調停2回目/当日のこと①


また間が空いてしまいましたが、
やっと落ち着いてきたので
調停2回目当日のことをまとめてこうと思います。



決して楽しい話では無いのですが(笑)

もし興味のある方や今苦しんでる方がいたら
「こんなパターンもあるよ」という参考までに。



調停2回目当日。



にも書いたのですが、
当日の朝からこんな目撃をしてしまい
モヤモヤ?イライラ?したまま調停の時間を迎えました。


家庭裁判所で受付をして申立人の待合室で待機。
その後、調停委員の方に呼ばれて調停室へ。



前回と一緒の、60代位の男女の調停委員の方でした。

前回と違う人だったら
また同じ説明を入れなきゃいけないのかな〜
と思っていたのですが😖

調停終了まで同じ方が受け持ってくれるそうです。



調停委員は原則交代不可らしい。
そこまで調べていなかったので、
途中で変わらないことに正直ホッとしました。



男性の方は私が1回目の調停の時の資料を
直前にも確認してくれていたようで
話の流れもスムーズに進めてくれる方だったし、
女性の方は私がうまく伝えられない感情を
汲み取って言葉にしてくれたりする方だったので。

そして泉ピン子さんに似てた🥺



話の流れとしては、
前回の調停後から婚姻費用の申し立てもしたので
その経緯について。


このブログを書いたのが3月11日だったんですが、

次の日には
・今回の流れへの説明文書
・各変更書類
・書き方見本
・返信用封筒(宛名+切手付き)
を同封した封書を送りました。

でもその後期日を過ぎても返送は無くて。



そして毎月の振り込み期日の日にも
自分が調停で申告した金額75000円では無かったので
婚姻費用の申し立てを行いました。


この経緯を説明し、
そして離婚の意思は変わらないことを説明しました。



説明が終わった後に関しては
彼が前回話をした内容について確認をとられたのですが。

この確認に関してはもう本当に
なんでそんな嘘つく必要あった?
っていう話がたくさん…



何個か抜粋すると。

✔️購入した土地は200坪あるそうですが、
彼のご両親にバイク倉庫を作る場所を
譲らなかったんですか?

→実際の土地は80坪程で、
住宅の間取りが確定していたにも関わらず
義両親が買いたいバイク倉庫を決めており
(5m×5m=7.5坪 約15畳分サイズ)
希望の駐車場の場所を作れなくなりそうだったので
バイク倉庫の縮小を頼んだところ
「お前の思い通りになると思うな」
「苗字に入ったんだろ」
「住宅の建築場所をずらして場所を開けろ」
「バイク倉庫を置けるように間取りを変更しろ」
とのキツイ言葉を受けた。



✔️婚姻費用は75000円支払われていますよね?

→1年前から55000円しか貰っていない。
銀行振り込みなので次回記帳したものを提示します。



✔️光熱費は現在も彼が払っているんですよね?

→払っていません。
私の名義に変更し自分で支払っています。



✔️婚約時の結納金やお祝い金を
彼の知らない個人の口座に預金していましたか?

→していません。
彼が現在持っている口座に
普通預金と定期預金にて貯めていましたが
土地の購入するさいの資金+ハウスメーカーへの手付金
でほとんど使用しています。
定期預金に関しては別居後に彼が全て使用しています。



など。

ざっとこんな感じの質疑応答をしました。


とにかく意味が分からない
嘘やら話を大きくした内容ばかり。

確認すればすぐに物的証拠が出てくるのに
こんな嘘をつく必要あるんかっていうね。


次回は口座の写しと光熱費の契約内容がわかるものを
持参しようかなと思っています。



私の聞き取りに関してはこのような感じで一時終了。
待合室にてその後待機していました。

私自身の聞き取り時間が約50分程だったのかな?

なので彼の聞き取り時間もそれくらいかなーと
ボーッと待っていたところ
20分程で調停委員の方に呼ばれました。



「裁判官からお話があります」

と。



え?裁判官?

普段は調停委員の方しか席に居ないので
初回の挨拶でのみ会ったことのある
裁判官からの呼び出し。


まったく見当がつかないまま調停室に連れられました。



長いので分けます。

文章長いしめちゃくちゃですいません。😭





0 Comments >

6 Like

Scroll
to Top