2017/5

お風呂→朝食→コロコロ→お風呂♨︎


朝起きてお風呂!
お部屋の目の前だったから、
とにかく、半目のまま行った。
昨晩とまたおなじほうのお湯だった😳
ふむ、交換タイミングがやはりむずい。

お風呂上がりだから、
ちょっとおくれ毛多めにしてみた。ふふふ💟
なんにも言われなかったけど😢

さて、朝ごはんです💗
またご飯ネタかよー!となりますが、
わたしはこの間にばっちり7時間は寝てますからね
↑これ、自分で並べ替えたんだけど、
一個前の記事で書いた仲居さん見習いさん?は
↓こうおくのよ。
前で並べている先輩のを見ながら
一生懸命並べてくれるんだけど、
たぶん反対側のをみておなじように置く認識力が
ちょっとないのかなあ?と。
(このあたりが評価サイトでも言われている気がするけど、一生懸命ではあると思うんです)

半懐石だから、
食べながら増えていくので、置くの難しいよね。。

なのでちょっと置き位置はヘンテコだけど、
フルッフルのだし巻き卵(これは間違いなく人生イチ)
浅漬け
海苔とたっぷりのおろし
わさび漬けと焼き魚。
炊きたての白いごはんに、どでかいしじみのお味噌汁
あ、そのまえにしらすと田楽餅みたいのと、
小松菜も出たんでした。
満足満足!

みかん。いやーうーん、なにかん?笑 
メニュー表、朝にもつけてほしいー!
忘れちゃうもん。

そしてぜんざい。
いろんなところ見てると、これもあさばさんの朝ごはんデザートの定番のようね。

食べた食べたー💛
お部屋でのごはんって、お片づけしてもらって、
お茶を待ったりする時間があるから、
ゴロゴロできるまでが長い〜!
できれば食堂で食べて、お茶を断りさくっとごろごろしたい。
やっと。最高。
自撮り。

そして最後に!!!
お腹が落ち着いてからもっかいお風呂。
「10時までですけど、10時に出てください、ではなく、10時までに入ってください、ということなので、9時59に入っていただけたらそのあとはずっとごゆっくりしていただけます。追い出したりはしません」
とわざわざ朝食終わりに仲居さんが言ってくれたので、お言葉に甘えて9時55分ごろin。
また誰もいなかったので、
ゆっくりブログ書きながら!

0 Comments >

9 Like

お楽しみの、日本一とも言われる旅館ディナー


野天風呂も入ってここでくつろぎタイム♪

お腹がすいてくるこの時間、
おいしいご飯を待ってるこの時間、
サイコーだよね!!

お夕飯は1930からにしようと思ったら、
19時が1番遅い時間だって。
レストランとか食堂はなくてお部屋食1択だった。

そしてはじまり!
何が驚いたって、これ。

お夕飯のテーブルを彩るグリーン
じゃなくて。食前酒だった。菖蒲酒。
草をホイッと抜き取ってついでくれたけど、
なんとなくね…あの形状に草刺さってるとね😂
ミドリっぽいの出てきそう😂😂
透明でしたがw

それはさておき、、
あさばさんのお料理はものすごく評判が高いから
とても楽しみ。
空豆のすり流しと白魚のからあげ


本エビとわさび菜のあえもの。
とこぶし。たけのこ。


売店で80万円で売っていた純銀鍋。
これで作ってくれるお料理が、
あさばさんの季節料理のタイトルになってる。
春は、
田芹と太刀魚の吸い鍋。
しかし本当に美しいなべ!
シルバーなのにピカピカ!
これは美味しかったな〜。
太刀魚への火の入りかたが絶妙、お吸い物の味も全然尖ってない。
ただ、わたし汁物でけっこう脹れるたちだから、
すり流しとこれでだいぶお腹にたまるな〜!

アオリイカとクエのお造り。
アオリイカには、山椒の実の醤油漬けが。
お皿空っぽにしたら、
「ま〜きれいに食べてくだすって」
みたいに褒められたけど、これよく言われる。
みんなはこのタイミングから残すんだろうか?

わたしはあまり初めてあった外の人には愛想がよくないので、基本笑顔だけでなるべくスルーを決め込むんだけど、
旦那さんは営業系統の人なので、笑
こういうとき、
ニコやかに愛想よく会話してくれるから楽!
(結果、仲居さんはみんな旦那さんにむかってしゃべる)

メニューみたときは、鯖だと思ってたけど、
鰆でした。炭火焼。

そして新玉葱の含め煮。
(前の日私が作ったのと、物としてはおなじw)


穴子の黒米寿司。


お米真っ暗!

そして伊勢海老の唐揚げ。
スープがかかってて、味噌の溶け出し方がすごい

そしてこちら、蛤とフキノトウのごはん
フキノトウが苦くてめちゃくちゃおいしい!

そしてデザートは何種類かから選ぶ。
葛きりと、ゼリーを。2人で1ずつ。
めっちゃきれいにゼリーが剥がれる

そして、生姜とよもぎのアイス。


私は人見知りタイプだから…
食事もだいたい2回目からハマっていくタイプ。

あさばさんの場合、
「美味しくて当たり前」
の領域にいる宿だから、難しいよねー。
わたしの舌がとやかくいえるような話じゃない。
記録として残しておくと、

・ソラマメのすり流し
・本エビとわさび菜和え
・田芹と太刀魚の吸い鍋
・クエのお刺身
・蛤ご飯

この5つはばっちりハマったー!😋👏

しかし、仲居さんのお弟子さんのどじっこぶりが
気になって気になって、 、
たぶん向いてないと思うんだけど、
そういう人への教育って難しいものだな、
と思いました🤔





0 Comments >

12 Like

温泉宿あさばの大浴場詳細♨︎


お部屋を出るとすぐ大浴場。
右手には男女それぞれのお風呂と家族風呂。
左手には野天風呂。野天は1つで男女交代制。
1時間だけ混浴タイムもあるらしい👫

飲み物はお水。常温と冷たいのの2種類が、
浴場の外にセットされてる
中にあるといいなー&お茶もあるといいなー😚
二期倶楽部のムーンティーみたいに、
その時々の時期に合わせたお茶があって、
その意味とか書いてあるとすごく楽しい。
読むと染み渡る感じするじゃん!フラキシーボ

今の時間は手前が女性

どなたもいらっしゃらなかったのでチラリと。
クレンジングという化粧水と乳液。エリクシール

このタオル、
いつでも横いっぱい。どこでみてるのか!
すばらしす。

憧れの宿だったし、いままでいろんなものを読んできたから知ってる。
ピカピカに磨き上げられている清潔なお風呂。
読みすぎて、それが当たり前だと思ってしまうのは
本当に良くない。
わかってるけど、でもしょうがない。
先に評価を知ってしまっているんだもーん、
有名宿の宿命。宿じゃなくてもそうだけど。

全く知らないできたら、もっといろんなことに感動したろうなあー。

そうそう、季節柄、菖蒲湯だったよ。

塩素消毒なしの源泉かけ流し。
ここから流れてるのは48度くらいかな?
手を入れてお湯を救うのは、
1秒出来るけどあっつー!
程度の温度。

お部屋のお風呂が素敵すぎたので、 
家族風呂は使わないなと思ったけど
後学のために、あいてたのでのぞいてみる。
予約はいらず、鍵が開いてたら勝手に入っていいそうな。

部屋にお風呂がない部屋も一部あるみたいだけど、
大浴場を使う人の方が多そう。

よし!とりあえず1つ目のお風呂体験おわり!
お部屋のお風呂も、
野天も、いまは男子になってる大浴場も、
まだまだ入らなくちゃなところいっぱい♨︎




0 Comments >

8 Like

贅沢な空間🛁🚿


そう!このお部屋!
廊下から左の障子をあけると…

!!!!!
大浴場とほぼ変わらないサイズの洗面。
日本の温泉宿のお部屋にこの広さついてたの初めて

脱衣所もひろすぎーーー!

そしてお風呂!

源泉がかけ流されてて、菖蒲が用意されてる!!

あまりの部屋風呂の大きさに興奮してたら
中居さんがもどってきた。
クールにソソクサそそくさ。

お茶ターイム。
柏の葉に包んだ、
麩饅頭。
やわやわもちもちすぎて切れないから、
お上品にかみちぎらせていただいたところ😁つぶあん

2人を見てから、サイズを入れ替えてくれた浴衣。
浴衣はそれぞれ2柄。帯とタビ1つ。巾着1つ。

さっそくお風呂、いきますかね♡



0 Comments >

11 Like

ずっと来たかった名宿とは!!


竹林から歩いて2分。本日のお宿💟
“あさば” へ到着!
ずっと来てみたかったあー!!

温泉宿について、自分的にバイブルにしている本があって、
それを最初に読んだ時に、
将来的に行ってみたい宿をピックアップしておいたの。7件。
それから少しずつ行って(3回も行っちゃったとこもあるけど)
5件目がここ! 伊豆 修善寺のあさばさん。
なんと宿としては500年の歴史。

暖簾がほんとステキ。

とりあえずやるよねー!

嬉しい1430チェックイン。
それでも早く着いたので、チェックイン待ちで通された個室。

左側はガラスだから、右側もガラスだと思って近づいたら、
ガラスなかった。あぶない😂

おふね。作業用かな??

そして1430ほぼびったりに通されたお部屋はこちら。
大きさは求めてなかったけど、
広いお部屋しかあいてなかったの😳

入ると右前と左前に1部屋ずつ。


左前のお部屋


右前のお部屋。

嬉しい板の間。
板じゃなかった!廊下?ここなんていうの!?
合宿だったらここに10人泊まってるわ😁


落ち着く眺め。

目の前には能の舞台があって、
一年に何回かはここで能楽が行われるらしい。
部屋から見えるの母。それは見てみたいなあ。

高校一年生の課外授業で、歌舞伎座に文楽を観に行って以来、
日本の伝統芸能を見たことないような?
高1には早すぎた。
睡魔と戦ってた(むしろ寝た?)


そしてこのお部屋には、
お部屋以上のすごい隠し玉があったのだった!





0 Comments >

10 Like

Scroll
to Top