私の家族について⑥


高校生活は、まあ女同士のなにやらも
ありましたが、仲良い友だちはずっと変わらず。
そして自由に過ぎていきました。

私はもっと自由を求めて、
高校を卒業したら就職して実家を出て
結婚して(相手いませんでしたが😂)
実家とも距離を置き、若いママになる!
という妄想を抱いていました。

進路をそう決めていたのですが、
担任の先生に遅刻や早退、無断欠席が重なり
就職の斡旋もできないし、
この状態では就職は無理。と言われました。

母親も学校に呼ばれてしまって...

どうしても家は出たかった。

そして進路課の先生に呼ばれて、

「やりたいことはないのか?親御さんは進学しても良いと言っているし、進学したくてもできない子もいるのに...なぜ進学しないんだ?」

と聞かれました。

進学したい気持ちは本当は心のどこかである。
けど、進学したら1人暮らしをさせてくれないし
まだまだ実家でいなきゃいけない。
かといって、就職もできないと言われた。

どうしよう...
とめちゃくちゃ悩んだ高校3年の秋くらい。

とりあえず、専門学校のオープンキャンパス
を勧められて、なんとなく
美容系の専門学校のオープンキャンパスに✂️

そこで、大阪の美容師専門学校のパンフレットを
見て、なぜか、あ!県外の学校に行けばいいか!

とゆーよく分からない考えにたどり着きました。

そのパンフレットを持ち帰り、
そっと母だけがいる時に見せてみました。

「〇〇(私の名前)、県外の学校には行かせれんよ。お金もかかるし。なんでこっちの学校はいけんの?」

と言われました。

「家出たいんよ。1人で過ごしたいんよ」

と母に打ち明けました。
でも、金銭面でとてもじゃないけど無理と。

こんな考え、父にバレたらドヤされると思い

「父さんには言わんといて。また進路考え直すけん」

と伝えました。

私の計画はすぐ崩れました。


0 Comments >

2 Like

Scroll
to Top