プロバイオティクスの作用と禁忌

特徴:

1.便秘の予防、腸内フローラのバランス、腸の蠕動運動の促進、下痢型便秘の予防・改善。

2、腸管機能の向上 プロバイオティクスは、腸管免疫機能の触媒作用を持ち、免疫力を向上させます。 プロバイオティクス食品としてのプロバイオティクスは、その増殖を促進し、間接的に腸管機能を改善し、免疫力を高めることができます。

3.栄養素の消化吸収を助ける 多くのプロバイオティクス菌株は、消化管内で消化酵素を産生し、この酵素は食物の消化や食物からの栄養素の吸収を助ける働きがあります。

禁忌事項:

I. プロバイオティクスは、細菌を殺すことを恐れている抗菌剤です。

微生物でもあるので、この時期に殺菌剤として服用したり、抗生物質の薬と併用したりしてはいけません。 抗菌剤はプロバイオティクスを殺してしまう。 抗菌剤を服用すると、細菌を殺してプロバイオティクスを補充することになるが、有益な効果はない。 抗生物質とプロバイオティクス製剤を服用する必要がある場合は、プロバイオティクス製剤の服用間隔を2時間以上あけてください。

第二に、プロバイオティクスにはアルコールに対する恐怖心があります。

消毒剤としてよく使われるエタノール。 ワインのアルコール度数は高いので、プロバイオティクスと一緒に摂取してはいけません。 消化器系への直接的な刺激により、特に胃粘膜への悪影響があります。 アルコール度数が高ければ高いほど、この刺激は顕著になり、腸内フローラのバランスを崩してしまうこともあります益生菌

3、善玉菌の役割

1.バリア効果:病原体が体内に侵入して組織を形成するのを防ぐ。

2.栄養面での役割:乳酸の生成、カルシウム、リン、鉄の利用率を高め、鉄やビタミンの吸収を促進する。

3.免疫調整作用:体の免疫機能を向上させ、動員する。

4.抗腫瘍効果:腫瘍患者のリンパ球亜集団の分布を改善し、乳房細胞の免疫機能を促進し、腸内での発がん性物質の生成を抑制する。 また、腸内での発がん性物質の生成を抑える効果もあります。 発がん性酵素が不活性化されます。

5.エンドトキシンの予防・抑制:グラム陰性菌の増殖を抑制し、エンドトキシンを効果的に予防・抑制することができます。

6、抗放射線効果:血液器官を保護し、放射線に対抗する能力を長持ちさせる。

7.アンチエイジング効果:体内の免疫系主要TNFを刺激し、SOD、ペルオキシダーゼの合成を誘導し、アンチエイジング効果を発揮します。

8.便秘を予防し、適応の早い習慣性下痢を解消し、体内の善玉菌の数的優位性を回復させる。

9、ビタミンの合成、消化を補い、栄養の吸収を助けることができます。

10.代謝に打ち勝って腐敗物質を生成し、コレステロールを減らし、新陳代謝を促進する。

11、乳酸に対する体の耐性を向上させる。

12、胃腸の働きを双方向に調整し、フローラのバランスを保ち、下剤を使用して習慣的な下痢を防ぐ。

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top