発達障害児のママはお花畑になったほうがいい




発達障害児のママはお花畑になれる人が向いています。


【独特、変わってる】を【個性的♡】に置き換えられる人が向いています。


【落ち着きがない】を【元気いっぱい♡】に置き換えられる人が向いています。


【協調性が無い】を【一匹狼♡カリスマ】に置き換えられる人が向いています。


どんなに周りから浮こうと、
迷惑をかけようと、
悪目立ちしようと、注意されようと、
「うちの子は悪く無い!だって悪気はないんだから♡選ばれて生まれてきたんだから!」
と思えるポジティブなハッピーな方が向いてると思います。



そんな広い心のママにのびのびと育てられた子は、自己肯定感が高くなり、自信を持った子になれるのです。


まさに、親子どちらも幸せですね。





発達障害児のママ。


我が子が大丈夫か、今日は何かしでかしていないか心配する気持ちはわかりますが、かと言って私たちがいくら注意しても不安になっても、残念ですが状況が変わることは無い。
こどもの世界に親が踏み込んだり干渉するのは限界があると思います。



「ま、いっか」



と声に出してみましょう。

心の中で言うだけではなく、声に出して言うのが大切です。笑




案外、私たち親子のことなんて誰も気にしていません。
好奇な目で見てくる人には「お前は障害者を差別する野郎」というレッテルを貼ってあげてください。




日々いろいろありますが、ゆるくいきましょう。
大丈夫、大丈夫。


#ADHD #発達障害 #子育て #ママ #育児

0 Comments >

5 Like

Scroll
to Top