ヒンドゥー教の祝日ガルンガン🎋

私がお世話になっているホテル ヘヴンの朝食です。
いわゆる朝食バイキングです。中華料理から洋食系が揃っていました。お米は細長いサラサラしたご飯でしたがライスメニューもあります。
パンの種類も豊富だし、果物の種類も多くて美味しいわ😊
割り箸があったわよ。
朝は風が気持ち良いので、テラスに近い席に座りました。ギリギリ陽が当たらない席です。風が爽やかでした。

本日は友達の案内でバリ島観光に出かけます。友達の車でお出かけです。
友達に聞いたのですがこの時はヒンドゥー教の祝祭日ガルンガンだそうです。ガルンガンとは善のダルマが悪のアダルマに勝利した記念日だそうで神々や祖先の霊が地上に降り立って来る日だそうで、お供えをしたり実家に帰って家族が集まったりするそうです。日本で言うお盆みたいな感じですね。この日はガルガン本番の前日、プナンパパンでヒンドゥー教の店員は休みを取る人が多いので閉店しているお店もたくさんあるんだって。
これはベンジョールと言ってもヒンドゥー教の家の前に立てかけられる竹の飾りです。七夕みたいね。イスラム教の住人もいるのでオープンしているお店もあるの。ホテルやホテルの中のレストランも開いてます。友達も明日は実家に帰ると言ってました。中には、道端でベンジョールを作っている人達もいました。これは男の仕事なんだそうです。
バリ島はすでに紀元前2000年前には人が住んでいたことが分かっていて、インドや中国の影響を受けて稲作を中心とした文明が開かれていました。
4世紀頃にヒンドゥー教と一緒にジャワ人が移り住みジャワ島の文化やヒンドゥー教が持ち込まれました。今、バリ島にある有名なお寺の数々はジャワ人のおぼうさんが建てたそうですよ。
19世紀末から20世紀の初めにオランダの植民地になりますが第2次世界大戦の時には日本が占領してしまうのよ。日本の敗戦と共に再びオランダ軍が占領しようと上陸するけどこの時は住民が大反対して戦いました。その時の戦いに日本が加勢したので、現在のバリ島民は日本に対して良好な感情があるんですよ。

さて、私達は最初に沐浴で有名なティルタ・ウンプル寺院へ向かいます。






#バカンス #リゾート #暑い #女子旅 #旅日記 #トラベラー #旅人 #海外旅行 #親日 #植民地 #バリ島の歴史 #ティルタ・ウンプル寺院 #ヒンドゥー教 #友達の案内 #ホテルの朝食 #歴史 #バリ島 #インドネシア #観光

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top