くて小さいけど、こちらも趣きありますよね。
夜に行ったから暗く感じるのかしら?こちらのパッサージュ•デ•パラノマはパリで最古のパッサージュだそうです。切手商が集まる場所です。
たぶん、売り物では無いと思うけど。何のために飾ってあるのか、これは何なのか分かりません。ただ古い物だって分かる。
こんな場所でワイン飲むのかな?1人でも通りすがりの人を見ていれば楽しいかも。







#海外の寿司 #春巻き #8区 #パノラマ #切手商 #最古 #パッサージュ #お土産 #女子旅 #1人旅 #海外旅行 #ヨーロッパ #フランス #パリ #間違ってる #中華料理 #和食じゃない #焼き鳥 #デパ地下 #ギャラリーラファイエット #夕食

0 Comments >

1 Like

シャンゼリゼ通り  3km歩いたぞ😵


サクレクール寺院から出た目の前の広場では芸術家達が似顔絵を書いたり、自分の作品を販売しています。ここはかつてモンマルトルが村だった頃に村の中心として栄えたテルトル広場です。
ここの似顔絵の相場は30€から50€で、中には勝手に似顔絵を描いて売りつけてくる奴もいるので気を付けて。外国人達にとって日本人はカモなのよ。
でも、こういう雰囲気好きです。何も買わないし、似顔絵も要らないけど、いるだけでワクワクする。
ケーブルカーはやめて階段を降ります。私は丘の上にいたんだっけ。住んでると嫌になるけど、観光で訪れるだけなら階段も思い出になるわね。
そして•••行きと違う道を戻った私は迷子になりました。駅だろうと思った方向に進んでも駅ない😱
また階段を戻るのもしんどい。
適当に歩き続けて、疲労困憊。30分ほど歩いてタクシーを捕まえようか?と思ったら駅ありました。1駅、もしくは2駅分歩いたわね。

次に向かったのは、何となく行ってみたかったシャンゼリゼ通りです。
道路のど真ん中で写真撮影!迷惑にならないように信号が青の時にやったわよ。
パリで最も美しい通り、パリの人は世界で最も美しい通りって言うけど。でも最近ではデモの映像で有名になっちゃったわね。ここはパリの8区。マロニエの並木道で、幅は70m、長さは約3kmほど。コンコルド広場から、シャルル・ド・ゴール広場まで、カルティエやルイ・ヴィトンの本店もこの通りにあります。でも不思議な事にシャンゼリゼ劇場はこの通りにありません。
パリに来たからには1度は食べたいラデュレのマカロン。私は日本でも手に入るので素通りしました。ここはカフェも併設してるので観光客で溢れかえっていました。ま、ラデュレのショップはあちこちにあるので、ここが混んでいても問題ない。
3km歩いたぞー!昼間の凱旋門も綺麗です。屋上にたくさん人がいるのが分かりますね。パリ1番の通りなので交通量も多いです。最近では週末になるとこの通りはデモ隊が行進するそうなので、くれぐれも気を付けてくださいね。












#マカロン #ウミが恋しい #もう歩けない #疲れた #女子旅 #1人旅 #海外旅行 #ルイ・ヴィトン本店 #観光 #散歩 #世界一美しい通り #マロニエ #凱旋門 #コンコルド広場 #ラデュレ #シャンゼリゼ通り #ヨーロッパ #フランス #パリ

0 Comments >

0 Like

サクレクール寺院  キリストに捧げられた教会

いよいよサクレクール寺院に入ります。入り口に行列がありますがセキュリティチェックのための列です。入場は無料なのでチケットを買う必要もないので、セキュリティチェックを受けてしまえば後は問題ありません。
サクレクール寺院という名の建物はヨーロッパ中にあるんです。聖なる心臓という意味のキリストに捧げられた教会なんです。一般的にサクレクール寺院と言えばこのモンマルトルの丘に建つ、この寺院の事を言いますね。写真の中央にキリスト像があるのが分かりますか?片手は街を祝福して、もう片方は彼の心を表しているんだって。両脇の馬に乗ったブロンズ像は右がジャンヌ・ダルク、左は聖王ルイ9世。ルイ9世は荊棘の冠を持ってます。
入り口です。

中に入ると信徒の写真を撮影するのはNGと書かれてあったので人の頭より上の部分のみ撮影しました。中は観光客の場所と信徒のための場所が区切られています。日本人は忘れがちだけど、教会では帽子を脱ぐのが礼儀よ。
金色のモザイクはサクレクール寺院の成り立ちが書かれているそうです。この聖水盆は歴史を感じるわね。


1番の見所は中央ドームに描かれたキリストのモザイク画ですね。リュック•オリビエ•メルソンと言うパリでは有名な画家が描いた物です。モザイク画の外側の縁に字が書かれているのが分かりますか?
SACRATISSIMO から始まる文章は、悔い改めたフランスをイエスの御心に捧げる。という意味らしいです。
こちらは2つ目の小礼拝堂である聖母マリアの礼拝堂です。中央には幼いキリストを抱いて、蛇を踏んでいるマリア像があり、上の天井画は聖母マリアの昇天です。輝く光の中で6人の天使に導かれて天に昇るマリア。この天井画は素晴らしいです。ずっと見ていられると思った。実際、結構長いこと見ていました。

ここのドームは6€支払うと登れます。但し、エレベーターなしで狭い螺旋階段を300段上がらなくてはなりません。私は連日の観光の疲れが出て登りませんでした。

サクレクール寺院の情報
https://france-plus.net/basilique-du-sacre-coeur/









#無料 #ヨーロッパ #1人旅 #女子旅 #海外旅行 #白亜の建物 #ドーム #天井画 #キリストに捧げられた教会 #観光 #教会 #サクレクール寺院 #18区 #モンマルトルの丘 #パリ #フランス

0 Comments >

0 Like

モンマルトルの丘 芸術家の集まる場所

朝食後に来たのはここです!
モンマルトルのサクレ•クール寺院です。この日も空が綺麗ですね。ここはパリ市18区にあるモンマルトルの丘に立つ寺院で、聖なる心臓という意味の名前です。聖なる心臓とはもちろんイエス•キリストを指すんです。私はメトロを使って来ました。
この丘を足で登っても大したことないのですが、途中でロマと呼ばれるジプシー達、署名もらうフリしてスリを働くとか、勝手にミサンガを巻いて来てお金を要求する奴らがウヨウヨしているのでケーブルカーで登ります。ちなみにフニクレールと呼ばれています。ナヴィゴがあればそれを使えばいいので。ない場合は1.7€です。
先が見えるくらいの短いケーブルカー。隣には階段もある。そして、なかなか来ない😓
もう目の前にサクレクール寺院。すごい人😳
この階段でギターを弾き、歌っているミュージシャン、階段に座り込んでおしゃべりに夢中になってるガールズ。景色を目に焼き付けているおじさんなど、様々な人がいます。まずは丘の上からパリを見渡します。
ここは18区と市内からは少し外れた場所にあるので大した景色ではなかったかな。ただ、パリはあまり高い建物がないので、だいぶ向こうまで見渡せる事が出来ます。
このモンマルトルはパリで1番高い丘です。この付近はあまり治安の良い場所ではないですが、私が昼間に1人でフラフラ歩いていても何も危険な事はなかったです。ムーラン・ルージュもこの地区にあるんですよ。19世紀の半ばにパリ大改造の時にこの辺りに芸術家達が集まって住むようになり、モンパルナスに対抗するような芸術家の街になりました。ちなみに現在では観光地化が進み、地価高騰もあって芸術家達はモンパルナスに移って行ってしまっています。但し西の方にはピガールという性風俗店の集まる地区があるので、治安がいいとは言えないんです。
サクレクール寺院に入る前に私も階段でパリの風景を眺めます。もちろんスリには要注意です。特に子どものスリに気をつけて。女の子の集団を見たら間違いなくスリと思って下さい。まともな子ども達は親と一緒じゃないと電車に乗りません。彼女達はお金だけではなく、化粧ポーチもキーホルダーと言った物も持って行こうとします。十分に気を付けて。パッグから手を離さない。地下鉄のホームでは壁際に立つ。リュックは前に背負うなど、簡単に実践出来ます。










#フニクレール #階段 #ツアーじゃない方が楽 #観光 #疲労困憊 #ヨーロッパ #ナヴィゴあって良かった #1人だって平気だもん #女子旅 #1人旅 #海外旅行 #パリで1番高い丘 #ケーブルカー #治安良くない #ロマ #芸術家が集まる場所 #サクレクール寺院 #モンマルトルの丘 #18区 #パリ #フランス

0 Comments >

1 Like

Scroll
to Top