L型プロテーゼによる変形の修正とは?

L型プロテーゼによる変形の修正で一番流行っているのは鼻中隔延長術ではないでしょうか。

ここ数年で、大御所のドクターも鼻中隔延長を勉強しなければならないほど、実際に主流な鼻先形成になりました。


ですのでL型プロテーゼを未だに使っているドクターはかなり手術の方法が古く、実際には、アップノーズや圧迫、変形などの問題をきたします。


隆鼻術と鼻尖形成は分けて考える必要があるのです。


この鼻中隔延長はオープン法かクローズ法かを選択できるのですが、術野を広く取って大きな変化をつけるのであれば、オープン法がリスクが少ないです。


中には、クローズ法で全部できますよと言って釣っておいて、ふたを開けてみると失敗したという事もありますので、是非、この辺りは間違えてクリニック選びをしないように気を付けてください。


特にL型プロテーゼのシリコンを入れられている方は最悪で、拘縮、変形、圧迫が全て生じている方も多いです。こういったケースでは早めの修正をお薦めしております。

0 Comments >

1 Like

Scroll
to Top