2017/6

ローマに列車で移動するための駅までの移動🚣🏼💨


さて。チェックアウトして、
ヴェネツィアのS.Lucia(サンタルチア)駅に向かいます!
ローマまで3時間45分の列車旅。

スプリッツを飲んだ後、
荷物をまとめてポーターを呼んで、
水上タクシーを呼んで、
チェックアウトして、無事タクシーに乗り込んで、
ただいま13:37。
電車の発車時間は、14:25。あと50分。

駅まで20分だよ!と言われたけど、
イタリア人だもの!信じたらあかん!笑!
実際はどれくらいかかるのか?
駅がどれくらい広いのか?迷わないか?
とか考えると、不安な時間⏰

しっかし本当にヴェネツィア、いい気候の時に来た。暑いけど歩けるしあまり汗かかない。

本日の運転手さん。カジュアール。

最後まで全く道を覚えられなかったヴェネツィアさん、さようなら〜


たくさんの人が見送りに来てくれて。

ありがとう、ありがとう。
下がってよいぞ、民ども。
ってなに!?!? この手(と丸いアゴ)きもい!

左手が駅。これが駅前ってやつか。
並んでて降り場に停車するのに少し待ち。

13:54には降りれた!荷物を運んでくれるリヤカーの人が待機してたけど、自分で持って歩く。

駅に入る階段。キャリー用のスロープもある。


駅のまえに運河かあ。

駅には改札はないので、チケット確認などはない。
自分の電車の発車番線を掲示板で確認して、


余裕があるので駅のカフェで軽くランチ。
電車でご飯付きなはずだからピザ🍕半分こ。
うん、まあ日本のファーストフードと変わらず。

観光案内所のヴェネツィアマップ。
真ん中の逆Sの字がカナル・グランデ。
普通は、二階建てバスとかで周れる観光バス
Hop On - Hop Offが、ここでは舟なんだなあ。
当たり前だけど、最後にまたしみじみしじみ。

そしてこのあと電車に乗ったら、
すごいことが起きたのでした。 つづく



0 Comments >

11 Like

ヴェネツィアで1番素敵なカフェ🍹


ゴンドラを降りたあと、最後のヴェネツィアお散歩。
ホテルの前で記念写真。よく撮れてるわー
歩いたり動いたりしてると、たくさんシャッターをおしてくれるんだけど、
うちのダンナさんのすごいところは、写真が曲がってない!まっすぐ!
今回のブログに載せてる写真は、ひとつも加工してないから。

↓自分で撮る時もなるべく曲がらないように気をつけるけど、風景だからなー。人を撮ろうとすると急に曲がっちゃうよ、わたしゃあ。



路地にピンクの看板が。

アートの展示をしてたけど、人が誰もいない。
受付もいない。

日本ってこういう石造りな建物がないから、
すごく外国さを感じる。


細い路地。路地?水路?に自家用ボートが停まっている。
車の走らない街、信じられない。

前の日に暑過ぎて広場で買った、Veneziaって刺繍してあるハット。15ユーロ。
だいぶ暑さをしのげたけど、フォトジェニックには程遠い形だった😂

そしてThat'sインスタグラマー!な女の子2人が撮ってた場所を真似させてもらう(並んで待ったw)
みんな見つけるのがうまいなあ!なるほど、ここなら座れるのか。
しかもめっちゃいい感じにゴンドラが通るではないか!
ナニジンかわからないけれど、一眼レフで撮ってたよ。カメラ女子だ。GENICあげたかった。
そしてインスタアカウントを聞きたかった。

そしてショーウィンドウで突然気に入った指輪があって、中を見てみようと思ったら鍵かかってたから諦めようとしたら、ダンナさんピンポンしてくれた。呼び出しせいだった。

日本にもいくつも店舗があるブランドなのだが…
きっと安いに違いない(あくまでも予想。怖いから調べてないw)
リングとネックレスは、実は色が違うのだ。
アクアブルーのが私っぽいよ、と言われ
(やっぱりわたし水色イメージ!?)
自分でもアクアブルーが最初に目についてたのに、どうしてもこのグリーンが気に入ってしまった!

そしてルンルンでホテルに帰って、
これから最後パッキングして電車に乗るというのに、少し時間があるかな?と余裕かまして、
ホテルの下のレストランでちょっと休憩。
THE GRITTI TERRACE(グリッティ テラス)
結果、ヴェネツィアではここが1番素敵なレストランであり、カフェなような? 宿泊しなくても超おすすめ!
リアルト橋の近くのレストランは隣とのテーブルも近いし…
ここは最高に落ち着けて最高なビュー!!
飲むのはもちろん、スプリッツ!!
⇨スプリッツ詳細記事へ
ちゃんとオレンジ🍊の薄切り入り。
オリーブは外についてきた。

あ〜やっぱりおいしい!好きな味!
ゆっくり飲みたかったけど、あっという間に時間が迫ってきたので、
急おでお部屋に戻ったのでした。

0 Comments >

10 Like

水の都ベニスで憧れのゴンドラ乗船!🚤👫💨


10時半。お天気になってきたー!


ゴンドラ乗る!!
ホテルの目の前に乗り場があって、ここはとても空いているので、ここから乗ります。

ゴンドラは基本観光用で、たまーに渡し専用(向こう側に渡るだけ)もあって、
ここのステーションは渡しのゴンドラもいる。

でもわたしは観光用のゴンドラに。
30分(40分だった気も)80ユーロっていい1番短いコースでお願い。
すると、ゴンドラにかけてある布をめくって、
クッションなんかを設定し始めてくれた。

すんごい嬉しかったのはね、
↓こんな感じの赤とか金とかのゴテゴテデザインのが多いのに、
↓わたしのやつは、ウッドな椅子に黒クッション
めちゃかっこいい!!!クール!嬉しい!

ゴンドリエーレの前に2人用の椅子があって
普通はそこに2人で並んでるんだけど、
わたしは最初から先端に行かせてもらった!
↑進行方向は上ね。私は後ろ向き

愛知万博のイタリア館でも漕いでたらしい、
私たちのゴンドリエーレ。

なかなかにぐらぐらする!!


なのに、あっち向いたり、こっち向いたりしてる

わたし、ヴェネツィアでゴンドラ乗ってる〜
実感〜

だいたい4人から6人で乗ってるゴンドラが多い。
ちなみにカンツォーネ歌ってもらうのは別料金らしい。
歌ってるゴンドラは、漕いでる人以外の歌手が乗ってた。楽器の人は見なかったな。
ツアーのアクテビティだと、元からお歌つきだったりするみたい(ただ知らない人と乗らなきゃだけど)

すれ違うときも、絶対にぶつからない!

ふふふ。後ろの席に移動したので、前空っぽ!

そしてだんなさんと入れ替わり。
やっぱりうちのゴンドラかっこいい。
そしたらゴンドリエーレに
「もう少しだけ右に寄って!』
って言われてるところ。ほんと少しのバランスを意外と言われるんだけど、乗ってる人数が少ないからかしら。

もちろん移動するときはゴンドリエーレに許可もらって大丈夫な場所で移動してます。
 
この写真お気に入りだけど、
赤いクッションどっかにのければよかった、とだんなさん。キビシー笑。

足も使うのね。このグラグラの上で、って考えたらすごいバランス感!


90度の曲がり角も

ギリギリで絶対すらない。

あー、もうカリブの海賊!?!?

密着エリアでも1mmもすったりしない

赤いシマシマのゴンドリエーレも居るんだけど、
なんか意味があるのかな?

素敵だー!
住んでる人たちのボートもところどころにあって。

ここはなにやら大渋滞。


もうすぐカナル・グランデ(ホテル前の太い運河)にでるよ。
そうそう、ヴェネツィアって書いてあるハットも仕入れてたのにすっかり忘れてた。
大きなとこ出る前にまた前に移動させてもらう!
「帽子気をつけてー!風で飛ばないように〜」
と言われる。

カメラの設定間違えて渡して、でもなんかいい色


空にハッシュタグ!♯

ヴァポレットはいつも満員。


到着のとき、隣のグリッティパレスはファイブスターでエクスペンシィブなホテルなんだよ、
と紹介してくれたので、私たち泊まってるよ、
と言ったら驚かれた。そう見えなかったか〜、
まあねw
駐艇場!?入りまあす!

降りたらゴンドリエーレにお支払い。
ささっとちゃんとカバーとかかけてた。
すごく並んでる乗り場もあるけど、
空いてるところを探したほうがいいような?
けっこうあったよ。
ここも空いててよいけど、基本乗ったところに戻る「1周」のプランなので、それさえ気をつければね!!


0 Comments >

11 Like

時間よ止まれ!素敵なヴェネツィア朝ごはん

ヴェネツィア2回目の朝。ラストデー!

いつもエレベーターだったので、
階段で降りてみる。
小さくて品のよいヨーロッパのホテルは、こういう吹き抜け階段多いよね。
この写真は、パリのプラザアテネの階段のこういう写真をアップしている人をどこかで見て、
「そっかー、吹き抜け階段はこう撮ると素敵なのかあ!」と思って撮ってみた1枚。
これから出会ったらこうやって撮って吹き抜けシリーズ集めよう💚(何かにつけ集めたがり)

朝ごはんは昨日と同じく、ホテルの1F運河沿いのレストランにて。

ブュッフェ+エッグベネディクト♡

そして朝シャン(ほんとは朝プロセッコ)

朝はちょっと曇り目。お天気になるかな?

だんなさんはオムレツを頼んでて、ケチャップちょうだいってゆったら半ダース出てきた😂

幸せ時間過ぎて、本当はこのままここにいたい

だがやっぱり出かけなければもったいなさすぎるー!!
最終日だし、ホテルの中を少し散策。

映画『ツーリスト』はダリエリだったけど、
プライベートではグリッティ・パレスに泊まったのかな??



2 Comments >

10 Like

🇮🇹高級ホテル、ダニエリのテラス席で震えながらの食事🍴


22時予約のディナーに行くだす🍴
✔️BCBGの長そでコンビネゾン
✔️EGOISTのカーディガン(旅中ずっと着てる)
✔️サンローランのミニダッフル

世界を飛び回る小林さんオススメのお店。
「最高に景色がいいからテラス席で」
というアドバイスだったけど、
アメックスに予約入れてもらったら、
「とりあえず予約入れておきましたが、テラス席だと22時しかとれませんでした。ラストオーダーは22時半です。」

ってことで😱、キャンセル前提だったけど、
21時過ぎまで明るいんだもんね。
なんとなく行ける気になるよね。。

時差もよくわからなくなってるし、
やっぱり人って明るいか暗いかでカラダが反応するんだわ。。☀️🌙

テッパンのここのエレベーター全身写真。
足、ほそっ!背、たかっ!

1つ前の記事で、水上タクシー高い、って書いたけど、レストランに行くためには…乗るか歩くか🚶
歩いたら結構かかりそうだし暗くなってきたし、
そもそも間違わずにたどり着けるのか…
って思えば、乗るよね〜😂

しかも迎車は5ユーロ増し、22時以降は10ユーロ増し💸(でもギリ、22時になってない!)
それでも今後見ることもないかもしれない、
夜のヴェネツィア、運河の風景。
(帰り道にもきっとまた見るけど🙄)

乗っちゃうとすごーく近くて、数分。

着いた!ヴェネツィアを代表する高級ホテルの1つ
ダニエリ!
映画【ツーリスト】で、アンジョリーナジョリーとジョニーデップが泊まってたホテル。

ベネチアングラスのシャンデリアがすてきなこと
 
ちなみに5つ星ホテルだけど、
わたしが泊まっているグリッティパレスは、
ヴェネツィア唯一の5つ星+Lなのでちょいと上 😁

ってLってのんやねん!!
どうもラグジュアリー、らしいw
もはや星の統一見解がなくてよくわからない💦
(ちなみにアマン ベニスは7つ星らしい)

こちらが本日のディナー場所。
ダリエリの6Fにある、Restaurant Terrazza Danieli(テラッツァ ダニエリ)


もちろんとられていたのはテラス席


お水はかならずガス入りを頼む。
こんな高級ホテルではいいんだけど、
海外でガスなしのミネラルウォーターを頼んだら、おしゃれなボトルとか入れ物に入れ替えられてでてくるお店に出会ったことがあって、
それじゃあなんのお水入ってるかわからないじゃん!
いつ開けたやつかも!!

水は地元の人は大丈夫でも、飲み慣れてないと大変なことになるかもだから、
安全のためにガス入りを頼むようになったら、
(絶対その場で開けるもんね)
どこでといつもそうなってしまった。

そしてテラス席は素敵なんだけど、寒くて寒くて。
電源入れっぱなしであったかくなってたWi-Fiをモモに挟むww
イタリアだからプロセッコで乾杯。
ISOの感度あげなくても手ブレ補正入ってるし、
だいぶ撮れる


たしかにすごーく景色いいんだけど、
自分のホテルのお部屋がよすぎるからw
なんとなく寂しい感じ。
それでも満月。この日は本当に満月🌕
満月と運河。うん、すてきだ。

さて、お食事始まる、始まる。
なんじゃ!この金色の玉は!!
開けたら中からサーモンタルタルみたいの♡

めちゃ美味しい!!!初めて食べた味。
ライムとバジルとウニのリゾット!作りたし!!



ま、寒いって言ってもあれよ。冬のやつじゃなくて、寒暖差で夏の夜が寒いやつね。
でもくるまる。

22時から開始して、2310。
だいぶ人はいない。
ってゆうか22時に入った時からもうほとんどいなかったか😁

最後の赤ワインを飲んで。デザートはなしで退散!

ダニエリのフロントでタクシー呼んでもらって
 
グリッティパレスへ。
帰りはさすがにまっくらだ!!!!2330過ぎてるよ。




0 Comments >

11 Like

Scroll
to Top