術後の経過


掻爬手術をして



5日目






数えると






まだ数日しか経っていないんですね







もっと





ずっと






前のような感覚( ´ー`)






人間は





嫌なことや思い出したくない過去は







早く忘れようとする






生き物らしいです





忘れたいのかしら。。?





いいえ




そんな風には






思っていません!






わたしは





今回の流産は






もちろん





生涯忘れることはできません






わたしが





認知症になって





自分の意思とは






無関係に忘れてしまわない限り







わたしのお腹に宿した






大切な命があったことを





8週間




母親でいれたことを





愛おしくて





毎日お腹に触れていたことを






忘れることはありません






手術当日は





真っ赤な鮮血の出血が





若干多めにありました





でも驚くほどではなかったです






翌日には





ぐんと減り





色も茶色になりました





それから今日まで






茶色の出血が





少しずつあるのみです




いつ多くなるか





わからなかったため





毎日ナプキンをつけています





おりものシートだけでは




オーバーしてしまう量なので





やはりナプキンで正解でした





今日の受診で





エコーをしたら




また少し出血しました




もう暫くは




ナプキン生活です





腹痛は当日のみ少しだけでした






つわりとお腹の張りは





術後も続きましたが





仕事を始めてからは





消失しました








こんな風に




手術をしたのか🙄





調べてみると





興味深くなるばかり






わたしは





医療従事者であり






こういう部分は





普通の神経ではないのでしょうか





普通の人は




見たくもない!





という心境なのでしょうか🙈






そこに興味を持ち




突き詰めるのがわたしです




マツコが言う




いわゆる






変態なのでしょう





先生も




図までは用意して





説明されなかったから






自分がどのような方法で





手術されたかは





自分で調べて見るしか





ないわけです





お腹の張りが




なくなったので





胃の圧迫感が解消され






本当に普段のわたしの体に






戻りました






移植日から感じていた






胃の圧迫感は





やはり






妊娠によるものだったのだと





改めて認識しました






移植日当日から






妊娠を認識できるとは






凄くないですか😳






自分にしかわからない




感覚でした






とにかく





わたしの体は




茶色の出血以外





戻りました






といっても





3週期は





子宮環境が整うまで





不妊治療はストップなので





わたしの






気持ちが不妊治療に







耐えられるよう







今はリフレッシュしたいと






思います






そう思えるのは





主人が自ら






また頑張ろう





と言ってくれたからです






愛する人の







その言葉が







次の励みに繋がります










#経過 #流産 #術後 #掻爬手術

0 Comments >

13 Like

Scroll
to Top