キリスト教葬儀にかかる時間や献花の作法などのマナー

キリスト教葬儀にかかる時間や献花の作法などのマナー。弔電を披露する局面。ご弔電(お悔やみ電報)に関しましては、仏門の観念を多様して書き綴られていることが多々ありますから、キリスト教葬別儀式の只中ではアナウンスしないということにしているチャーチというのもたくさんあります。

プロテスタント教会での葬儀費用の相場や葬儀社の手配

プロテスタント教会での葬儀費用の相場や葬儀社の手配。

基督教弔いのための値段の尺度にかけては、葬礼会社には一日葬儀で500,000円、二日で行うお葬式で800,000円前後が基準となります。

プロテスタント教会へは一日で済ませるお葬式で壱拾萬円、二日で行う葬儀で二十万円が尺度です。


基督教弔いにかけてのお香典の名称。

御香典にかけては、御香を焚くゆえのお金という意味での言いまわしの仕方となりますが、教会員お見送りにかけては生花祭壇を設営しますので、「お花料」と呼ぶのが通例です。

そうは言っても、ローマ・カトリック・チャーチの場合はかぐわしい薫香の御香を焚き上げることを通例としている場合もありますので、御ミサ料という言い回しをします。

御花料についてのスタンダードは、一般的な参列者の事例では5000円、親戚ないしは取引先関係の方のケースでは参萬円ほどの方もおられます。


キリスト教信仰者葬送に当たっての服装(ふくそう)については、ティピカルな喪服(もふく)にて問題ありません。

パールのブローチなど、貴金属類をしていても問題ない。

さりとて、じゅずは不用です。


基督教弔いを行った感想。

毎週関わり続けている教会において、キリスト教徒である妻のクリスチャン式の葬儀をしてもらいたいと思念して、クリスチャンが事業活動しているキリスト教徒専門の葬儀社をWebで調べました。

キリスト教信仰者が事業を営業しているキリスト教信者に専念した葬儀会社であるということだったから、安心して委託できました。

ワイフが好んでいた花を豊かに装飾していただき、嬉しくなりました。


0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top