幼児性アトピーから成人アトピーへ移行、ステロイドの賛否



こんばんは


完全に季節の変わり目、アトピーやらかしました。


かゆいを超えると痛いになります。


クッションに血が、、、ショックです。




今回はアトピーについて少しだけ深掘りしようと思います



まず、保湿剤としてヒルドイド、使ってる方、たくさんいると思います。これが保湿効果抜群と言うことで医薬部外品から外すと、一時期騒がれましたが。やめてほしいですね。
代替品は信用できないし、ジェネリックもなんか嫌だし、ほんとに外れたら路頭に迷いそう



次に、ステロイドについて。
昔はステロイド反対論が圧倒的でしたが(約20年前くらい)、今はステロイド注射なんてものも開発されました。


ステロイドの怖いところは、副腎(腎臓)に溜まり続けて体外に一生出ないこと。またそれらが悪さをして副作用で骨が変形したり、軟骨がすり減ったりすること。



一例として、私のケースをお話しします。
親知らずの抜歯の為、病院に行ったところ、通院での治療は不可、入院の全身麻酔で4本抜きました。その時に痛み止めとしてステロイドを使ったのでしょう。何故かわからないけど、食物アレルギーが出やすくなりはじめました。



誰か、体外にステロイドを出す薬を開発して体で循環させるシステムを作ってくれないものでしょうか。



アトピー、アレルギーという言葉が昔よりも聞かれるようになった時代背景としては、添加物が原因とされる説もありますね。
包丁、まな板なんてなくても食べるものは溢れてる。スーパー、コンビニに行けば出来合いのものがたくさん。製品開発が進んで、どれもこれもおいしいこと。
皮肉なことに、人間が作り出したものによって、作った人間に害となって跳ね返ってくる。




なんでアトピーの人はこんなに苦しい思いをしてるのか。(苦しいのはアトピーだけではないのは理解してます。ご理解の上お読みください。)


アトピーは死ぬ病気じゃないから難病指定されない。また特定疾病にもなってない。
かと言って、一般的な健常者としての生活は難しい。半障害者的立ち位置にいると、私は思います。



子供のアレルギー持ちの多さから見ても一目瞭然でしょう。すっごいわかります。お母さんにかいたらだめだよ。そういわれても。
子供も、血が出てくるから、見た目よくなくなるから、色んな理由があると思うけどある程度我慢してます。でも、我慢しきれなくてたまんなくてかいてしまう。



コロナと同じ、いつか終息を迎えてくれることを願うばかりです。



幼児性アトピーは、誰かしら保護者がいるから、まだ安心できるところもある。どう対処していくのか、それぞれ方針があるでしょ。
それがなおらず、成人アトピーへ移行しますと。


つらいですよ。
たいへんですよ。
くるしいですよ。
涙出ます。



だってひとりで戦わないといけないから。
誰もわかってくれないから。
自分の身を守ることがどれだけ大変かと。



仕事の上ではハンディキャップとなって、いわば爆弾ですね。そんな人をどこが雇ってくれるのか。その末路は?


アトピーの人はうつ病になりやすい。聞いたことあるでしょうか?私もその典型です。


うつでなにもしたくなくなる、思考が働かない、廃人化する。ニートになる。



負けない気持ちだけ、とりあえず持っといて、難しいことは後回しにしましょ。
それがいちばんの薬です。




何も考えず、頭に浮かんだことをつらつらとかいてみました。
不快にさせてしまったらすみません。
偏見と持論の日でした。



でもさ、同じことで苦しんでる人は、絶対いるはず。そう思えてなりません。苦しいのは、あなただけじゃありません。よくわかります。
ひとりで悩まないで。そして今よりもどうか、悪化しませんように。私も一緒に願います。
治らないかもしれないよ。でも、軽くすることはできるんだよ。
まずは心のケアから私は始めてみようと思います。どうでしょう。賛同者いないかな。




こんなところで、
今日はばいばいです。


日が変わってしまいましたが、
おやすみなさい。





#辛さがなった人でないとわからない #難病指定されない #ステロイド #成人アトピー #幼児性アトピー

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top