Gcxaoo

...

唐の時代の酒文化を語る

白酒文化とは、酒を作り、飲むというテーマ活動の過程から生まれる、特定の文化的・芸術的な形状のことを指す。

ワインは古代文化に欠かせないものだった!日本清酒 文人たちからすれば、今日は酔うぞという楽しみ、友人たちからすれば、西に出るという寂しさ、王族からすれば、錦の美しさに応じて飲むという贅沢、国を守る将軍たちからすれば、砂浜で酔うという野心であった。

中国の酒文化は長く深い歴史を持っており、古代の文人たちが残した素晴らしい句のほかに、こうした酒文化やその精神的なエッセンスもあるのです。 中国はワインの本場であり、古代から現代に至るまで、規模の大きな宴会であれ、年越しや祭りであれ、家族の団欒であれ、文人たちの集う行事であれ、海辺の将軍たちの祝宴であれ、ワインとは切っても切れない関係にあるのだ。

中国では数千年前から酒を飲む習慣があり、殷王朝時代から行われていた。

司馬八種(最新版)の陳其龍は、"李迪は酒やもろみを作り始め、五味に変化し、紹康(杜康)は飼料酒を作った。"と述べている。 李迪も邵康も殷の時代の人です。 このようなワインは、穀物ではなく、果物や花から作られていたのだろうと思います。

つまり、最初に主流となったのは果実酒で、その後、穀物酒が登場したのである。 雑穀酒の普及は、秦の時代以前から続く強力な農業の連鎖の結果であったろう。 秦の時代以前は農業が盛んであったため、殷の人々は酒に溺れて絶滅したことが史書に記されている。

その後の王朝では、酒は祝い事や儀式にも使われるようになった。

唐の時代には酒飲みが多く、その流行を推進する人も多かったため、唐の時代はアルコール依存症で有名になった。 白居易はかつて、"美味しくて目的のある酒は、腐った腸の膏薬だと思われている "と言った。 お酒にまつわる詩だけでも7000、2000曲に達しています。 その結果、酒の文化も唐の人文的な大きな特徴となっている。

唐代における酒の分類

I. スタッフド・ワイン

唐の時代、ワインは大きく分けて「詰め物ワイン」と「果実酒」の2つに分類されていた。 醸造技術によって、濁ったワインと水のようなワインに分けられる。

なお、「水炊き」とは、中国の紹興酒の製法を指す言葉ではあるが、現在の日本酒のことではなく、中国の紹興酒とは別物である。 日本の酒造りは中国で鍛えられたもので、間違いないでしょう

中国では漢の時代から濁酒と水酒の区別があり、濁酒の方が製造が簡単で醸造に時間がかからないとされていた。 水ワインはより複雑で、製造に時間がかかるため、水ワインは濁ったワインよりもまろやかな味わいになります。

その濁りは、米のかすが浮いていることが多いため、唐の時代の詩人たちは「蟻地獄」と表現したそうだ。 杜甫は詩の中で、「仙人酒は蟻と共に浮かぶ」と、曇った酒をよく表現している。 李白は詩の中で、濁った酒を指して「純穀酒、我杯を満す」と表現していた。

水酒は濁酒よりも貴重で、庶民は飲めなかったが、唐代の水酒に関する記述はすべて賞賛されており、李白も「金瓶の水酒は一万斗の価値があり、玉皿は一万元の価値がある」と詩で讃えている。 水上ワインはおいしいが、高価であることがよくわかる。



関連記事:

食の特集|日本酒について、あなたはどこまで知っていますか?

日本酒の過去と現在の生活を読み解く

日本におけるアルコール取引に関する研究:利益規制と提供の多次元性のもとでのアルコール開発のあり方について

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top