2019/10

リヒテンシュタインに寄り道

皆さん、リヒテンシュタインという国をご存知でしょうか?あまり聞いたことがない国ですよね。私の周囲にもリヒテンシュタイン行ってきた!という人はたぶんいないし、聞いたことないという人もいるかもしれません。
私はチューリッヒを後にして次の目的地をリヒテンシュタインにしました。

リヒテンシュタイン公国。公用語はドイツ語。スイスとオーストラリア、ドイツの間にあるミニ国家で王様がいます。欧州や日本の天皇が象徴とか儀礼的存在なのに対してこの国の王様は政治的権限を持っています。そして永世中立国です。
タックスヘイブンとして有名で住民には所得税、住民税の直接税はありません。そしてスイスと同じく銀行の守秘義務を維持しています。
天気が悪くて写真がイマイチ。ここに着いた時は雪が結構降っていて寒かった!お城なんです。この国の観光局では有料ですがパスポートに入国のスタンプを押してくれます。それがとても可愛いスタンプなの。💕

スタンプを押してもらう為に通りすがりに寄っただけですが、誰もいないスケートリンクと小さなクリスマスマーケットがありました。上品な国というイメージ。ルパン三世のカリオストロの城はこの国がモデルだと何かで読みました。定かではありませんが。

スイスの高速道路のサービスエリアです。なんかお洒落ですよね。
coopと書いてあるので生協がやってるのかな?野菜が売ってるわけではなくビュフェのレストランのサラダコーナーなんですよ。真冬なのに野菜がたくさん!
ちゃんとシェフがいて料理を注文すると目の前ですぐに調理してくれるの。

デザートのコーナーにはフルーツが山盛りです。ケーキは1つが大きいです。このケーキは私のご飯になりそう😵
ジュースもすごくお洒落に置いてある。もっともっとコーナーがたくさんあってどれも美味しそうなんだけど、私達はこの時まだお腹空いてなくて食べれませんでした。
これがサービスエリアのレストランなんてすごいでしょ?素敵だなって思いました。

ウミと一緒に旅行に行くと、まぁ朝はビュッフェというホテルが多いじゃない?そして彼は朝起きる時間が遅い。残り物のビュッフェは手を付けずジュースはフルーツをその場で絞ってもらい、卵料理は別に作ってもらい、スタッフにパッパッと指示を出して、これはビュッフェじゃないよね。
というスタイルになる。経営者なのでスタッフに指示を出すのには慣れているし、決して妥協しない。私はお陰で美味しい物が食べられるんだけど、決して真似できない。その分、置いてくるチップも大きいんだけど。このスタイルのビュッフェならウミも満足するかもね。









#寄り道 #お城 #ファドーツ #クリスマスマーケット #12月 #冬 #レンタカーの旅 #海外旅行 #入国証明 #パスポート #サービスエリア #スイス #高速道路 #リヒテンシュタイン

0 Comments >

0 Like

チューリッヒ、冬に訪れるとどこもグレーな街だった。

お腹いっぱいになったので少し歩いてチューリッヒの街を観光しましょう。
冬なんで全体的にグレーなのは差し引いてください。このチューリッヒ湖から流れ出るのがリマト川です。川を挟んで旧市街と新市街が分かれています。街が栄える場所は川の流れが豊かな場所とも言えます。人間、水がないと生きていけません。この先はライン川につながっているんですよ。

川の東側が中世の面影を覗かせる旧市街アルトシュタットです。
ヨーロッパアルアルなのですが、石畳の道が多いです。歩きにくいし、スーツケースも転がすと壊れそうだけど風情はある。でも車椅子が楽に通れる道路を作る日本では石畳はダメなんでしょうね。
お洒落な雑貨屋さんやカフェも多いので疲れたらひと休みして、スイスの歴史を感じてみては?
フラウミュンスターです。853年に建築された修道院だったこともある教会で聖母子教会って書いてあるガイドブックもあります。なんと!ここの中にはシャガールのステンドグラスがあるんですよ。
但し、宗教施設のくせに入館料を取ります。確か5スイスフランだったかな?その上、ヨーロッパでは珍しく教会内は撮影禁止なんです。色彩豊かなステンドグラスは見てると落ち着いた気分になります。チューリッヒに行くことがあれば必見です!
オーディオガイドもありましたがスイスフランを持っていなかったので今回は諦めました😥
はぁ〜、これも随分グレーな写真になっちゃったな。フラウミュンスターの対岸にある2本の塔が目を引くグロスミュンスターです。もう、これを見るとチューリッヒ!という街のシンボル的存在です。
これは1100年頃から建築が始まり完成は110年後。
ここは16世紀に当時の教皇制度からの離脱に成功し、宗教改革の舞台になっています。この宗教改革は派手なそうしょくは禁止‼️って言うので全体的に地味〜😱片方のカールス塔には登ることが出来ますが有料でした。入館は無料なので行くだけは行ってみて。入り口の「聖書の扉」は素晴らしいです。
リンデンホフの丘です。丘と言っても大した丘ではないです。チューリッヒの街はそんなに高い建物がないので街を一望することが出来ます。公園になっているので誰でも訪れる事が出来ます。リンデンはドイツ語で菩提樹だそうですが、むちの私にはどれが菩提樹??と言った感じ。
アルプスかな?違うよね。きっと。
上の像はその昔、ハプスブルク家と戦った女性を称える像だそうです。彼女が誰なのか?ハプスブルク家の誰とどんな因縁で戦ったのか分からないけど、きっとスイス人は女性も怒らせると怖いという事なんでしょうね。クソ寒くても散歩する人や公園でランチする人もいたわよ。下から歩いて登っても10分位の小さい丘です。

チューリッヒの街、スイスは初めて訪れた国ですがやはりアルプスなどの自然多き場所の方がスイスらしさが味わえたのかな。全体的に見ると真冬のグレーの街だけど、通りを歩くと可愛い雑貨屋さんあり、クリスマスの飾り付けありでお洒落な部分もたくさんありました。ただ少し物価は高いかなぁと感じました。ドイツ語圏だけど比較的英語も通じますので行きやすいと思います。






#リマト川 #ハプスブルク家 #クリスマスマーケット #グレー #スイス人は怒らせるな #レンタカーの旅 #グロスミュンスター #大聖堂 #フラウミュンスター #アルトシュタット #寒い #12月 #海外旅行 #観光 #リンデンホフの丘 #チューリッヒ #スイス

0 Comments >

0 Like

本場スイスでチーズフォンデュを食べる

チューリッヒでの私の目的。それはスイスでチーズフォンデュを食べる‼️です。日本でもチーズフォンデュなんてお洒落な食べ物、1〜2回しか食べた事ないけど。
Swiss chuchi スイスコッヒというレストランです。ネットで調べて口コミの良いお店です。スイスなのでチーズフォンデュと検索すると何件か出てくるのですが地元の人もお勧めのお店という事です。
夏の写真を見たら行列が出来てたので、予約もせずに行っても食べられるか不安だったけど少し遅めのランチ。運良く待たずに席に案内してもらえました。
ま、運良く待たなかったけどほぼ満席でした。地元の人かな?それとも観光客なのかな?
案内してくれた接客担当のお兄さんが日本語でコンニチワーと言いメニューを持ってきた。聞くと夏の間には日本人がたくさん来るとの事。こんな寒い時は珍しいけどね、と笑ってた。
私達が頼んだのはチーズフォンデュとサラダ。
スイスのチーズフォンデュは臭いと言う日本の記事を読んだ事があるけどここのフォンデュは決して臭くはない。ただ日本の物と比べるとチーズの香りは少しキツいと思うでしょう。チーズだけではなくワインなども入れてトロトロにしているみたい。スタッフのお兄さんは飲み物はワインがお勧めだとか。ただレンタカーで旅する私達はランチにアルコールを頂く訳にはいかない。その場合は紅茶がいいって。冷たい水はお腹の中でチーズを固めてしまうらしいのでお気を付けて。
パンはたくさん来ます。それも冷めないように布で包まれてくるの。元々は貧しい農民が古いチーズと固くなったパンを食べるために考えた料理らしいの。ここも私達はシェアして食べました。チーズの鍋の中にパンを落としてしまったら全員にワインをご馳走しなければならない。と言うローカルルールがある。大勢でワイワイしながら食べる料理かと思いきや、1人で来店している地元の人っぽい姿も見かけました。
スタッフのお兄さんを無視して頼んだ水です。この水が美味しい水だった。瓶に入っているんだけどこの後どこのスーパーにもレストランにもなくてがっかりかしちゃった。ヨーロッパって水を買うと炭酸水だったりしてレジで聞くんだけど英語通じないこともあって困っちゃうのよ。
別のテーブルでラクレットを頼んでいる人がいて、そっちも美味しそうだったわ。私にとっては美味しく食べれたチーズフォンデュでした。ヨーロッパなどの外国ではチーズの消費量がたぶん日本よりずっと多い。国によって好き嫌いもある。美味しく頂きました。









#12月 #混雑 #レンタカーの旅 #海外旅行 #サラダ #ランチ #名店 #スイスコッヒ #チーズフォンデュ #チューリッヒ #スイス

0 Comments >

1 Like

チューリッヒに到着!スイスがドイツの南にあるとは驚いた

ヨーロッパをレンタカーで回る旅も中盤です。そろそろ燃料を入れなくてはなりません。高速道路を走るとガソリンスタンドはありますが日本と同じくスタッフがいない自分で給油するタイプ。レンタカー屋の受付のお兄さんがこの車はディーゼルだと言ってたのは覚えてるけど給油口ってどこ??どうやって支払うの??ネットでスイスは物価が高いとあったのでフランスで給油しようと決めたのはいいけどフランス語読めなーい。
親切なフランス人親子が来て、can I help you?と声をかけてくれました。よかったぁ🤗
ついでにスイスは車1台に付き年間で役三千円の高速ステッカーを購入すれば1年間はフリーで高速を使えるらしい。そのステッカーを購入したいんだけど?と親切なフランス人に聞くと国境で買えるとの事。でも君の車、ステッカー貼ってあるよ。
誰か先にこのレンタカーに乗ってスイスに行った人がいるのか、それともレンタカー会社の親切なのかラッキーでした。心置きなくスイスのチューリッヒに向かいます。今日の目的はスイスでチーズフォンデュを食べる!なんです。
ほんの2〜3時間でスイスのチューリッヒに到着。相変わらずグレーの空。大きな公共駐車場に車を置いて徒歩で街に行きました。
トラムに乗ろうとして気付いたのが、スイスは通貨がユーロじゃない!スイスフランなんです。お金がない!ユーロしか持ってない。レストランはカードで払うからいいとしてカードが使えないクリスマスマーケットは覗くことしかできません。
こじんまりとして、派手さはない。朝、コルマールを見た私達の目には地味に見える〜
こちらではドイツ語が公用語みたい。色々な国に囲まれているので英語も通じました。スイスって、フランスやドイツの南にあるのね。スイス=アルプス=寒いというイメージだったけど。寒い事は寒いんだけど同じ標高ならドイツやフランスの方が寒いって事なのね。
チューリッヒと言うと保険の会社って思い浮かべる人もいるかもしれないけどヨーロッパ屈指の金融都市だそうです。

そんなに派手じゃないし、こじんまりとしてるけどクリスマスマーケットもありました。ストラスブールやコルマール見ちゃうと地味〜って思っちゃうわ。陽気なおじさんがカメラを向けたらポーズをとってくれました。

旅人の間ではスイス人を怒らすな!というのが常識なのね。彼らは永世中立国なのに、めちゃくちゃ短期ですぐに手を出すのよ。スイスの国旗がモチーフのキーホルダーを付けた奴にはちかずくな!バチカンの警備もスイスの衛兵がやってるのよ。




0 Comments >

0 Like

ハウルの動く城のモデルになった街なの?!

チェックアウト後、荷物を預けてコルマールの街を散歩してみました。私はこの時までコルマールについて何も知らなくてストラスブールで宿泊出来なかったらので偶然にたどり着いた街くらいの感覚でした。

あら?可愛い街だし、なんか見たことあるような風景じゃない?
なんとここは宮崎アニメの「ハウルの動く城」の主人公ソフィーが住んでいた街のモデルになったんです。ソフィーが働く帽子屋に似てるんだ!
まるでおとぎ話の中にいるみたい‼️

歩いて回れちゃうくらいの小さい街ですが、ググると春には花が咲き誇り、それは美しい街なんです。早朝過ぎてカフェさえやってない🥺
木枠の作りは少しドイツっぽいけど雰囲気はフランス。昨夜、散歩しておけば良かったと後悔。きっと夜は素敵なんだろうな。

予定よりだいぶオーバーして散歩を終わらせた。今日は国境を越えてスイスに行くつもりなので早くここを離れなければならなくて残念だった。偶然訪れた街だけど私個人としてはストラスブールよりコルマールの方が好きです。

こんな街に住んでみたい。また必ず訪れたいと思う街でした。






#散歩 #早朝 #ソフィーの帽子屋 #ハウルの動く城 #レンタカーの旅 #12月 #可愛い街 #アルザス #海外旅行 #偶然 #ヨーロッパ #クリスマスマーケット #コルマール #フランス

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top