2019/11

波乱万丈の旅  素直になれなくて

私はこの日に来るって2ヶ月前に言ってあった。
前日に彼が仕事で遅かったのはお客さんと飲んでたから。私が来る日に私に会社に来いと言ったのはバカンスで休暇を取る前に残務整理したいから。彼に私と仕事を比べさせるような事はしません。だって仕事の方が大事なのは分かるもの。
超遠距離恋愛なんて私には無理なのかも。

迎えに行かなかったのは悪かった。いつまで怒っているの?

ここで、このタイミングで、社長室に彼の部下であり友人でもあるベイリーが現れた。

久しぶりだね!

私は普通に彼とハグで挨拶。

ベイリー、少し太ったね!ウミとジムに通ってると聞いたけど?

ベイリーも笑いながらソファに座った。

私が来る前にウミが怒り狂っていたのだろう。私がアンタルヤに飛んで行ったことを知っていた。

新宿と渋谷じゃないんだからさ!何でアンタルヤなんかに行ったの?

そんなに不思議?

普通の人は怒るよ。とウミが言うとベイリーは何かを察したのか出て行った。

私達、これからバカンス行くんだよね?今夜はもう飛行機乗れないから空港の近くのホテル探すよ。いいの?

ウミは外国人アルアルで自分の事、私って言います。私達はほぼ日本語で会話してます😃

ウミ、次の時は空港に迎えに来る?

先のことは分からない

こいつは絶対に迎えに来るつもりがないんだな。
なら、私も彼が日本に来た時に迎えに行くもんか!

行くの?行かないの?

行くわよ‼️

まだまだ不満だ。トルコの男は99%悪くても残り1%がある限り絶対に謝らない。怒っているんじゃない。悲しかったんだ。彼の愛情の大きさが自分が想像していたより小さくて。それでもウミが大好きだから、一緒にいたかったから戻ったのに、素直になれない。

地下宮殿の近くに新しく出来たフードパーク。ちょっと行ってみたかったけど夕飯はウミが近くのレストランで出前を取って済ませた。写真は取ってないけどいつもの通りトルコ料理は私の口に合って美味しかった。

前に、今回のバカンスに友達やスタッフも一緒に連れて行ってもいい?とウミに聞かれたことがあった。私は嫌だと言ったけど、もちろん部屋は別に取る。昼間は大勢いた方が楽しいよ。と言われていたので、すっかり他に誰か連れて行くんだと思っていたら2人だけで行くって。私が嫌だと言ったからそこは譲ってくれたみたい。

この日、イスタンブールのホテルはどこも混んでいてなかなかホテルが決まらない。ウミは空港になるべく近いホテルが良かったみたいで1部屋だけ見つけたのがこのツインルームだって。

もう時差もあるし、あまり寝てないしボーッとしてきたのでとにかくシャワーを浴びて着替えたかった。

ここはフォーポイント バイ シェラトン イスタンブールというホテルで新空港から約10kmの高速の乗り場に近いビジネスホテルにちょっと毛が生えたようなホテルです。近くに観光地はなく、ショッピングセンターはあるけど、観光客向けのホテルとは言い難い。空港に向かう前に泊まった事があるけど、ここが旅の目的地ではないのでウミも我慢です。トルコと日本の物価には少し差がある。やはりトルコの方が安い。1泊、日本円で7000円切るくらいの宿泊料金だけど地元の人からすると十分、高級みたいですね。
気が付いたらウミは隣のベッドに移動していた、
私は疲れているとものすごく寝相が悪いらしい。だから最初の日はツインベッド嫌だったのよ。
朝は彼より早く起きて、先にシャワーを浴びてから化粧も済ませてウミを起こすのがいつものパターン。ウミがシャワーを浴びている間に髪を乾かす。彼は起きてから出かけるまで、ものすごく早い。
飛行機に乗るからラフな服装で、荷物をまとめてチェックアウトしてから朝食を食べるよ。言っておくが私達はもう時間がない。ターキッシュエアライン は国内線、45分前にチェックインしないと乗れないからね。

私はあなたの部下じゃない!

私は飛行機の時間さえ知らされていなかったし、これからどこに行くのかもまだ知らない。
今回の事で、いつ別れてもおかしくない私達。バカンスはどうなる?なんとなく、昨夜は一緒にいたけどちゃんと仲直り出来てない気がする。
と言うか、まだ彼に不信感がある。たぶん、波乱万丈の旅の幕開け。















#3ヶ月ぶり #夏休み #命令するな #寝坊 #寝相が悪い #バカンスの始まり #超遠距離恋愛 #大喧嘩 #ツインルーム #ホテル #フォーポイントバイシェラトンイスタンブール #外国人彼氏 #対決 #海外旅行 #トルコ #イスタンブール

0 Comments >

1 Like

対決‼️ 強情な女VS頑固な男

イスタンブール新空港に比べてザビバギョクチェン空港は小さくて、あっという間に外に出れた。
目の前にエアポートバス乗り場があり、私は市街地行きのバスに飛び乗った。
ウミは電話して来ない。
私も電話しない。
本当なら、もう約束のバカンスに出発していたでしょう。
めちゃめちゃ混んでた。でもバスは綺麗です。
ウミはタクシーに乗れと言ったけど無視!
どうしよう、イスタンブールに戻って来ちゃった。口のうまいウミと対決なんて出来るかな?
私には分が悪い。
バスは約1時間でイスタンブール市街地に着いた。でも、新空港からはウミの会社のすぐ近くのスルタンアフメトに停まるけど、こちらはタクシムまで行ってしまった。ここからスルタンアフメトまでどうやって行こうか?さすがに疲れた…
日本を出発してどのくらいたったのか時差もあって訳がわからないよ。

タクシムからタクシーに乗った。ドライバーは英語が出来ないけど片言なら分かるみたいだけど
ウミに電話する
どこ?
と怒鳴るように聞くのを無視して電話をドライバーに代わってもらう。
タクシムという単語が聞こえたので今、私がどこから乗ったのか分かったでしょう。
イスタンブールの旧歴史地区周辺は混雑していますが40分程度で私の知る場所に着いた。彼と出かける時にいつもタクシーを降りる場所だ。
彼の会社の前の道は昼間は車の乗り入れが出来ない。経営者の運転する車のみが入れるのだ。

着いてしまった。3ヶ月ぶりのイスタンブール。
ゆっくり歩いても彼の会社まで3分。
途中のカフェでお茶でもしようかな…
むだだよね。時間を引き伸ばしても仕方ない。
スーツケースをコロコロ転がして会社に行く。彼の会社の入り口は段差があってスーツケースが重くかんじるけど、顔見知りのスタッフが久しぶりって声をかけてくれた。
ボスは上にいます。

私は上に向かうとウミはデスクの前の応接セットのソファに座っていた。彼の部屋には防犯カメラの映像が常に映し出されているので、私が来たのが見えていたはずです。
彼の顔見た瞬間、被っていた麦わら帽子を投げ付けた。
「座りなさい。」
彼は麦わら帽子をキャッチして、外国人あるあるの挨拶の頬にキスの後、目で殺された。
「何が気に入らない?」
「私が何で怒っているのか分からない所」

なぜ、迎えに来てくれなかったの?

昨日は仕事が終わったのが1時くらいだよ。1時間かかる空港に午前3時過ぎに迎えに来いって言う?
彼女ならゆっくり休んでって言うよね?

私があなたの立場なら迎えに行った。前に私を迎えに行くのは俺の役目だって。スタッフには任せないって約束したじゃない!

私がソファから立ち上がり、リュックサックを背負うと

どこに行くの?

別に行かないけど、何であなたが怒っているの?

この会社は朝、スタッフが開けるのは9時だけどあなたが朝来るから早番の子に早く出勤しろと言ってあった。ここに電話してもあなたはまだ来ていないと言う。心配しないわけないだろ?
あなたに電話したらアンタルヤにいると言う。日本で言えば東京と沖縄くらい離れているよ!
なぜアンタルヤに行った?

理由はない。私も怒ってたし、悲しくてここに来たくなかった。

何で戻って来たの?

会いたかった。

こっちおいで。

やだ

自分でも強情だと思う。彼の目が怒りを表している。きっと彼には私が理解出来ないのでしょう。
決戦はまだ続きます。




#久しぶりに会えたのに #社長室 #旧歴史地区 #エアポートバス #トンボ帰り #夏休み #再会 #対決の時 #決戦 #頑固な男 #強情な女 #超遠距離恋愛 #地中海 #バカンス #外国人彼氏 #大喧嘩 #トルコ #海外旅行 #イスタンブール

0 Comments >

1 Like

イスタンブールへトンボ帰り 

アンタルヤの空港で出発までラウンジで過ごしました。ゆっくりと考える時間が出来て、飛行機代は無駄にしたけど国内線そんなに高くなかったし、私にとっては必要な時間だった。
小さな空港ですが観光地ですのでちゃんとラウンジはあります。少し前にターキッシュの機内食のサンドイッチを食べたばかりなのでおなかはすいていませんので充電して飲み物を頂きました。
トルコ人のスタッフ美人です〜🧒

今朝、イスタンブールは寒かったけどここは暑そう。

アンタルヤはトルコリビエラと呼ばれる場所で欧州のサッカーチームのキャンプ地として有名です。マリーナはなんか賞を取った事もあるそうで、夏は多くの観光客が訪れる場所だそうです。日本では知名度が低いかもしれないけど、歴史も紀元前2世紀前から街があったとされ、カレイチという旧市街地には遺跡もあります。地中海性気候の温暖な場所で心の傷を癒すために、アンタルヤを逃げ出す場所に選びました。
前にウミは観光客だらけでうるさくて全然綺麗じゃないよ。もっと綺麗な場所がトルコにはたくさんある。と言ってたのを覚えている。

ま、私は空港から出てもいないけど。
アンタルヤ上空です。海?湖?水は綺麗そうです。
アンタルヤに向かう便も結構混雑してました。
ウミが空港に着いたら電話してって言ってたけど電話はしないよ。
タクシーに乗ったら俺が場所を説明するからタクシーの運転手と電話を代わってと。
私はトルコ語は話せない。だからバスで行くつもりでいる。こういう所で反抗しても私がバカを見るだけかもしれないけど、強情な私は素直にウミの言う事を聞く気になれない。

またもやターキッシュエアライン で出されたホットサンドイッチ。不味くはないんだけど…
さっき同じ物食べたし。ウミの元に向かっていると思うと全然食欲も湧かないし。

イスタンブールが近づいて来たって思う度に心臓がドキドキする。ウミと会って話したらもっと傷付く事になるかもしれない。彼は今頃イラついているはず。ザビバギョクチェン空港までたったの1時間と30分。私はウミの心を試している。
怒るのか?
電話してくるのか?

あんなに楽しみにしていた一緒に過ごすバカンスなのに、何で泣いてばかりいるんだろう。
決戦の時はもうすぐ




#それでも会いたい #涙 #意地っ張りな女 #意地悪な男 #夏休み #地中海バケーション #ラウンジ #会いたい #対決 #大喧嘩 #別れの予感 #超遠距離恋愛 #外国人彼氏 #バカンス #海外旅行 #トルコ航空 #トンボ帰り #アンタルヤ #ザビバギョクチェン空港 #トルコ #イスタンブール

0 Comments >

1 Like

アンタルヤに向かう機内  彼に会いたい

私はイスタンブールから離れてアンタルヤに向かう決心をした。

私はウミにどうして欲しいんだろう?
愛して欲しいだけ。

私はどうしたいの?
ウミに会いたい

なぜ会いに行かないの?
迎えに来てくれないから

1人じゃ行けないの?
行ける

なら会って私はこう思ってるって直接言ってみればいいのでは?それでやっぱりお互い理解出来ないなら、ウミの所から去ればいい。
私がこんなに泣いているのは彼に会いたいから。彼が好きだから会いたい。
彼と話そう。私達にはまだチャンスがあるはず。

そう考えたのはアンタルヤへ向かう飛行機の中。

空が青い。
ウミは私を待っていると言った。
イスタンブールからアンタルヤは飛行機で約1時間強とくらいの場所でした。それでもサービスに定評のあるターキッシュエアライン は軽食がでます。このサンドイッチが暖かくて中のチーズがトロリとしていて美味しかった。さっきマフィンを食べたのであまりお腹すいてなかったけど口を付けてみた。飲み物はチェリージュース、トルコではもっともポピュラーなジュース。ウミの冷蔵庫にも必ず入ってる。

なんか戻ろうと決心したら少し軽くなった気がする。決して解決した訳ではない。でも彼の気持ち、彼の生まれや、文化の違いは私にはどうにもならない事。私は今の彼に惹かれた。ムスリムで、私を全然大事にしない彼に惹かれたんだから仕方ない。とりあえず会って私が何で泣いたのか、話そう。別れるのはそれからでいい!
アンタルヤ空港のラゲージです。ジョーズの腹の中から荷物が出てくる。ユーモアたっぷりね。
荷物を取って、ターキッシュエアライン のカウンターへ直行。イスタンブール行きのチケットを購入。イスタンブール空港ではなくザビバギョクチェン空港行きの13時発の飛行機が取れた。

今、着いたのに何があったの?
彼と喧嘩してここに来た。でも帰ることにした。
なぜ?
彼は私の宝物だから。
あなたはバカね

チケットカウンターの女性と大笑いしていると彼から電話が入った。

今、旅行の準備しているよ。今、どこ?
空港
まだ空港?早くタクシーに乗りなさい
えっとアンタルヤにいる。
何で?
1時発の飛行機で帰るから。帰ったら話す
はぁ??

彼は私に飛行機のチケットの写真を送るように言った。私が逃げようと思ってる。確かに当たりだけど。
少し声が怒ってる。さあ!帰ってウミと対決だ。





#愛されたいだけ #理解できない #逃亡 #国内線 #行くもんか #青空 #引き返す #離れられない #別れの予感 #外国人彼氏 #ターキッシュエアライン #機内 #超遠距離恋愛 #海外旅行 #トルコ #イスタンブール #アンタルヤ

0 Comments >

0 Like

イスタンブール新空港 domestic departure で別れの決意

イスタンブール新空港、私はすでに何度か利用していますので、新しい空港だー、とか綺麗な空港!とか何の感想も持てずに到着しました。
またイスタンブールに来たんだな…
成田からの到着はいつも夜中です。午前4時頃。
そんな時間なのに花束を持って出迎えてる人がいる。彼が内緒で迎えに来ているかも!なんて一瞬考えたけど、やっぱりいなかった😢
さて、4時間をどう過ごそうか?外に出たら予想外に寒かった。中のカフェでオープンしている所もあるけどお腹すいてないし、何も喉を通りそうにない。

とりあえず国内線の出発ゲートの方にトボトボと向かった。

ウミは私が会いたいって思っているほど私に会いたい訳ではないんだ。涙がまた溢れてきた。
イスタンブール新空港は空港の中に入るだけでセキュリティのチェックがある。
あぁ、面倒くさい…国内線の方はターキッシュエアライン のカウンターがほとんど。私が思いつきで買った飛行機の案内はまだ出ていません。
まだスーツケースは預けていない。まだ今なら彼の元に行ける。
でも彼に会ってどうする?
決して私が求める物をくれないじゃん。
ただ愛して欲しいだけなのに。
何でこんな場所で私は彼に出会ってしまったの?
運命を呪った所で何にもならないよね。

寒さを感じてチャイとマフィンを購入。全然美味しくない。

空港で泣いてる外国人の女がいたら何て思われちゃうかな。変な女とか、かわいそうな女だよね。
何でウミを嫌いになれないのかな?嫌いになれたら楽になるのに。何で私の気持ちは、私自身を裏切るの?コントロール出来ない自分自身。

私はウミの元へ行かずにアンタルヤに行くことを決めた。
ウミの元へは行かない。
私は早々にスーツケースをターキッシュエアライン のカウンターに預けてしまった。
友達にウミと別れるってメッセージを入れた。
その方がいいって、ムスリムと付き合うのは心配だったと返信があった。
私は宗教で別れを決めたんじゃないよって送る。
でも彼は異教徒の女なんて所詮、遊び道具の1つとしか考えてないって。
自分でもそう思うけど、人に言われると傷つく。
アンタルヤに何があるのか分からないけど、ウミがいないなら、それだけでいい。





#海外旅行 #夏休み #バケーション #別離 #アンタルヤ #国内線乗り場 #決意 #文化の違い #超遠距離恋愛 #外国人彼氏 #泣く #別れの予感 #ひとりぼっち #空港 #イスタンブール #トルコ

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top