063.優越感








「よろしくおねがいしまーす」


そんなことをしていると
メイクさんが入ってきた。



もうすぐ撮影だから

一人ずつ仕上げのメイクを。


スナップとかのカットはセルフメイクだけだけど
企業さんと組んでいるような
力の入ったページにはメイクさんが付く。


メイクさんにメイクをしてもらえるのは
そのページに出られるモデルだけ。

あたしはこの特別感が堪らなく好きだった。




鏡を見て、確認させてもらぃながら…

うーん、やっぱり自分でするのと
ぜんぜん違うなぁ…


さっと塗っているだけに
見えるんだけどなぁ…



さすがプロ、
ブラシを持つ手の動きに
素直に感心する。





「はぁー」





自分の顔にみとれる?のも
おかしな話かもしれないけど、



その変化の仕方に、
思わず深いため息がでた。


「えっ、どうしたの?」



メイクの高橋さんが
手をとめ、

鏡ごしにあたしに尋ねる。





.

2 Comments >

9 Like

062.撮影会







「えーまぢで?!
見たい見たいっっ!教えて教えてッッ!」



意外にもアイが超くいついてきた。


「うん…っ
なんか恥ずかしいけど💦

えっと、じゅなと同じcrossblogでね…

あっそうだ!
てかさ、写メとっていー?

のせ…たいんだけど…
ブ、ブログに…!」




引かれ
ちゃったりしないかな?

少し心配しながら、あたしはきいてみた。



「い~よ~😃」
「とろとろーっ↗」
「あたしの携帯でも撮りたいっ♥」




心配なんか必要なかった。


みんなノリノリで、撮影会がはじまる。



「後で送るからさ、
とりあえずあたしのスマホで撮ろー!」



…万が一にでも盛れてない写真が
他の子のスマホに残るのは許せないから。
あたしはそう言った。




.

2 Comments >

13 Like

061.ゆあのほうが







「あっまじかぁ~
えっとね、レナもブログしてるよ~
ケドあんまり更新はしてないゃぁ…
なんかー、うん忙しくて」



へぇ、レナもしてたのかぁ…
なんとなく、カワイイブログ書いてそうだなー


って、あたしは思った。



「あたしはしてない、
あーゆーの苦手💨
マメぢゃないからなぁ」



アイらしい意見だ。



…でも、じゅなのブログチェックはするのね😓




「てかゅあは?しないのー?

やったらじゅなより絶対有名になるよ!
ゆあ余裕でじゅなより
かわいいんだからさー笑」




あさみはいちいちあたしを
持ち上げてくれるなぁ……


悪い気はしないけど、
こういうノリはあまり得意でもない。


イヤ…まあ、ていうか、
あさみはただ単に
じゅなを落としたいのか…な?



「あは…ありがと☆
実はさ、昨日から始めてみたんだよねー😃💦
手越さんにすすめられてさっ😃💦


なんかまだ仕組みとか
よくわかんないんだけど💦
あたし機械とか弱いしネー笑」




控えめに、控えめに。

あたしは言った。



1 Comment >

14 Like

060.写メ盛りすぎw







「先月号の…
発売ちょい前くらいだったかな?

《アンケート、
じゅなの名前かいてね~♥》

とかブログに書いててさあ…

うん、あれで、
稼いだんだよ!ぜったい!
点数ってゆーのかなあ?そうゆうのっ。」




リップを握りしめてアイが言った



その姿はなぜか誇らしげだ。



「あっあたしもその記事見たみたーっっ

てかてか今さらだけどー
じゅなのブログってさぁー
topの写メ盛りすぎぢャね?笑
最初わかんなかったもん笑
オマエ誰だよー!みたいなwww
まじ詐欺すぎだよアレ笑」




あさみが身を乗り出して
けたけた笑いながら言う。


みんなも「ワカル~」とかいいながら、笑った。





そんなみんなを眺めながらあたしは


(みんなじゅなのブログ、
前から読んでたんだなぁ…)


なんて、ぼんやりと考えていた。



しかも記事の内容まで
そんなに覚えてるもんなんだ…


…へん、なの。





「…てかぁ…じゅなのブログって
そんなに有名なんだね。
あたし実ゎ昨日初めて知ったんだよね
みんなもしてるの?ブログ」




あたしは言った。


1 Comment >

13 Like

059.あたしだけかと







「らしいよぉ
澤田さんにきいたぁ…

でもぉ、レナ、
正直じゅなちゃんが表紙ってー
意外だったなぁ…」



「ワカル!
てかあたし絶対今月は
ゆあちゃん表紙って思ってたよー

先月号もゅあちゃんが
1番カット多かったぢャん?」



レナにかぶせて
あさみが言った。

あさみは、
少し前の、ギャル系。

年は多分同じくらいだけど。

なんてゆーか、センスが。


少し、前ってかんじ。



てかあさみって、
人のカット数までちゃんと数えてるんだ。

そんなことするの、
あたしだけだと思ってた。。




「知ってる?

じゅなさぁ、
ブログやってんだよ。

んで信者っての?
ファンがめっちゃいんだよね。

だからだよ!きっと!」




「信者…?」



ナニソレ。
宗教じゃあるまいし…





.

2 Comments >

23 Like

058.メイクルーム








「あ、そおいえばさ、
じゅなはまだきてないの?」



あたしはみんなにきいた。


「じゅなちゃんならぁ
今日はぁ朝からスタジオ
入ってるらしいよぉ?」


舌っ足らずな
姫系、レナが答えてくれた。



「...そーなんだ」


ブログのこと
いろいろ聞こうって
思ってたんだけど…

あ、でも来てるんなら
あとで聞いたらいっか。



「あぁ、次じゅなが表紙なんだよね?
だから午前入りかぁー」




アネゴ肌の強めギャル、
アイがつけまをつけながら言う。



――って、



えっ?




「まじでっ?
じゅな表紙なんだ?」



なんでっ?
って言葉が、
のどまででてきたが、ひっこめた。




―なんでっ?
だって、先月号のカット、
じゅなよりあたしのほうが多かったのに…―



3 Comments >

14 Like

057.スタジオ入り








―…

「おはようございまーすっ」
お昼をすぎてても

挨拶はおはようございます
っていうのは
業界っぽさがあってなんか好きだ。



「ゆあちゃんおはよー」

「おはようございまーす」


カメラマンさんやスタイリストさんが
あたしを見て次々挨拶してくれる。



あたしは愛想をそこらじゅうにふりまく。



他のモデルも何人かすでにいた。


スキ☆ママモデルは大体17~26歳くらい。



雑誌のコンセプト通り、
ほんとにママに見えないみんな。

ママに【見せない】みんな。


スタジオの中はむせかえるような香水の匂い。


オンナの、匂い。




「おはよー☆」



あたしはその輪の中に入った。



「ゆあちゃんリュウくんおはよ~☆」


「あっ今日のワンピかわいい~」


「まじだーどこで買ったー?」



きゃぁきゃぁと歓声をあげてみんなが話す。



女子校みたいな雰囲気。



そんなみんなと、
そのままメイク室へと移動した。





.

7 Comments >

30 Like

056.あたしのブログとの違い









なんか、じゅなとかあたしのブログと
雰囲気が違うと思ったら、



2、3記事を読んでみる感じ、

どうもまぁのブログは
子育てというよりは
美容系のブログっていうかんじだった。


あ、てか今気づいたけど
《ジャンル》も【ママ】じゃなくて【美容】カテゴリーになってる。


記事には

お肌のケアとか…

おすすめの化粧品。


他には目の作り方とか、


あと髪の盛り方や
コーデなんかの記事がたくさんあった。



そういえば
あたしへのコメントにも

【ゅあちゃんのスキンケア教えて…】

って書いてくれてる人いたなぁ…




モデルの美容法とか
気になる人だっているんだもんね。

よし、そういうのもかいていこう!

アクセス数を稼げるかもしれない。



ジャンルは…
子育て、のままでいいか。

あたしはママモなんだし。



うん、なんか勉強になった。

いろいろ読んでおくもんだね。


でもやっぱ

まぁなんかに
アクセス数で負けてるのはまじでくやしいけど…



――抜かなきゃだわ。



あたしはトップになるんだから。

3 Comments >

13 Like

055.まぁのブログ②

※こちらは携帯小説です。

詳しくはこの記事を
読んでください。







【♥購読者数♥2358人】
【前日のアクセス数:71008】
【本日のアクセス数:38252】



…まぁにもこんなに負けてる。



ってかさ、
まぁってこんなに人気あるの?!



ぶっちゃけ
じゅなの時より意外だった。



だって、まぁは、

モデルとしては……
そんなには目立つ方ではない。



じゅなは、なんていうか、
すっぴんも派手な顔。

あたしもどっちかというと
そういう顔。



まぁは癒し系っていうか…
悪く言えば、地味だ。


スタイルはまあ…いいけど。
てか細い…細い《だけ》って感じかな。



それだけ、なのにさぁ

…なんで?



いつのまにかあたしの中で

アクセス数=その人間の人気
みたいになっていた。



くやしい。

まぁなんかに。



もやもやした黒い気持ちが
あたしの中に生まれる。



とりあえず、
うん、チェック、しよう。


カチカチカチカチ…




0 Comments >

17 Like

054.まぁのブログ①

※こちらは携帯小説です。

詳しくはこの記事を
読んでください。





『まもなく~△△~』



車内アナウンスが流れる。

目的の駅まではあと2つ…



(まだ時間あるなぁ…)



再び携帯の画面を見た。



あ、そういえば、
まぁもブログやってるんだっけ。

時間あるし、見てみるかな。



《スキ☆ママ》、《まぁ》、《ママモ》など
ヒットしそうなキーワードを
検索欄にいろいろ入れてみた。



じゅなのブログのコメント欄にいるかなー
とも思ったけど、

あまりにコメントの数が多くて
探せそうになかったカラ。



検索で7件ヒットした。



上から順に、1つずつ見てみる。



3つめのブログの、
topの写メで…

ってまたずいぶん詐欺ってたから
一瞬わかんなかったけど😒



まぁのブログを見つけた。




まず目に飛び込んでくるのは

…ってか気になって
自然と目が探しちゃうのは、

ってかんじかな?



…それはやっぱりアクセス数

0 Comments >

17 Like

Scroll
to Top