#デニーロとファンタスティックプラネット 🎬


1990年
ペニーマーシャル



ロビン・ウィリアムズ演じるセイヤー医師と
子度の頃発症した脳炎からの
パーキンソン症候群により
20歳から寝たきりになった
デニーロ演じるレナードとの物語


セイヤーは
パーキンソン病に効くという
当時新しい治療薬レボドパを
(ドーパミンの一種?)
レナードに投与開始するが
投薬量はどんどん増えていき
レナードには激しい副作用が生じ出す。。






2人とももちろん上手いんだけど
後半のデニーロの演技が。。
演技だけで涙とまらなくなた。。
こーいう脳神経系の病気を題材にした作品は
辛いの多いよね。。



カッコーの巣の上でもしかり。。


これもなんとも言えない気持ちにさせる。。
特にジャック・ニコルソンの
明るくも激しくもある演技が
余計ささるんだよ。。
( ;ᯅ;  )




話変わるけど。。。


これで配られる限定ステッカー欲しい。。
東京の人いーなあ。。
みうらじゅんがこれ観てなかったのは意外。。



ファンタスティックプラネットと言えば
TABOOと志人のこれが
1番に頭に流れてくるねん。。
( ◜ ◝)







remix版しか貼れなかったけど。。
これほんま好き
当時頑張って歌詞覚えた人。。



んで
ホムンクルスもう配信開始してたかも!!!
てねっふり開いたら
来週の木曜だった。。
(′・ω・`)








0 Comments >

Scroll
to Top