男女の産み分けは本当にできる?

赤ちゃんの性別にこだわる?

妊婦さんの多くは「男の子でも女の子でも、どちらでもかまわない、どちらでも楽しみ」との思いを抱いていらっしゃいますが、中には「周囲に男の子を望まれている」「女の子でなければ欲しくない」と性別にこだわっている方も。

男女の産み分けを希望する方から「本当にできるのですか?」とも聞かれることもありますが、「産み分けを試みて希望通りになった人もいれば、ならなかった人もいます」というのが私の答えです。

■性別は受精する精子の染色体によって決まる。

赤ちゃんが男の子か女の子であるかは、受精の段階で決まります。女性の染色体はXX、男性の染色体はXYです。卵子は必ずX染色体ですので、精子のもつ染色体がX染色体かY染色体であるかによって性別は変わってくるのです。

X染色体の精子は酸性に強く、寿命が2、3日ある細胞です。一方、Y染色体の精子はアルカリ性に強く、数も多いのですが寿命は1日しかない細胞です。産み分け方法の多くは、こうしたX染色体とY染色体の特徴を生かして行われます。

女の子が欲しい場合は、X染色体の精子が受精すればいあわけですから、受精日は排卵日の2、3日前がよいといわれています。一方、排卵日当日であれば、男の子が産まれやすいといわれています。

産み分けには食事療法もあります。男の子が欲しい場合は、夫が肉や魚などの酸性食品を摂り、妻がアルカリ性の強い野菜を中心とした食事を心がける。また、リンカルという栄養補助食品を摂る場合もあるようです。

女の子が欲しい場合は、妻と夫が、その反対の食事を行います。しかし、実行すると夫婦で違う食事メニューになりますし、栄養はかなり偏ってしまいます。

人工受精の場合は技術的には高い確率での性別の選択は可能ですが、論理面から実質的に禁止されています。

■強い願いによって「バーストラウマ」を背負う可能性

どちらかの性別の子どもを欲しがる気持ちが悪いとはいいませんが、「男の子ではないとダメ」など「ねばならない症候群」に陥るのはどうでしょうか。

お腹の中にいるとくらずっと自分とは違う性を望まれていた子どもには、その強い思いのせいで「バーストラウマ」を負ってしまうという説があります。

このバーストラウマは、筑波大学大学院人間総合科学研究科ヘルスカウンセリング学教授、宗像恒次博士が研究されています。

その研究によると、子どもには、認め信じてもらえる無条件の愛が胎内期から必要であることが訴えられています。充分に愛されることで、「自分は生きてもいい」と自分の存在を認めら、自信をもって生きられるようになるのです。

お腹の中の赤ちゃんは、妊娠6週くらいから感情を司る辺縁脳が出来初めており、胎内での出来事を記憶しているといいます。したがって、産み分けに躍起になり「どちらかの性でなければならない」という、自分が望まれない記憶は、その赤ちゃんが自分自身の人生を否定的に捉えてしまう「バーストラウマ」になってしまうというのです。

■受け入れることが育児の基本

いくら産み分けをしても望む性別の子どもが授かるとは限りません。それに加えて、女の子を望まれていた男の子、男の子を望まれていた女の子は、それぞれに親の期待に応えられなかったという苦悩を抱えてしまうと思えば、性別にこだわることなど意味のないことだと思えないでしょうか。

どちらの性別であろうと、子どもにとって親は「自分の人生を応援してくれる存在」であって欲しい。赤ちゃんがお腹の中にいると気づいた時から、歓迎し感謝の気持ちで毎日声がけをし、受け入れていることを赤ちゃんに伝えると、赤ちゃんは認められ愛されている記憶を持つことから人生をスタートできます。

すべての人生にはストーリーがあり、人生をいかに生きるかという思いがあるのです。授かった赤ちゃんは、その子の人生を送るのであって、決して親の持ち物ではありません。性別が決まるのは天の領域です。私たち人間は、「今日受精できる」 などということを決めることはできない。ただ愛し合うことしかできないのです。

0 Like

産み分けとコーヒー

コーヒーで産み分けるってできるのでしょうか?
コーヒーだけではなくて、紅茶や緑茶にも含まれているカフェインにY精子の活動を活発にさせる働きがあるそうです。
この働きを利用して、性交の30分くらい前にコーヒーを飲むことによって男の子になるY精子が活発になって卵子に到達して受精する可能性が高くなります。
コーヒーよりもカフェインを多く含み飲み物として紅茶や緑茶があります。
意外かもしれませがこれらの飲み物はコーヒーの2倍のカフェインがふくまれているのです。
ということでコーヒーのほか紅茶や緑茶でも効果があるということです。
男の子を望むのならばコーヒーなどを飲むようにしますが女の子を望む場合にはどうでしょうか?
当然のことですが、カフェインはY精子を活発にする動きがあるので、カフェインは控えることが重要です。
コーヒーだけではなく、紅茶や緑茶も控えなければいけません。
ちょっとお茶を飲みたいな、と思ってもカフェイン入りは控えなく手はいけないので麦茶などノンカフェインのものにしましょう。

濃いめのコーヒーを飲むとY精子が活発になる。
学術的にも精子とカフェインの関係は実証されているそうですが、なぜY精子だけ活発になるのでしょう。
そこのところが疑問が残りますが。
Y精子が活発になると女の子になるX精子も一緒に活発になりそうですがそこのところはどうなんでしょう?
XとY両方の精子がカフェインを摂ることで同時活発になるともともと活発はY精子の方がより元気になるということなのでしょうか?
この方法もあくまでも参考程度に試してみることをおすすめします。

0 Like

産み分けタイミング〜女の子編〜


男の子の産み分けのタイミングは排卵日をめがけて、だったと思います。
これは排卵日が特定できれば簡単なことです。

しかし女の子を産み分ける方法はもう少し難しいようです。

女の子を産み分けるにはタイミングが大事です。
女の子になる精子X精子の寿命は3日間です。
男の子になるY精子の寿命は24時間なので、排卵日の2日前に性交することで運動能力のあるY精子を排卵日には減らすことができ女の子が生まれる確率がふえるのです。
卵子の寿命がはやり24時間なので、排卵した時にはX精子が待ち構えてる状態がベストなのですね。
2日前を選ぶメリットら実際に排卵が1日前になったとしても女の子の可能性が高いということ、逆に排卵が1日あとになったとしても次の月にまたチャレンジできるということです。

反対にデメリットもあることを知っておきましょう。
2日前、のデメリットは排卵日当日を把握するよりもより予測が困難なことです。
そして、排卵日までに2日の誤差が生じる可能性があるので妊娠自体の可能性が低くなるということです。
これらの理由から、男の子より女の子を産み分けるのが難しいとされています。

それに男の時と違って精子を溜めないことも重要です。
男の子になるY精子はスピードがあるけれど寿命が24時間と持続力がない。
その反面、女の子になるX精子はゆっくりだけど寿命が3日もあるというタフさがある。

0 Like

産み分けタイミング〜男の子編〜

男の子を産み分けるタイミングとはいつなのか?

まず、男の子が欲しい場合は濃い精液が良いとされるので、生理日の最終日から排卵日まで禁欲になります。
元気なY精子をたくさん出るようにしておきます。
Y精子は酸性に弱いので排卵日膣がアルカリ性になってるため、排卵日めがけての性交になります。
アルカリ性担っているとXYの精子がとても活性化されて子宮内に入りやすくなるのです。
そして精子の泳ぐスピードがXよりYの方が早いので同時に子宮に入っても席にY精子の方が卵子に早くたどりつくので男の子が生まれやすいというわけです。
男子になるY精子は寿命が24時間と言われてます。
卵子の寿命も24時間と言われてるので、排卵日当日が良いとされています。

元気なY精子を出すためには健康管理にも気をつけたいところです。
夫婦ともに健康の管理に注意を払い、産み分けにチャレンジしましょう。風邪などひいても禁欲をしても元気はY精子をたくさん出すことができくなりますので、気をつけてください。

1 Like

Scroll
to Top